夜と霧の作品情報・感想・評価

夜と霧1955年製作の映画)

NUIT ET BROUILLARD/Night and Fog

製作国:

上映時間:32分

ジャンル:

3.8

「夜と霧」に投稿された感想・評価

son

sonの感想・評価

-
スコアがつけられない作品。実際に行って聞いた話の半分が知れる。でも、実際に行って知れなかったことを"感じ取ること"もできる。しかし実際は、感じることも知ることも歴史だけであり、核のいろいろな部分は何も知れていない。と、思う。しかし伝えることを忘れてはいけない。と、気づく。
ぴ

ぴの感想・評価

-
ハード面、ソフト面共にショアを見ることはまだできないと思いこちら

常に映像そのものに対して懐疑的、むしろ否定的でありながら、歴史というよりもそれに対する生の恐れを表現している?→ 諏訪敦彦の解説が分かりやすかった
たとえ何があっても絶対後世に残すべき映像、最後のメッセージにはハッとさせられた
のの

ののの感想・評価

-
先月末に原作を読み記憶が新しいうちにと鑑賞。
映像が超えられない力が文字にはあり、同時に文字には超えられない力が映像にはある。と思った。
すごく短い(30分ちょい)のにものすごく濃い。
白黒とはいえ動画が撮れる時代にこんな残酷なことが平然と行われたんだ、ということに改めて衝撃を受けた。大昔の出来事じゃない。
点数つけるのはなんか違うからやめとくけど絶対に観るべき映画。
ブルドーザーで忘却の穴へと埋められていく人間だったモノの眼差し。観ましょう…
リホ

リホの感想・評価

-
授業で見た。
人間ってこんな心ないことできるんだって思った。どんな思いで亡くなっていったのかって計り知れない。もう今後絶対このような事は無しで。
アウシュビッツの話。
「戦場のピアニスト」「縞模様のパジャマの少年」「ライフ・イズ・ビューティフル」など、アウシュビッツを題材にした作品をみたあとでも、現実の映像にはたじろいだ。

ヒトラーの側近で右腕だった、ヒムラーの存在をはじめて知った。

最後の、「ある国のある期間の特別な話」として、アウシュビッツの記憶が遠ざかっていることに触れていたのは、感慨深かった。
点数はつけられない。
学生の頃、授業で取り上げられ
原作を読んだ。映像もあることを知り借りたが、興味本位な気持ちがどこかにあった自分を反省した。
ルリ

ルリの感想・評価

-
見終わった後すごく気分が暗くなった
衝撃的な映像ばかりだった
一生忘れないと思う
点数はつけられない。900万人が犠牲になったこのホロコースト。ある国のある時期における特別な話と言い聞かせ、消えやらぬ悲鳴に耳を貸さぬ我々がいる。
>|