やくざと抗争の作品情報・感想・評価

「やくざと抗争」に投稿された感想・評価

象煮

象煮の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ハット被って派手な羽織(女物?)着て金魚食べてる渡瀬恒彦がめちゃくちゃ可愛い。惚れた男の遺影の前で倒れるラスト。
牧尾

牧尾の感想・評価

3.0
藤浩子きれいだけど演技下手だなあ…。
さらに上から付けるその顔の傷はいらないのでは…。
菅原文太がかっこよすぎて爆弾マッチの影が薄い。
ジュク(新宿)の愚連隊にいる安藤昇が、ひょんなことから対立しなくてはならなくなった菅原文太を殺しに行く、「現代やくざ」ものの一つ。渡瀬恒彦のヘラヘラぶりが大好きです。
『この金魚とサボテン食べたら、うちの一番イイ娘を抱かせてあげる』と女郎屋のババアに言われ、本当に金魚とサボテンをそのまま食べる渡瀬恒彦、藤竜也が最高。
翌年公開の『やくざと抗争 実録安藤組』と紛らわしいのだが、本作は安藤昇が書いた小説を原作にしているだけで、所謂「実録」ではない。

この映画の安藤昇は血気盛んなチンピラ「爆弾マッチ」を演じているが、菅原文太演じるライバルの飄々とした侠客ぶりにオイシイところを取られてばかり。
『まむしの兄弟』の時とは正反対の構図だ。
珍しい役どころではあるが、ハマりすぎている丁半博打シーンや、中に投げた枕をドスでキャッチして腕のリハビリを図るシーンはさすがの迫力。
ヒロインの藤浩子は凄く可愛いのだが、凄く演技が下手である。「イヤッ!ヤメテッ!」しか言わないし。
後続のシリーズに通じるケレン味はあるものの、全体的にはよくある任侠映画の一つという感じ。
ただ、渡瀬恒彦が売春宿のババアに騙されて金魚を踊り食いするシーンは見もの。
お、filmarksに登録して初の自分が一人目鑑賞者。
タイトルや安藤昇、菅原文太というキャストから自分が苦手な実録映画かと思いきや、1972年(仁義なき~が1973年)ということでギリギリ任侠映画だった!
(一応愚連隊の実態を描いた実録ということだけど。)
任侠映画にはいい加減飽きていたので、こんな映画があったのかと驚き。続編も見たいけどVHSを買わないと難しいかな。