THE COCKPITの作品情報・感想・評価

「THE COCKPIT」に投稿された感想・評価

tiger

tigerの感想・評価

3.4
NIKEのシューズの箱にスーパーボール転がすところで、ソナチネの紙相撲を思い出した。
被写体と反復さえあれば映画になるって感じ。まあこれがすげー面白いかと言われると困るが、色んな人をインスパイアし勇気づけそう。
NHKの漫勉とかもナレーションなければこんな感じかも。
omsb痩せててビビった。けど今の体型の方がラッパーらしくてイケてる。VaVaも髭がまだ普通だった。tofubeatsのハードオフビーツみたいな感じで色んなラッパーでコクピット2、3と量産して欲しいね。
ジャイアント馬場発案ハイパワー。俺とやるなんて時期尚早!
BIMがまだつるつるに若くて、OMSBも痩せてる!一生だらけてるDJハイスペックたちに混ざりたい 楽しそうすぎてずるい 既存の音楽を繋ぎ合わせ、リズムを重ねていくうちにだんだん彼らのビートになってく!

自由帳に迷路書いてる小学生みたいな2人愛し〜〜沼〜
BIMのフリースタイルも素晴らしい、砂漠行けたかな〜?
R

Rの感想・評価

2.5
やはり三宅唱監督の『きみの鳥はうたえる』に出演していたヒップホップアーティストのOMSB氏を撮ったドキュメンタリー映画。

どこにでもあるようなマンションの一室での曲作りを追ったもの。
ヒップホップ・ミュージックというのはこうやって作っていくのか…と思った。

ただ、一般受けするようなドキュメンタリー映画ではないと思う。
自分も三宅唱監督による中編だったから観たもの。
社長

社長の感想・評価

4.1
OMSBの背後に行き交う仲間たちが、定点撮影による画面に、微笑ましく細やかな変化をもたらし、スタンダードサイズであることが部活感に確実に寄与している。
手打ちするOMSBの動きと鳴る音の同調(当然だが)は、映画をループするトラックのように心地よく形づくる。
仲間とのやり取りで曲作りが進む、その様が演者の即興のアンサンブルとして生成されることの発見。架空のゲームのアイデアが出る瞬間はいちドキュメンタリーとしてもハイライトだと思う。
ラストの録音する/聞くOMSBのつなぎが素晴らしい。一つの曲ができるまでを、細部をルーズに取り込みながらも、簡潔にまとめ上げる編集のセンスが光っている。
0020RA

0020RAの感想・評価

4.2
最&高

予告であらかじめ音像わかった上で見るとビートメーカーの凄さがわかる。
よる

よるの感想・評価

3.5
OMSBとBIMがゼロから一曲作り上げるまでの記録の映画。アパートの一室に集まって「これめっちゃカッコいいね」とか「ちょっと違うな」とか言いながら少しずつトラックが出来ていく様はワクワクする。物作りにはトライ&エラーの泥臭い過程が必ずあって、紆余曲折ありながらいたずらのように作品が生まれたりする。
び

びの感想・評価

3.6
レッドブルを飲んで自らを覚醒させる苦労もあれば、気持ちいい瞬間があると体を乗せる。それらの反復にエクスタシー。それでもやっぱりぼくは「ワイルドツアー」のが好きですが。
ででん

ででんの感想・評価

4.3
ものづくりの様子をみる
ものをつくるって、
めんどくさくてすごく楽しい

音楽は外に飛び出していく
kenn

kennの感想・評価

3.9
トライアルエラーを繰り返しながら、自分の音を追求する様子は感動を覚える。

ラップを作るパートは作り方も含めてかなり珍しいものを見た気がする。

にわかながらトラックメイクもラップもしたことがある自分としては、またやりたいという気持ちを突き動かされた。あの時よりももっと上手くやれるかもしれない。
モノづくりをするときの、アドレナリンとめんどくささ。
正直このコンセプトだと、面白いのかどうかさえ自分にはよくわからないが、何かが起こる予感を画面に溢れさせるという意味では三宅唱映画らしい。
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品