夜と霧の作品情報・感想・評価・動画配信

夜と霧1955年製作の映画)

NUIT ET BROUILLARD/Night and Fog

上映日:1961年10月20日

製作国:

上映時間:32分

ジャンル:

3.9

『夜と霧』に投稿された感想・評価

takeit

takeitの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

あそこまで映していいのか
でも近代以降を生きる全ての人が一度は見るべき
L

Lの感想・評価

3.3
夜と霧…
そういう意味だったのか…
見ていて悲しい気持ちになったと同時に
今まで学生時代に習った授業より深く知れて良かったし周りの人にも見て欲しいと思った。
作家性は感じられない、しかしこれを資料映像的な視座においてみると確かに高評価
泡沫

泡沫の感想・評価

-

考えたくないことだが、でたらめな管理の元に行われる収容や想像を絶する虐待や虐殺は自分に向けられたものでさえなければいいということなのだろうか
先日読んだ、ホロコーストを生き延びた母親はパレスチナ人と…

>>続きを読む
mtmt

mtmtの感想・評価

3.7

覚悟が出来ずに今まで観ていなかった映画。アウシュヴィッツ強制絶滅収容所を実際の映像を用いて構成されたアラン・レネ監督作品。32分と短尺の作品だが、想像通り精神を疲弊した。特に後半は思っていた以上に厳…

>>続きを読む

ホロコーストで起こっていたことを実際の映像で振り返るドキュメンタリー。
映像で初めて見たかもしれない、本物の遺体。山のように詰まれ、ゴミのように扱われている人間だったものたち。生半可な気持ちで視聴し…

>>続きを読む
leyla

leylaの感想・評価

-

やっと借りれた。アウシュビッツ強制収容所の映像を収めたドキュメンタリー。アラン・レネ監督の残したい、伝えたいという強い思いを感じる。覚悟はしてたけど、ここまでリアルな映像は見たことがなかったので衝撃…

>>続きを読む

このレビューはネタバレを含みます

死体の再利用
ショックを通り越してしまった、感情
人間はずっと残酷
2023.106
ユート

ユートの感想・評価

5.0

当時の写真と映像を使ったホロコーストの記録映像。当時の映像が全部白黒なのに対して、10年後は全部カラーになってるのが対比になってて印象的。
普通に痛ましいと思った。
毛髪を毛布、骨を肥料、皮膚を石鹸…

>>続きを読む
マオ

マオの感想・評価

-
いままでみた収容所の映像や画像、教科書で学んだものとは全く違った感じ方をした

死体はなににつくられるのか?
では、責任は誰にあるのか?
戦争は終わっていない
>|

あなたにおすすめの記事