ミッドウェイの作品情報・感想・評価・動画配信

「ミッドウェイ」に投稿された感想・評価

記録(『ミッドウェイ』の旧作。単調な演出。三船敏郎出演作。)
Yasu

Yasuの感想・評価

2.5
会話劇に終始してるけど、日米両軍共に役者のバストアップだらけで、絵面が変わらないから単調。
なんか字幕もおかしいし。(空母蒼龍が曽柳になってたり)。

あと、戦闘シーンも他の映画からの流用だったりで、色々期待外れだった。
方眼

方眼の感想・評価

3.5
1976年"Midway"。プロデューサー、ウォルター・ミリッシュの映画であり、脚本も監督も大した仕事してない。編集は頑張っている。記録映像はうたい文句だが、過去の戦争映画の特撮場面は無断引用らしい。道理で、天気や方向や敵機味方がごちゃ混ぜ。変わった映画で、群像劇なので豪華俳優陣がそろっているが戦争場面と同じく寄せ集め。なぜミッドウェイで米軍が勝ったのか、偶然と小さな判断の積み重なりと冒頭で語るが、作っているほうも理由を絞り込めていないのでドラマの軸もなく、単なる映像の集合体。挙句の果てに実録映像にあわせた主人公ガースの最期と来た日にゃ、チャーチルの名言で収めようにも無理がある。

「失敗の本質」によると、山本五十六大将の短期決戦作戦”ミッドウェイ島の占領と見せかけて、防御に集結する米海軍の空母隊を殲滅するのが本当の目的”というのが日本海軍内で統一して理解されず、ミッドウェイ島の占領と空母決戦が同時にバラバラに実行されたのが日本軍の敗因。一方、米軍は真珠湾後の損失から完全に癒えきっておらず、大西洋戦線との2方面作戦で空母・巡洋艦とも足りていない状態で戦力的には劣っていたが、こと空母艦隊決戦ではスプルーアンスの即時の判断もあって、重要局面に戦力を集中させることが出来た。

暗号が読解されていた件、空母赤城の搭載機発艦待ちと爆弾と魚雷の装備交換の件、米軍雷撃機の自動爆雷装置故障の件、南雲司令官や山本大将が戦闘区域にいてニミッツはハワイから指揮している件など、史実に基づいたネタは入っている。三船の吹き替えは声を似せている。
TK

TKの感想・評価

3.3
ミッドウェーは結論が分かってるからたらればしかでないが、結局は油断と思い込みは致命傷になる。

南雲中将を悪くいうことはできない。
kakaka

kakakaの感想・評価

1.9
暗号解読の情報戦が勝敗の大きな要因となったミッドウェイ海戦なので、会話劇がメインになるのは仕方ないにしても、アメリカ海軍司令部にしても、日本連合艦隊司令部にしても、役者のバストアップでほとんどがん首並べて同じ絵面で話すので、映画としての抑揚が無く、テンポも悪い。
図上演習シーンのようなものはあっても、何故役者と演習図をワイドに撮って、絵面に抑揚をつけないんだ?
実際の戦闘映像を交えた戦闘シーンは悪くは無いが、セリフが多い割に、結局のところ、アメリカ海軍が大勝利をおさめた理由が、日本連合艦隊の作戦がミッドウェイ領域の制圧であることを察知した以外に何が決定打となったのかが分かり辛く、ラストでアメリカ兵の勇敢さが勝利をもたらしたなんてモノローグが出ても釈然としない。
それから致命的なのは日本軍側のセリフが全て英語なこと。
開戦すると、山本五十六こと三船敏郎の出番はめっきり減るので、他の日系アメリカ人役者の将校で顔が三船敏郎と似ている役者がいて、段々見分けがつかなくなり、もう何がなんだか。
ここまで三船敏郎を無駄使いしている映画は見たことが無い。
山本、山口、南雲以外の日本人役の俳優が演技も日本語も下手すぎ😭
機銃の弾が飛行機に当たりすぎ🤪
HK

HKの感想・評価

3.5
エメリッヒ版『ミッドウェイ』を見たら旧作の方も見返したくなりました。
本作はアメリカ建国200周年記念映画(たしかイーストウッドの『アウトロー』も)として1976年に製作されたオールスター映画です。

公開当時は臨場感を高めるセンサラウンド方式(他に『大地震』『ジェット・ローラー・コースター』など)という音響システム(劇場側に必要)が使われたのも話題でした。
このセンサラウンド、爆発音などでたしかに空気がビリビリ振動するのを体感できましたが、どんな衝撃音も同じ振動なので単調に感じてしまった記憶があります。すぐに廃れてしまいましたね。

今回DVDで見返すと劇場公開時には日本語吹替だった日本海軍のシーンはなんと日本語字幕で全員が英語で会話しています。
山本五十六役の三船敏郎の他は日系アメリカ人ばかりで日本語が話せなかったせいですが、これは異様なシーンです(今まで外人が何語を話そうがあまり気にしてませんでしたが)。
劇場公開時に日本パートが吹替されてたのは日本だけだったのでしょうか。
それならそれでDVDにも入れてほしいもんです(たしか南雲中将役のジェームズ繁田の声は穂積隆信氏でした)。

監督のジャック・スマイトと主演のチャールトン・ヘストンはこの作品の前に『エアポート‘75』でも組んでいます。音楽は『ジョーズ』直後、『スターウォーズ』直前の頃のジョン・ウィリアムズ。

オールスターキャストですが、ゲスト出演どころか友情出演なみにほぼワンシーン出演のスターも多数。それでも一つの画面に何人ものスターが入っているのは壮観です。
(同じシーンでは登場しませんが、三船とH・フィンダ、C・ヘストンが軍服のままにこやかに握手しているDVD特典のスナップ写真も印象的)。
登場人物の多くは実在の人物を演じてますが、ヘストン演じる主人公と息子役のエドワード・アルバート、その日本人の恋人などはフィクションパートの架空の人物です。

戦闘シーンは粗い画像の当時の実録フィルムが多く使われており、『トラ!トラ!トラ!』など他の映画からの流用も。追加撮影では違和感を減らすため逆に画質を落としたとか。
また空母の艦内や甲板は実在の“レキシントン”で撮影しています。こうしてみると大作っぽいですが実はセットや特撮も少なく、けっこう編集に頼った作品だったんですね。

フィクションパートは別にしてストーリー運びの手際とテンポは意外とよく、作戦の全容はむしろ新作のエメリッヒ版よりわかりやすいのでは。真珠湾や特撮パートに時間を取られなかったからかもしれません。

観たのが昔なんで新作のエメリッヒ版に比べて大きく見劣りがする覚悟で見たら、CG映像以外はそうでもありませんでした。
新作も微妙でしたからね。
「ミッドウェイ」公開記念で再鑑賞。


1942年4月。空母「ホーネット」から飛び立ったドゥーリトル率いるB25隊が東京を空襲。この事実は山本五十六を大いに奮い立たせた。アメリカ本土攻撃の足がかりとなるMI作戦を実行に移す時が来たのだ。これは、アリューシャンを陽動で攻撃しつつ、主目標ミッドウェイを占領する作戦である。

パールハーバーの太平洋艦隊司令部では、日本軍の暗号解読に躍起になっていた。艦隊は珊瑚海での海戦でさらにダメージをくらい、戦力が著しく低下していたのだ。やがて解読班が、日本軍の符丁「AF」の意味に気付いた。AFとは場所のこと。ミッドウェイ基地を指しているのだ。ニミッツ大将は全戦力をミッドウェイに差し向ける決意を固めるのだった。

広島を発った日本艦隊…南雲中将率いる「赤城」が旗艦…は、一路ミッドウェイを目指す。同じ頃、米太平洋艦隊も出撃準備に取り掛かる。旗艦「エンタープライズ」艦長ハルゼーが皮膚病で戦線離脱したため空母未経験のスプルーアンスが代打で着任。修理後遅れて発つ予定の「ヨークタウン」では、航空司令ガース大佐が、息子トムとの関係悪化に心を痛めていた。

日本軍のアリューシャン攻撃が伝わった頃、既に米太平洋艦隊はミッドウェイに近づきつつあった。日本艦隊の後方で「大和」から指揮する山本五十六は、真珠湾偵察隊の報告から米艦隊がハワイに居ないことを聞き一抹の不安を抱く。嵐の中を移動中の「赤城」はその情報を知らないままミッドウェイに突き進んでいるのだ…

1962年6月4日。嵐を抜けた「赤城」の偵察機隊と米艦隊偵察機隊がそれぞれ敵が近い位置にいることを確認。ついに戦闘が開始される。まず「ホーネット」艦載機の雷撃隊が壮絶な空中線を展開。続いて「ヨークタウン」艦載の戦闘機隊・雷撃機隊が「赤城」ら本隊を発見し、海戦が本格化する。南雲は偵察機報告から敵空母が「ヨークタウン」一隻と認識していたが、これだけの航空機が出ているということは、敵空母は他にもあるのではと不安になるのだった。そしてついに、「エンタープライズ」艦載機隊が「赤城」上空に到達。空母護衛のために飛んでいたゼロ戦が低空にいたため、彼らは日本艦隊の空母三隻を大破させることに成功した。そして日本側は、「赤城」の被害が甚大のため、山口多聞少将率いる「飛龍」が反撃部隊を飛ばすことに。攻撃に成功した機を迎える「ヨークタウン」甲板では、ガース大佐が帰還したトムの負傷姿にショックを受ける。しかし介抱の間もなく「飛龍」艦載機の爆撃を喰らい、「ヨークタウン」は大損害を被ってしまった。米艦隊は最後の敵「飛龍」を倒すため、「エンタープライズ」「ホーネット」から爆撃機を発進させる。「ヨークタウン」の最後の3機も攻撃に合流。その中に、息子の代わりに出撃するガース大佐の姿があった。



「ミッドウェイ」。

現在公開中の「ミッドウェイ」は空母〈エンタープライズ〉を舞台にしていましたが、この1976年版は空母〈ヨークタウン〉がメイン。ボロボロの状態で出撃させられて、ミッドウェイで沈没してしまう悲劇の空母。主人公ガース大佐もまた悲劇のキャラクターでしたね。でも…父子の確執ドラマを織り込んでくる心意気は買いますが、やはり戦闘の流れそのものがドラマになる戦記モノでは、こーゆープロットは余計です。

それにしても、キャストの豪華さには驚きですね。ガース大佐はチャールトン・ヘストン、ニミッツ大将はヘンリー・フォンダ、病室にいるだけのハルゼーはロバート・ミッチャム、その後任スプルーアンスがグレン・フォード、1シーンだけジェームズ・コバーンが出てきたり、さりげなくクリフ・ロバートソンやロバート・ワグナーが登場したり、まさにオールスター。トム・セレックやダフニー・コールマンも出てるらしいんですが、残念ながら視認出来ず…

本作、日本人全員に英語を喋らせてる時点で萎えるんですが、三船さんの貫禄だけはさすがでしたね。ちなみに

南雲中将は

…のちにテロリストに射殺されるナカトミ社の社長でした。


草鹿少将は

…のちにいじめられっ子に空手を教えるおじさんでした^_^
チャールトン・ヘストン主演の戦争映画。

太平洋戦争時のミッドウェイ海戦を舞台に、この一戦でアメリカとの講和を決めたかった日本軍と米軍の運命の一戦を当時の記録映像等と絡めて映画化した作品。

戦争に関する部分は実話に基づいているのでこんなものだと思うのですが、米軍大佐の息子と日本人女性の恋愛のエピソードは必要だったのでしょうか?(笑)
また、日本軍に三船敏郎が出演したりはしているのですが、三船敏郎意外は全員日系人らしく流暢な英語で会話をしており、作戦図なども日本語の上にご丁寧にアルファベットが表記してあります。
シリアスな映画ではあるのですが、どこか抜けているような…思ったより雑な一本でした。

ミスターミヤギで有名な若かりし日のノリユキ・パット・モリタが出演しています。
カラテキッドの時はわざと妙なアクセントで英語を話されていたんですねぇ。
三船敏郎とチャールトン・ヘストンが共演といっても二人が同じフレームに収まることはない。戦艦大和にいる山本五十六は、南雲のいる赤城からかなり後方にいるので、日本側のメインはやはり南雲中心で後半には飛龍の山口多聞に移っていく。

チャールトン・ヘストン演じるガースに息子がいて、彼も戦闘機のパイロット、しかも恋人はFBIに目をつけれられているアメリカ生まれの日本人という設定。そして、どういうことか息子もヨークタウンに乗ることに…という結果が予想できそうな設定だった。

空母に着艦する難しさは、アポロ11号のアームストロング船長も言っていたけれど、最終的にそれが描かれる。暗号解読合戦など双方で敵の動向を予想し、アクシデントもある。当時の映像も多い。

アメリカ側のキャストが豪華。ミッドウェイの基地には、トム・セレックもいた。しかし、ロバート・ミッチャムはベッドに寝てるだけだった。

山口多聞の横にいて飛龍から飛び立った零戦のパイロット役誰よ…?
>|