トゥルーノースの作品情報・感想・評価・動画配信

「トゥルーノース」に投稿された感想・評価

rise

riseの感想・評価

4.5
90分とは思えない重さ このテイストのアニメじゃないととても最後まで見られなかったと思うけど、実際に起きてることではあるわけで、、、

「希望を捨てない」とかも、、、もはや自由に死ぬことすらできない人からしたら、防衛本能的な一面もあるのでは、、いつか何とかなるかもしれないと思ってないとやってられないよね、、
時に実写より説得力を持つ。
アニメーションの新たな可能性が感じられた。
yh

yhの感想・評価

4.3
強制収容所の酷い実態を知るための教材として使えそうな内容である一方、リアリティを壊さない程度に劇的な展開もあり、単純に映画としての面白さもちゃんとあるのが良かった。
Netflixを眺めてたら、「90分の映画」というジャンルがあった。なんじゃそりゃ。そんな映画の見方をするやつがいるのか。はい、私です。

なぜアニメでなぜ英語なのか。フィクションとノンフィクションのラインの曖昧な感じが逆に恐怖をかきたてる。

権力は腐敗する。絶対権力は絶対腐敗する。舞台は北朝鮮だけど、東西南北どこでもあった/ある/ありえる話であり、人間の歴史ともいえる。
ヒロ

ヒロの感想・評価

4.6
北朝鮮の政治犯強制収容所での、非人道的な労働環境や生活を題材としたアニメーション映画。

脱走出来た人間は極一部で、ほとんどが殺されるか更に過酷な収容所で拷問されるかで、未だに12万人が収容されている現実が残酷で心が重くなる。

アニメじゃ無く実写だったらもっと描写がエグくて見るに耐えないかも。

胸糞映画だけど、学校教育で観せるべき作品。
Hiroki

Hirokiの感想・評価

4.0
辛すぎて惨すぎて目を背けたくなる。どうしたら人はここまで残酷になれるのだろう。こんな絶望的な状況の中でも他者を蹴落とさない、他者と助け合うことを忘れない。人間らしく生きるとはどういうことかという問いを強烈に突きつけてくる。

映画を見たら分かるように日本は当事者国。遠い世界の話ではない。在日4世の監督のインタビューの言葉がささる。
「ホロコーストの場合、”大勢のユダヤ人が連行された”、”人か何かを焼く煙が出ていた”などと人々は薄々、ホロコーストの存在を知っていた。だが、当時、人々はなぜアクションをとらなかったのか。そう孫世代に問われる。北朝鮮の場合も、同じことだと思います。見て見ぬ振りではなく、我々は、まず事実を知ることから始めなければならない」

ミサイル実験が行われる度に大きなニュースになるように日本では北のことを戦争の仮想敵、対外的な脅威として報道しているけれども、それを持って北を悪と決めつけるのはお門違いで、日本や韓国やアメリカの方が北とは比較にならないほどの兵器開発を行ってるからね。軍事の面ではどっちが悪なんだか。そんなことよりも北の人権侵害についてもっと報道するべき。北の問題は人権侵害でしょう。
りりち

りりちの感想・評価

2.9
【みんなで仲良く助け合う】すらもホラーにみえる。この収容所て釈放される兆しは皆無なのかな。
mh

mhの感想・評価

-
北朝鮮で行われていることを世界に向けて発信するも意味も含んだ日本の3Dアニメ。
フレームストーリーは現代。脱北してから10年経った青年がTEDで発表する内容で、当時を振り返るという趣向。
主人公の両親は帰還事業(1959年-1967年)で北送された在日朝鮮人。日本のパチンコ屋の前で取った写真がある。映画でいえば「キューポラのある街」の友だち家族ですね。
政治犯強制収容所の様子がとにかく過酷。
ナチスドイツの絶滅収容所でいうカポ(ユダヤ人のリーダー)みたいなひともいる。
ペラグラ(ナイアシン欠乏症)というあまり耳にしない名前の病気にかかる。
公開処刑を見なければならないというとんでもない現実も語られるけど、これは「北朝鮮・素顔の人々(2014年の隠し撮りドキュメンタリー)」によれば、北朝鮮のあちこちでも行われいる市民にとっては日常的なことなので、どういう位置づけにしていいのかわよくわからないことになっている。
係員が収容者を襲い、妊娠してしまったら処刑するとか絶句する。
かつて朝鮮総連と朝日新聞が「地上の楽園」として宣伝していた実態がこんなんで、いま現在も同じ状況が続いている。まったくもってとんでもない話。
アマゾンレビューにあったことば「義を見てせざるは勇無きなり」についてはもうぐうの音も出ない。
ウクライナ、ウイグル問題、北朝鮮の実態、すべての理不尽な現実がいつか解決することを願っている。
終盤になってようやくエンタメらしい展開を見せてくれて、見ているわれわれもちょっと救われる。
同系統の韓国映画「クロッシング」では、脱北がテーマだった。あっちに登場したネズミの皮のプロットがマジきつかったことを思い出す。
そういや、困窮に加えて教育が低いために流布する、根も葉もない噂を信じてしまうという絶望的なコンボがなかったな。
それらは「みんなで歌う」という陽性のものに置換されていたということか。
面白かった。
Atsuya

Atsuyaの感想・評価

4.0
これ多分アニメじゃなかったら耐えられなかった。北朝鮮の人道から外れた統制には心が痛む。
2022-195
me

meの感想・評価

4.3
想像以上の地獄、でもこれがまさか現実、今この瞬間も…
実写だったら絶対観られなかった。といいつつこれが本当に実話であることに胸を痛めつけられる…
>|

あなたにおすすめの記事