ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれからの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから2020年製作の映画)

The Half of It

製作国:

上映時間:104分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから」に投稿された感想・評価

テ

テの感想・評価

4.5
え〜めっちゃ良い〜
電車乗ってる誰か、自分にとって大切な誰かを追いかける
こと甘く見過ぎてた〜
素敵だ〜
アネ郎

アネ郎の感想・評価

4.0
脚本が、ほんっと丁寧。

才能豊かなのに教室の片隅にいる中国系アメリカ女子、心優しいアメフト男子タコス系、文化芸術を愛するヒロインという中心人物3名がそれぞれ魅力的に不完全で愛おしい。ティーンの日常に当然あるものとしての体温でLGBTが扱われていることも含め、多様な「今」の捉え方がナチュラル。こいつは傑作でした。

邦題もまた秀逸。面白いのはこれから!
Paddington

Paddingtonの感想・評価

2.9
最初と最後を見て中盤飛ばし見。展開がゆっくりでストーリーが読めすぎて退屈感が否めず…でも十分良かった。ポールの店のあれ食べたい。
1ねん

1ねんの感想・評価

4.0
世界一あったかくて前向きな三角関係じゃん…。
「面白いのはこれから」良い邦題だと思います。

普段あまり恋愛系の映画を観ないので、若干ナメてかかってた部分があったのですが、大馬鹿でした。いや、大馬鹿どころじゃすまないな、大馬鹿猿のフンです。

一見すると派手さのない、地味な作品に見えるのですが、観ていくうちにどんどんと秘められた情熱的な部分が見えてくるというか、なんというか。静かに情熱的でした。42℃くらいの情熱さ。

主人公エリーに好きな子へ送る手紙の代筆を頼む、この物語のもう1人の主役、ポールが良いキャラでした。抜けてるところがあったり、ちょっと頼りなかったり、結構なことやらかしたりしちゃう、三枚目なキャラなんだけど、なんか憎めないし見守りたくなっちゃうんだよなぁ。
これが他の映画だったら「おい!なにやってんだよ!ポール!コラ!」とか厳しい目を向けてしまいそうはもんですが、この映画の雰囲気だと「あ〜失敗することもあるよね、しゃーない」と、観てるこちらもちょっと優しい気持ちになってしまいました。

とにかく今はソーセージタコスとヤクルトが欲しいです。
めるる

めるるの感想・評価

3.7
電車に乗って去る彼女を追いかける彼氏の映画を見て、「馬鹿みたい」と鼻で笑っていたエリーとポールだったけど、物語を通して愛とは何かを自分たちなりに理解し始めた2人。
最後にエリーが乗っている電車をポールが追いかけるシーンで「馬鹿みたい」と泣きながら言っていたエリー、2人が本当の意味で愛を知ったことを描写していて良かった。
Twitterなどで話題になっていたので観てみた! 個人的にはうーんと思ったけど、Netflixが制作してる作品は、人々に価値観を広げたり許しを与えてくれるような優しさがあったり、キャストもいい感じだなっていつも思います
おかき

おかきの感想・評価

4.1
恋愛ドラマというよりかは、羽ばたこうとする少年少女のドラマって感じ。
最後の電車のシーン含め、演出が完璧で全てのシーンが見ごたえある。
超おすすめ、アリスウー天才!!!

あと、白人ヒロイン美人過ぎ。他の作品も出てくれ、絶対見る。
shuuu

shuuuの感想・評価

4.0
若くて真っ直ぐな気持ちゆえに打算のない感情のやりとり。
若さと田舎の閉塞感と生まれの違いと性などの多様なコンテクスト絡めても、話はスッキリとまとまっていて、ちょうどいい密度の105分。
監督には脚本も含めて、今後の作品も楽しみにしたい!
泉での台詞は谷川俊太郎の二十億光年の孤独っぽかった
主人公が魅力的
教会のシーンは印象的でスカッとしたしそれぞれのキャラが出ててよかった
Twitterで話題になっていたので。

後味爽やか~って感じ。
豊島ミホの「檸檬のころ」みたいな、どちらかと言うとキラキラしてないかもしれない子たちの、日常の中でキラキラ輝くものを摘み取ったような作風、素敵だった。
>|