女王トミュリス 史上最強の戦士の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「女王トミュリス 史上最強の戦士」に投稿された感想・評価

カザフスタン産アクション巨編

強大なペルシア帝国に立ち向かった遊牧民族の女王の実話です。

インド映画『マニカルニカ』の踊らないカザフスタン版て感じ☆

どっかんどっかんぶつかり合う土臭いアクションは大迫力でしたよ!



紀元前6世紀頃。

キュロス大王率いるペルシア帝国は、世界の半分を征服していた。
征服されていないのはエジプトと、遊牧民族のサカ族くらい。

サカ族、マッサゲタイの長の娘トミュリスは、男児が生まれなかったこともあり、戦士として育てられた。
しかし、反逆が起きて父を殺され、森で過ごすも仲間は全員殺されてしまう。

その後、助けてくれた女戦士の部族サルマタイにて、トミュリスはさらに自分を鍛え、ついに父の復讐を果たした。
結婚もして、サカ族の繋がりも強化。

だがそこへ、ペルシア帝国が攻め入ってきて………



産まれてすぐに母親が死亡。
反逆者により父親も死亡。
さらにペルシアに夫も息子も殺される。

なんて人生だ。。。

が、手を組まない部族だったり、略奪で生きることしか知らない者もいたりする時代。

これは日常茶飯事なのかな。

そんな過酷な作品ですが、部族の教えや慣習、戦い方、言語などが独特で楽しむことが出来ました!

敵の首を3つ取ったら結婚出来るのだが、見合う相手がいないんだ、ハッハッハ♪
みたいなサルマタイの長の娘が可愛かったなぁ~

ミュージカルが苦手だけど史実な女王闘う作品が観たい!って方にオススメ☆
騎馬戦迫力満点💯でした。🙌伝説の女王様ツヨスギ☺アクションもなかなか見応えアリ👍
カザフスタン映画。中央アジアによっぽど興味がある人しか見ないっしょ😂!というニッチすぎる映画であった。。笑。遊牧民族同士の争い、アケメネス朝のキュロス大王との戦いが分かりやすく描かれていたし、伝説の女王トミュリスについて知れて良かった。
一族皆殺しはもちろん酷いけど
そもそも主人公の部族の略奪して色々な物を得て行くやり方自体が好きではなかったので、終始心から応援は出来ず残念…

そしてトミュリスよ
もっと腹から声出せ!!
そんなんじゃ民はついてこんぞ

戦闘シーンと親友のサルダナはカッコよかった○
すー

すーの感想・評価

3.0
初カザフスタン映画。
あまりこの時代の情勢に詳しい訳ではないが…とても面白かった!戦闘シーンの見応え!そして古代宗教も好きなので謎の祈りの儀式など面白い。

アケメネス朝やキュロス大王あたりは辛うじて名前を知っている程度だったがオリエントの雰囲気もとても良い。

遊牧民族は文字を持たず、ヘロドトスの歴史書にしか記載のない伝説の女王だとは思うがよくぞ映像化してくれた!と楽しかった。
TLで海外の映画好きからスチールやティーザーが流れてきて、観てみたいなぁ。でもカザフスタン映画だからムリかー……って思っていたら限定上映ながらスクリーン公開!グッジョブ!

ヘロドトスの「歴史」にハルカルナッソスの女王アルテミシア(300続編の四角い目したエヴァ・グリーン様ね)と並んで語られる紀元前の女傑、マッサゲタイのトミュリスを描いた史劇アクション。

ベースはこの手の英雄譚ものの定型を準えながらも、中央アジアの文化を凝らした美術や意匠、武具がカッコ良い。新鮮。
騎馬軍団が激突する合戦シーンもなかなかの迫力。
ウォーピックや刃の太く短い剣を叩きつける様なアクションも見応えあり。
あと、草原の民の部族間の関係性が興味深い。お互い略奪とか時にしながらも、婚儀を結んだり、協力し合ったりするのね。

浅学のため、今の彼の地における国民性や文化的背景との関連性などが認識出来なかった。大国ロシアとの関係性など思わせる所はある。

展開や人物がやや類型的でダレるところもありつつ、それでもやはりバーフバリやマッドマックスにも連なる、この手の英雄譚のグローバルな魅力というか、普遍性は確かに感じられる。
(蛇足。……なだけに、そういった何千年も続いてきた伝統的な英雄譚から意図的に脱構築してみせたゲームオブスローンズ の偉大さも再確認出来たりもした)
CCC

CCCの感想・評価

3.3
カザフスタン版キングダム。
とにかく殺す屠すコロス。
いや、そっちも略奪しまくって
きたやんか、とも思うし、
戦以外で領土を広げるひとが悪いの?
とも思うけど、時代的に仕方がないか。
木蘭

木蘭の感想・評価

3.5
 両親を失った貴種の子が、庇護者を得て謀反人を討ち果たし、強大な王と成ると言う、チンギス・ハン等に通じる伝説譚。

 ヒロインのお父さん、他人の縄張りで狩りをしたあげく、地廻りのヤク・・・じゃなくて戦士を返り討ちにしちゃうし、見境なしに掠奪するし、そりゃ殺されても文句言えないよなぁ・・・と感情移入は全く出来ず。ヒロインも掠奪しまくりで、説教強盗かよ!と言う様なシーンもあります。
 人を屠殺しまくりながらの愛の告白シーンとか、遊牧戦士のメロドラマも忘れていません。
 リアルとは言え、あの近距離で矢を放ちまくるのは、レゴラス並み。凄い。

 世界中、英雄譚は力こそ正義の世界なので、現在の平民としましては、観ていて野蛮!としか思えないシーンも多いのですが、物語のカタルシスはあります。

 ハリウッドやロシアの大作に比べて、はるかに少ない人数と予算で撮影しているのが分かりますが、頑張っていると思います。
 特に馬の扱いは見事!

 10歳、15歳、成人の時代に合わせて、3人の女優が演じていますが、それぞれたくましそうな上に、個性的で魅力的でした。
 
nagisa

nagisaの感想・評価

3.9
th-2【WWC2020】
初めて耳にする言語にはじめは戸惑いましたが、途中から古代の言葉のように思えてきてシックリきました。
なかなか見応えのある作品ですが劇場で観られる機会は少ないのかな?☺️