夜と霧の作品情報・感想・評価

夜と霧1955年製作の映画)

NUIT ET BROUILLARD/Night and Fog

製作国:

上映時間:32分

ジャンル:

3.8

「夜と霧」に投稿された感想・評価

HAGI

HAGIの感想・評価

3.8
まだ100年もたっていない過去
衝撃的な映像の連続
当時敵国だったフランスがつくった映画っていうのも興味が湧いた
Chikara

Chikaraの感想・評価

3.7
大学の授業で観た。

目を背けたくなるような映像、でも背けてはいけない現実。

たった30分の映像が、多分ずっと心に残ると思う。

多くの人に観て欲しい作品。
人種が違うだけでここまで残酷な仕打ちが出来るのか。死体をブルドーザーで運んでるとことかトラウマ。こんな虐待を受けたユダヤ人も今度は誰かを虐待して、憎しみはずっと続いてく。怖い。
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

4.0
‪「夜と霧」‬
‪レネの本作が何故凄まじく評価され、人類全てが観るべき映画だと数々の評論家が言うのか…それは世界で本作が初めてアウシュビッツ強制収容所を映した映像作品であるからだと思う。映像と言っても写真の積み重ねもある…それにしても冒頭のカラーで田舎の風景がスローで流れ収容所が聳え立つシーンは強烈…‬
LOTUS

LOTUSの感想・評価

3.5
今まで見たドキュメンタリーの中で一番衝撃的だった。
直視できなくて目を逸らしてしまう場面もあった。
このホロコーストの記録映画を観た後は、悲しみや怒りとは少し違った感情を抱くかもしれません。

そもそもこの映画では、人間に対して憐れむ以前に、人間が人間として存在していない。

骨と皮になった大量の死体をブルドーザーで処理したり、暇つぶしに殺された人間のパーツで肥料や絨毯、石鹸といった日常品まで作ろうとしたり。

そこに映し出されているのは、まるで害獣駆除された動物。

人間を害獣と思っている以上、そこに罪の意識は皆無であり、ナチに対して怒りを覚えるというよりも、ただただ虚無感や無力感に襲われてしまう。

いったいこのナチの人種イデオロギーの正体は何なのか、と考えずにはいられなくなる作品です。
まさす

まさすの感想・評価

4.0
シンドラーのリストを見た後に見ると同じ映像でも違った視点から見れてより心に刺さる
Punch

Punchの感想・評価

3.7
カメラの運動と音楽のリズムが奇妙に溶け合って音楽的快楽をもたらす。
Rikako

Rikakoの感想・評価

4.0
アラン・レネのアウシュビッツのドキュメンタリー。
映像も写真もナレーションも憐情を促すような媚びは感じないのに、訴えてくるものが強くて鑑賞後何回か巻き戻して観た。
Linus

Linusの感想・評価

-
フランクルの『夜と霧』を読まなくても、この映画を見なかったとしても、

この歴史は、全ての人が知る必要がある。
>|