昨日より赤く明日より⻘く-CINEMA FIGHTERS project-の作品情報・感想・評価

「昨日より赤く明日より⻘く-CINEMA FIGHTERS project-」に投稿された感想・評価

あおいとりの終わり方が良い。
商店街のとあるシーンからSABU監督を感じました。ショートフィルムっていい。
それぞれ主題歌と合わせて楽しめる
音楽と映画の融合がとても素晴らしいです。
stmn

stmnの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

映画館で2回観ました。
■BULE BIRD
途中で出てくるあのサザエさん一家みたいなコメディシーン何なんだ?と思ったが2回目観た時に、あのどこにでもいそうな家族の何でもない日常を描いたあのシーンから「幸せは身近なところにある」という童話の青い鳥とリンクしているメッセージ性を感じた。弟が亡くなってしまった後、髪を黒く染めて弟との思い出を胸にバイクで旅に出るシーンで少し希望が見えて良かった。

■言えない二人
自然でリアルな空気感。台詞のないシーンでも目の動きや表情で繊細な演技をしている亜嵐くんに驚き。歩はけいすけが別れたがっていることを柊子に「言えない」し、ましてや自分の気持ちも「言えない」。柊子はけいすけの気持ちが離れてしまっているのを分かっているけど別れると「言えない」し、多分歩の気持ちも何となく気付いているのに何も「言えない」。何だかもどかしい。
好きなものが一緒がいいのか、嫌いなものが一緒がいいのか、という会話で「好きより嫌いの方が熱量がある!」と言ったり、何か言い出せそうなのにそこでも言わず、ラストでも何も「言えない」まま終わる。その後の物語を色々想像できる楽しさがあった!

■水のない海
AIが高性能になっていて、人のことを色々と分析できるようになっているので、ユキオとジェニもお互いに必要な存在だとAIが判断して引き合わせたのかなぁ?と思った。あんなに無表情で他人との関わりを避けていたユキオが、最初横向いてご飯食べたり面倒なことに巻き込まれたくないって言ってたのに、コップにボール入れるシーンで喜んだり(あのシーン自然すぎてユキオというより隼だったw)ジェニと出会ってから徐々に心を開いていく感じが分かりやすくて可愛くて微笑ましい!

■怪談 満月蛤坂
まさかの裸にびっくりしたのと似合いすぎる板前姿しか覚えていない…。

■COYOTE
ピノキオって実はめちゃくちゃ失敗して後悔する話やねんで!と言ってた通り、この物語もまさにそれ。主題歌のサクライロも後悔先に立たず的な歌詞。晴人は世の中の状況や恋人や友人の感情にすごく鈍感で、何でハナやマイが怒ってるのか自分の何がいけないのか分かっていない。だんだん晴人がどうしようもないクズに見えてきて、最後怒鳴り散らしてる姿を見てこれが晴人の本性か…と思ったけど、これコロナ禍じゃなかったらどうなんだろう?とか思ったり。コロナ禍じゃなかったらもう少しお互い心に余裕があってこの展開にはならなかったかも、みたいな所がいくつかあって、何か色々考えさせられた。

■真夜中のひとりたち
普通なメンディーが見れます。最後に2人で観た朝焼けの空が赤くて綺麗で、BULE BIRDで出てきた空と同じなのかな?
1人で観てきました。
6本15分ほどの短編集なので、退屈に思う事なく観終わった印象があります。
また、GENERATIONSさんの脇を固める役者さんもすごく豪華な印象がありました。
ただ、15分では足りないような、もっと観ていたいと思う作品がいくつかあったり、ちょっと個人的にハマらない作品はあったりしました。
しかし、その反面とても良い展開だったり良い終わり方だなと思う作品もあって僕は楽しめました。
僕は「言えない二人」、「水のない海」、「真夜中のひとりたち」が特に好きです。
Mayuley

Mayuleyの感想・評価

3.6
やっぱり私は玲於の演技が好きです。
6人の人生がゆっくり流れていく感じ。
そして6つの歌が人生に寄り添っていく感じ。
温かくて優しくて切なくて好きです。
Kokoro

Kokoroの感想・評価

3.8
とくにジェネレーションズのファンというわけでもなくなんとなく見に行ったけどとても良かった。
いい感じの短編を6つも見れて得した気分。
最後のメンディーのやつが特にいい余韻だった。
なんならもう一回見たいしDVDもほしい。
休みの日にのんびり部屋掃除しながらずっと流しときたい。
A

Aの感想・評価

2.9
歌詞から生まれた6つのリリックシネマ
ショートフィルム

*BLUE BIRD (れおくん)
途中新喜劇入ったよな笑笑
でもウルっときた〜、

*言えない二人 (あらんちゃん)
いや、かっこいい イケメンでこわいわ
急に1本の映画観てる感じなった

*水のない海 (隼くん)
1番好きな物語だった!
言葉の壁うまくつかったなーって
ほっこりするしなんか結末もかわいい

*怪談 満月蛤坂 (裕太くん)
館内ざわついたよ、これ
お腹と背中しか記憶ない←

*COYOTE (涼太くん)
不完全燃焼〜 どっちもなんか、、
ストーリーてきにね

*真夜中のひとりたち (メンさん)
これもウルっときたな〜
最後がまたいい 去り際がリアル


私が涙したのはストーリーではなく
メイキング&エンドロールの主題歌!
*昨日より赤く明日より青く
なんか涙堪えられなかった〜
TOHO CINEMAS日比谷で鑑賞。やはり若い女性が多い印象。画作りのクオリティは高い。阿部純子さんの役は絶対に現実に存在しないとは思うが、理想的なキャラクター。門脇麦さんもやっぱり役にあわせて変えてくるねえ、さすがだわ。

最初の話の謎のコメディ展開はなんだったんだろうw
Seaneko

Seanekoの感想・評価

3.5
BLUE BIRD_あのバイクのナンバーが"7188"だった驚き。あはは
真夜中のひとりたち_僕は好きだったかな。あのスペシャルメニューはどんなものだったのだろうか?指輪..振られないというかうまくいく確信は..あったのでしょうね。
言えないふたり_なにか想いが伝わらないもどかしさが足りなかったのでは?
怪談満月蛤坂_唐組の久保井研さんを見られたので満足(個人の感想です)思い込みがアングラでした。あはは
COYOTE_ただかみ殺して逃げた?コロナというよりは誰もひとの話をきいていませんでしたかな?ちょっと違う気がする。おばか過ぎ。
"いぬの映画"だったら大変なことになっているのでは。
水のない海_あのSIRIみたいのが感情をもっているのがブラック。絵描きさんは美しかった。
かおる

かおるの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

シネマファイターズ第4弾。
今まででいちばんすきかもしれない…!

『水のない海』が特にお気に入り。
OSがおちゃめ。途中あれ?って思ったところがジェニのセリフで全部回収されました。

BLUE BIRD、説明が少ないので色々想像してしまう。私はもう少し説明が欲しかったです。ピストルのくだりは笑いました。
言えない二人、あーーーーってなるやつ。というか慶介自分で言えよ!
怪談 満月蛤坂、山田真歩さんが不気味で好き。いやいやいや、って思いながらも引き込まれる時間でした。
COYOTE、刺さりました。晴人は自分の目の前しか見えていないのか?怖かった。
真夜中のひとりたち、同じ経験してなくてもなんだか想像できて、2人の空気感が良かったです。あんな皿作る人と結婚しなくてよかったよ!笑
MVが6つって感じでした。

5つ目で終わったかなと思ったらあと1つ。
門脇麦さんが出てきて映画観てるって感じがした。

あなたにおすすめの記事