ショック・ドゥ・フューチャーの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

『ショック・ドゥ・フューチャー』に投稿された感想・評価

【彼女はまだ知らない── エレクトロ・ミュージックの幕開けを。】

エレクトロ・ミュージックの夜明け前の1978年のパリを舞台に、女性ミュージシャンが新しい音楽を作ろうとするお話。

ホドロフスキー…

>>続きを読む
RI

RIの感想・評価

-
女の人が吸うタバコ、初めてかっこいいと思った!
アナの部屋も服装も可愛すぎる
音楽メインだから流し見がちょうど良さそう
hiwatt

hiwattの感想・評価

2.0

冒頭10分の眼福に2点を付けるけど、内容はまあなんも無いし、社会的イシューもフェザータッチ程度で、音楽映画なのに音楽が良くないし、ARPとか巨大ユーロラックのある部屋でそんな音楽かよってガッカリさと…

>>続きを読む
TAKAHIRO

TAKAHIROの感想・評価

3.5
『人生で大事なのは、転ぶ回数より起き上がる回数だ』「電子音楽の創生と普及を担った女性先駆者たちに捧ぐ」新しい時代を作った人たちの物語。常識を疑え。自分の信念を貫く事が大切だと痛感した。
テーマとか背景はめちゃくちゃいいのに、内容が微妙。
主人公の子がだらしないし、あまり真剣に取り組んでるように見えないのが残念。
アナログシンセが好きな人にでないとあまりアピールポイントのない映画
tae

taeの感想・評価

4.5

フランスのエレクトロミュージックが好きなので、観て良かった!
女性が電子音楽をつくるのがどれほど大変だったことか、エンドロールで泣いた。
好きな曲もたくさん流れた。
セレクト最高!サントラも良かった…

>>続きを読む
rumi

rumiの感想・評価

-
作ってる曲の行き先が見えた途端、疾走感とアドレナリンが湧き出てきてたまらないよな〜〜たのしいね
果歩

果歩の感想・評価

2.8
なんか内容薄くて観たことちょい後悔。違う映画にしたらよかったって思った
koka

kokaの感想・評価

4.8

だいぶ分かりやすく不快すぎる女性蔑視の表現が盛り盛りで、こんな時代で生きてたら毎日ぶちギレて生きてるんだろうなと思った
リズムマシーンが家に来たシーンのワクワクがすごいし、歌手の女の子来てから即興で…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事