CINEMA FIGHTERSの作品情報・感想・評価・動画配信

「CINEMA FIGHTERS」に投稿された感想・評価

125

125の感想・評価

2.8
LDH好きとしては見とかないとと思って、
Netflixで上がっていたのでみました!

◎LDHが好き
◎LDH系イケメンが好み

以外の方は、あまり……。というのが感想ですね、笑

1本15分とかの短編作品集。
曲に合わせた短編映画です。
LDH系の作品で評価がまあよいのと、
ヒット作といえば
ハイローシリーズくらいで、
他はあまりパッとしないですよね…
最近ドラマや映画で町田啓太とか、鈴木伸之とか活躍しておりますが、ヒット作!みたいなのが弱いですよね。
私の好きな岩田剛典さんも、同様な気がしますが、彼が先陣を切ってヒット作を生み出してほしいなと、、
期待して待ちたいと思います←ファン

レビューとはずれてしまいましたが、
もう一度いいますと、ファンなので鑑賞しましたが……という作品で、
強いてゆえば、曲は楽しめました。
※評価は目の保養加点ありです。


2021-82
もも

ももの感想・評価

3.2
短編集なのは分かってたけど
短編すぎてあんまり感情移入
しきれなかったかなぁ🥲

フィルム感あるから総じてエモい
杏ちゃん可愛すぎる
山田孝之さん出てくれてありがとう
伸くんのやつ普通に泣く
私も岩ちゃんとそり乗りたい🛷
てまぁそんな感じでした
これといって響く作品はなかったかな…
楽曲からショートフィルムを作るというのは良い発想だけど…曲と映像がマッチしてなかったり、演技がイマイチだったり、、、

特に「Snowman」はラストに流れた曲があまりにポップでキャッチーで曲と映像が全く別物過ぎて驚いたよ。

2021-889
かおる

かおるの感想・評価

3.3
『キモチラボの解法』、『Snowman』、『終着の場所』が好みでした。

キモチラボ〜はドラマにしてもおもしろそう。
Snowmanのストーリーに思わずウルッと来たんですが、ラストの曲が明るくてちょっとしんみりした気持ちが置いていかれました。笑
でも曲はかわいい!そして曲が先(主題歌からインスパイアされた作品)なので、私の固定観念かもしれない…
standfield

standfieldの感想・評価

3.3
SWAG SONG見ました!

岩ちゃんの演技はともかく、ストーリーがEXILEの名曲とマッチしてたなって印象。
Jimmy

Jimmyの感想・評価

3.3
TOHOシネマズ上野にて鑑賞。

短編映画6作品と知っていたが、お目当ては河瀨直美監督作品『パラレルワールド』。

【パラレルワールド】(河瀨直美監督)
15年ぶりに母校を訪れた徹(山田孝之)は、懐かしさに誘われて天体観察室に向かう。
そこで見つけたノートには、想いを寄せていたダンス部の真矢(石井杏奈)からのメッセージが綴られていた…。
→この男優、高校生を演じるには無理がある。河瀨直美監督の輝く映像は綺麗!
 「協力:奈良市立一条高校」とエンドロールに記載あり、河瀨監督の地元=奈良で撮った映画であることが分かる。

【キモチラボの解法】
人間同士のコミュニケーションが希薄になった近未来の東京。
「感情を売ります」の看板掲げて、人間の奥底に眠る感情を呼び起こして解放するクリニック。
様々な感情エキスを操る店長が、女性客のアオイ(水崎綾女!)にうつつを抜かしていたある日、無口な少女(駒井蓮)が現れて…。
→河瀨直美監督の『光』で素晴らしい演技を見せた水崎綾女にツイツイ眼が行ってしまった(笑)

【Snowman】
近未来の物語。SF的である。
妻の深雪(藤井美菜)と永遠の愛を誓い合った20代のロクは、不治の病に侵されていた。
特効薬が完成するまで永い眠りにつくことになったロクと、ロクが眠るカプセルを磨き続ける深雪。
月日は流れ、ついに目覚めの時が訪れる。だが、ロクの前に現れたのは、見たこともない老女(倍賞美津子)だった…。
→この映画、なかなか良かった!
 なぜ良かったか、はネタバレになるので記載しない。

【色のない洋服店】
街は色彩を失い、あらゆるものが黒一色に統一されていた。
古い商店街にある洋服店では、幼い頃からイジメにあってきた女性が、自分で仕立てた洋服を売っていたが、店の奥ではカラフルな服を作っていて…。
→パッとしない地味な作品。

【終着の場所】
東京のホテルで働いている男は、ある日出会った女性に恋をする。
女性が号泣しているのを助けたのがキッカケで、遠距離恋愛を続けるが、男の携帯電話から送ったメッセージの返信が途絶え、知らない男から「お前もあの女を買ったのか」という電話が入り…。
→「結局、どうするんだよ!」と言いたくなる男のどっちつかずの態度にイラつく。

【SWANSONG】
東京が雪で埋もれており、「地下鉄 芝公園の看板」を地中から掘り出す男。
その下には、人々が居る不思議な世界。
ギタリストの男は、天真爛漫な少女(桜庭ななみ)に出会うが…
→これまた微妙な作品だった。

上映前に、【SWANSONG】の監督と出演者の男の舞台挨拶中継があったが、どうにも知らない人なので興味ほとんど無く、作品を深堀する発言が聞かれるかと思ったら、それも殆ど無し。この舞台挨拶だけ見て、本編観ないで帰った人も居たのは驚き。
vv

vvの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

Snowman、色のない洋服店、SWAN SONGが良かったです
Misz

Miszの感想・評価

4.0
今でもHeavenly Whiteを聞くとこの映画を思い出します。なんか切ない雰囲気の映画。神秘的?この映画のおかげでHeavenly WhiteがEXILEで1番好きな曲になりました。

鈴木伸之くんの作品はなんかとっても素敵でした。

あみちゃんのも好きでした。
kirito

kiritoの感想・評価

2.8
【曲】

EXILE系列LDHの短編映画集。

6つのオムニバスドラマだが、他の短編映画に比べると総じてあまり面白くないが、「終着の場所」、「Snowman」「SWAN SONG」はまだ割とみれた。

チョイスする曲と作風があってない作品が散見されるので、次回からはもう少しその辺を意識した方がいいと思う。

2020.4.12
Moe

Moeの感想・評価

2.5
短編の良いところも悪いところも痛感した。

伝えたいことはわかる、でも短いからそこまで感情移入とかはできない。
歌はとにかくどれもよかった。
>|

あなたにおすすめの記事