カザフスタンのおすすめ映画 50作品

カザフスタンのおすすめ映画。カザフスタン映画には、ギオルギ・オヴァシヴィリ監督のとうもろこしの島や、ハッサン・マスードが出演する女王トミュリス 史上最強の戦士、コーカサスの虜などの作品があります。

製作国で探す

あなたにおすすめの記事

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

とうもろこしの島

上映日:

2016年09月17日

製作国:

上映時間:

101分

ジャンル:

3.7

あらすじ

ジョージア(グルジア)と、ジョージアからの独立を主張するアブハジアは、1992年以降、激しい戦争状態にあった。両者の間にはエングリ川が悠々と流れている。この川は春の雪解けとともにコーカサス…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

台詞がほとんどない分、登場人物の表情や仕草に集中できる。台詞がなくても話が分かるような設定なのはよい。 自然と共に生…

>>続きを読む

生きるってこういうことだよなと思わせてくれる映画。 畑を耕す。 種を蒔く。 収穫する。 畑を耕す。 種を蒔く。 収穫…

>>続きを読む

女王トミュリス 史上最強の戦士

上映日:

2020年09月25日

製作国:

上映時間:

127分
3.4

あらすじ

戦え、自由のために。 紀元前550年頃の中央アジアの草原=ステップ地帯。 マッサゲタイ族の長である父と家族を殺され、すべてを奪われた少女トミュリス。 群雄割拠する草原の厳しい時代の中、孤独…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

もの凄くちゃんと作ってある💮 歴史を後ろ盾にB級アクションがやりたいだけの映画かなーと思ってたので誠実さに驚いた 紀…

>>続きを読む

カザフスタン産アクション巨編 強大なペルシア帝国に立ち向かった遊牧民族の女王の実話です。 インド映画『マニカルニカ…

>>続きを読む

コーカサスの虜

製作国:

上映時間:

95分

ジャンル:

3.7

あらすじ

トルストイの原作小説の舞台をチェチェン紛争に置き換え、セルゲイ・ボドロフ監督が映画化。初めての戦闘でチェチェン側の兵士に捕虜として捕らえられたロシア兵ワーニャと彼を捕えた一家の悲劇を描く。

おすすめの感想・評価

トルストイの小説を90年代のチェチェン紛争に置き換えた美しく哀しい物語 コーカサス地方が好きで観た映画。三作品目です…

>>続きを読む

「コーカサスの虜」 冒頭、チェチェン紛争下のロシア。ロシア軍に徴兵されたワーニャ、ロシア軍駐屯地に派遣された若き兵士…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

[カザフスタンの"サムライ"は荒野で踊り狂う] 60点 ファニーな柄の黄色いシャツを着た男ケルメクが仕事を求めて荒野…

>>続きを読む

【アラン・ドロンになりたい男は映画館を作りたい】 ※第21回東京フィルメックスで邦題『イエローキャット』として上映決定…

>>続きを読む

持たざるものが全てを奪う HACKER

上映日:

2017年01月10日

製作国:

上映時間:

107分

ジャンル:

3.1

あらすじ

アメリカに移住してきた移民の青年・アレックス、希望溢れるアメリカ生活のはずだったが、父が無理をして買った家のローンが家計に重くのしかかる。おまけに父親は定職につけず、家計は母親が運よく見つ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

WOWOWで。 ウクライナ(監督の出身地カザフスタンやったけ?)からカナダのロンドン(ややこしい!)に移住してきた貧し…

>>続きを読む

全体的に地味なんだけど、なんだかんだ最後まで集中して見ていられたので、 結構面白かったんだと思う。 なんとなく展開が…

>>続きを読む

オルジャスの白い馬

上映日:

2020年01月18日

製作国:

上映時間:

81分

ジャンル:

3.6

あらすじ

夏の牧草地、草の匂いが混じった乾いた風、馬のいななく声。広大な空に抱かれた草原の小さな家に、少年オルジャスは家族とともに住んでいる。ある日、馬飼いの父親が、市場に行ったきり戻らない。雷鳴が…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

二人鑑賞。 カザフスタンの大草原を舞台に、 突然父を亡くした少年オルジャスと、 その前に突然現れた不器用だが正義感の…

>>続きを読む

カザフスタン舞台の観る 主演森山未來で日本との合作。 遠くに山並み臨むカザフスタン 都会から遠く離れた場所で暮らす …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

2019年 カザフスタン🇰🇿ブルガリア🇧🇬 今年の「未体験ゾーンの映画たち」見逃し作品 第三次世界大戦後の世界 人…

>>続きを読む

GW明け、やる気も出ず、久しぶりになんだかくっだらない映画を観たくなってですね、いつぞやクリップしていた本作を鑑賞です…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

【第80回アカデミー賞 外国語映画賞ノミネート】 アカデミー賞にはカザフスタン代表として出品されたが、監督はロシア人、…

>>続きを読む

4月の終わり頃に見ました。 物語の始まりが鎌倉幕府が成立したのとほぼ同時代。その辺から映画に引き込まれました。 部族…

>>続きを読む

アイカ

製作国:

上映時間:

114分
3.8

あらすじ

25歳のキルギス⼈⼥性アイカは、モスクワの病院で出産するが、⽣まれたばかりの⼦供を残して病院から姿を消す。借⾦を抱える彼⼥は職を得ようとするが、ロシアでの労働許可の期限は既に切れており、ま…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

[嗚呼アイカ…私の分まで生きてくれ…!] 80点 こりゃあダメだよ、大好きだわ。「トルパン」の主演女優サマル・イェス…

>>続きを読む

『海辺の彼女たち』もきつかったけど、こちらはそれに輪をかけてしんどかった。 なによりまずロシアの極寒の光景がつらい。さ…

>>続きを読む

ザ・リバー

製作国:

上映時間:

108分

ジャンル:

3.5

あらすじ

文明から隔絶された辺境の地で暮らす5人の兄弟。家の仕事を一緒にこなし仲良く河で遊ぶ。しかし平穏な日々は都会から来た少年の登場で崩れてゆく。カザフ注目のアーティスト監督がシャープな構図と独特…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

東京国際映画祭にて鑑賞。 コンペティション2本目は、カザフスタン映画の『ザ・リバー』。コンペティションのラインナップ…

>>続きを読む

バイガジン久々の新作は、前作程度ではなかったもののやはり中々悪くはない表現の作品であった。 荒地で暮らす五人兄弟を中…

>>続きを読む

世界の優しき無関心

製作国:

上映時間:

100分
3.5

あらすじ

身売りに出される名家のお嬢様に力持ちで心優しい使用人が付き添う。ふたりの最初で最後の旅。鮮やかな映像とスラップスティックなユーモア溢れる世界にうっとりする逸品。カンヌ映画祭「ある視点」部門…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

東京国際映画祭にて鑑賞。 ワールドフォーカス部門に出品されている今作は、今年のカンヌ国際映画祭のある視点部門で上映さ…

>>続きを読む

過去鑑賞作品です。TIFFにて。 カザフスタンの草千里が美しく、のどかな風景が広がります。自然の中で無垢に生きていた…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「始めに言葉ありき」。タルコフスキー監督作『サクリファイス』のあの有名な"生命の樹"の場面をコピーした貼り絵のアップか…

>>続きを読む

「ある詩人」 あらゆる文化が消費と結びついてしまった現代において、人々の心に柔らかな灯りをともし続ける「詩」の役割…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

感想川柳「何か違う 上手く言えんが 何か違う」 TVでやってたので観てみました。φ(..) 近未来、増え続ける凶悪…

>>続きを読む

初のカザフスタン映画。 人々にIDシステムの装着が義務づけられた超管理社会を背景に、恋人を拉致された捜査官の戦いを描い…

>>続きを読む

スヴェタ

製作国:

上映時間:

95分
3.5

あらすじ

ろうあ者が勤務する工場で働くスヴェタは、突然リストラの対象とされてしまう。家のローンに苦しむ彼女は神をも恐れぬ行動に出る…。

おすすめの感想・評価

東京国際映画祭6本目はコンペティション部門のカザフスタン映画「スヴェタ」。プレイベントの際、矢田部ディレクターが「注目…

>>続きを読む

【「ザ・トライブ」の戦慄再び】 2014年、一つのトラウマ映画がブンブンの心を鷲掴みにした。それは「ザ・トライブ」とい…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

昔々のカザフスタンの地。 平和に暮らしていたカザフ族の人々は、野蛮なモンゴル族の襲撃を受ける。 カザフ族は土地を奪われ…

>>続きを読む

人生初のカザフスタン映画鑑賞。 18世紀初頭が舞台。 主人公はカザフスタンに侵略してきたジュンガル国に両親を殺された…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

[ヘタレはどこまで行ってもヘタレである] 80点 最新作「アイカ」が嵌ったのでドヴォルツェヴォイのデビュー作である本…

>>続きを読む

カザフスタンの草原で、姉夫婦一家とテントで起居をともにしながら遊牧民生活を送る青年のアサ。一人前の羊飼いになるには、嫁…

>>続きを読む

海を待ちながら

製作国:

上映時間:

1110分
3.5

あらすじ

船長のマラットはアラル海を航海中に大嵐に遭遇し、妻や仲間を失い、一人生き残った。心に傷を負った彼はある決意を胸に、今では干上がってしまった海に戻り、荒野に佇む自分の船と対面する。そして船を…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

【バフティヤル・フドイナザーロフ移動映画の集大成】 中央アジア今昔映画祭でVHS時代の人気タジキスタン映画監督バフティ…

>>続きを読む

師走のクソ忙しい(ま、そんなフリしてるだけとも言えるが)時期に京阪神3館で上映の「中央アジア今昔映画祭」。(ユーロスペ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

普通に面白かったぞ。 カザフスタンの映画らしいけど、見てる時はアメリカ映画と思ってました。 出てる出演者も、ちょこち…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「ラスト・ホリデイ」 〜最初に一言、東京国際映画祭ヤングシネマ96でゴールド賞受賞して、VHSのまま忘れ去られたカザ…

>>続きを読む

1990年代、旧ソビエト連邦のカザフ共和国、響き渡る「共和国万歳」。ある晩、10代の青年たちは一室に籠り、アルコー…

>>続きを読む

わたしの坊や

製作国:

上映時間:

78分
3.1

あらすじ

5歳で最愛の母を事故で失くし、14歳で手術しなければ余命数ヶ月の身体であることを告げられた少年。絶望した少年は恨みを持つ人々への復讐を決意する。ショッキングなストーリーの中に復讐することの…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

大切なものを汚した者への復讐の物語。 復讐と言っても、感情の高ぶりは低く、静かに進んでいく。 これ、あまりにも分か…

>>続きを読む

睡魔に勝てなかったので無点。 カザフスタンの少年が不条理な世界に葛藤しながら母の無念を晴らす復讐劇。 淡々と進むスト…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

[映画監督の推敲世界が良い] 70点 "作る映画すべてが傑作!"と紹介される映画監督の話。静かな車移動、川辺での殺人…

>>続きを読む

【俺の頭の中では完璧な映画なんだ!byカザフスタンの映画監督】 皆さんは、ダルジャン・オミルバエフ監督をご存知だろうか…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

旧ソ連カザフスタン作品。 荒廃した近未来、砂漠に楽園を求める小人たちの村を襲うならず者バイカー軍団と戦う為、小人の青年…

>>続きを読む

超絶大傑作!!! 七人の侍のリメイクながら、舞台は荒廃した荒野のSF=マッドマックスであり、(荷台にドラムセット積んだ…

>>続きを読む

ハーモニー・レッスン

製作国:

上映時間:

120分
3.7

おすすめの感想・評価

新作でエミール・バイガジンがヴェネチア受賞を果たし、その作品が東京国際映画祭で上映されるということで、この作品を思い出…

>>続きを読む

カザフスタンの映画は初めて観たかも!自然豊かで寒々とした風景、陽が差し込むショットが美しい☆*:祖母に育てられてる13…

>>続きを読む

Alone(原題)

製作国:

上映時間:

64分
3.3

おすすめの感想・評価

邦題「レッド・ウォリアー」は???、 原題は「遊牧民」、その部族間抗争のお話。 雄大な草原の美しい映像と遊牧民の集落…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

主人公のフランス人、シャルル(フィリップ・トレトン)が車でカザフスタンに入国するところから物語は始まり、壮大なステップ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

カザフスタン製、復讐劇 【概要】 新聞記者のマラトが裏社会のボス、アルジヤルの手下によって殺される その事を知った元…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

主人公の逃避行の途中である少女に出会い、一緒に旅をする。遠いある場所を目指してヒッチハイクや列車、時には徒歩で向かうロ…

>>続きを読む

良すぎて観賞後他の映画観る気にならなくなるのは久しぶり。何がいいって掴み所がイマイチわからないから説明しづらいんだけど…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

淡々と描くスタイルでいたのに、ふっといきなりカメラが傾くシーンなんかが印象的でした。 常に淡々と冷静な視点で切り取るか…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

【カザフスタンの「罪と罰」】 カザフスタンのタルコフスキーことダルジャン・オミルバエフ監督がドストエフスキー「罪と罰」…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「エッ、この起承転結でミュージカル映画にするのか…?」(わりとエグい場面もあったり、そんなにハッピーエンドではない。)…

>>続きを読む

キルギス語初のミュージカル映画ということだが、民族音楽色は薄く、いかにもロシアで学んできましたみたいな曲調でバッキング…

>>続きを読む

テルリア救出大作戦!

製作国:

上映時間:

66分
1.8

私だけの場所

製作国:

上映時間:

20分
3.4
>|