クロッシングの作品情報・感想・評価・動画配信

「クロッシング」に投稿された感想・評価

momonomama

momonomamaの感想・評価

5.0
何つうのか、韓国映画っていわゆる韓流って軽いのと、超駄作と、こういう問題提起のヘビーなのとぱっつり分かれますね。
話題作がやっと近所にやってきたので観に行ってきました。(整理券必要でした)
号泣っとこういうのを言うのですよね。
とめどなく涙が流れます。止めることなどできません。
胸をえぐられる思いです。
映像が綺麗だったことだけが救われます、夫曰くリアリティがないってことですがでもこのリアリティのなさがかえって切なさを増長してるように私には感じられました。

この映画の中のヨンスはジュニは本当にいるのです、今も北朝鮮でこういう暮らしをしてる人たちがいるのです、健気に頑張ってる子供たちがいるのです。
貧しくて食べるものがなくて、ある日突然可愛がってた飼い犬が食卓にのるって、、、考えられますか?
大好きな幼馴染の女の子がけがをしてて「ねずみの皮を塗れば治る」って嘘を健気に信じてネズミの皮を塗って、、酷くなって、、、、
こんな話、俄かに信じられますか? でも本当にある話なんです。

こんなこと、許されてはいけないのです。



でも何もできなくてごめんなさい、観て胸をえぐられて泣くことしかできなくてごめんなさい。

絶対に観て欲しい映画です。
ただし、映画として娯楽として楽しみことは一切できません。覚悟してみましょう。

(2010年視聴)
ATSUSHI

ATSUSHIの感想・評価

-
そこはあらゆる命を軽んじる大地。あるいはそうなるように作り出してるとも言っていい。
まるで第二次世界大戦を見てるかのような北朝鮮の惨状。

私が一番応えたのは一家の飼い犬までもが食料代りにされるところ。犬への思い入れがある身としてはあの父親は許せないけど、一家を養うことへ責任を負う者としての選択でもあったからそうならざる得ない状況なのに理解してしまう。

涙ながらに電話するシーン、雨のエンディングに続くセピア色の回想等、忘れられないシーンもたくさんあった。
ぶん

ぶんの感想・評価

3.8
再鑑賞です。
昔日本領事館に逃げ込んだハンミちゃん一家を思い出しました。あの映像は衝撃的過ぎた。それを思うとこの主人公一家もやり過ぎではない本当にある不幸なんだなと思います。

北と南ってタイムマシンで移動したように違う時代みたい。あまりにも違い過ぎる世界に喜びより先に精神力がついて行けなくなりそうな…

昔の韓国映画のラストずっと尾を引く涙は、ひとつの技としか言いようがないですね。
yukko

yukkoの感想・評価

1.3
あ~全っ然刺さらない。
終始予想通りに事が進んで、なんの感情も起きない。
物語は悲惨過ぎて、普通なら号泣レベルだろうに。ウルッともこない。
泣かせよう魂胆ミエミエ😒演出あざと過ぎて興醒め😱 煽り過ぎ。
涙腺ユル子の私を泣かせないこの映画は、逆にすげーよ(皮肉たっぷり)。
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

2.5
昔この監督の彼岸島と言う作品を見て最悪につまんなかった記憶があったが本作はなかなかだった!というか彼の作品でシリアスな物語って唯一この作品だけなんじゃないかな後はラブコメみたいな感じだったりするし…この映画を見るとつくづく半島の民族は気の毒で不自由だなぁと思ってしまう。北朝鮮から中国の朝鮮族自治区の方まで命がけで渡り、働くも連中に追われてしまう。一方北朝鮮に残された家族は不幸のまま、父親はその思いを成し遂げるために必死に生きるも現実は厳しいもの。
泣きはしないけど、心打たれた映画。
これが本当に北の現状なのかは分からないけど、勉強になります。ヨンピョン島の銃撃戦があった今、再度見たらまた違った感想が湧くかもしれない。。。
Mizu

Mizuの感想・評価

-
大学のころ北朝鮮について授業で勉強した時見た映画。本当にこれは。。。北朝鮮の現実。こういう事が知らぬ間に起きている。。涙なしでは見れない!もっとみんなが見るべき映画
脱北者への取材を元に制作された北朝鮮の現実に迫る骨太な作品。実際の脱北経路での撮影や、撮影スタッフにも脱北経験者が参加されているだけあって、北朝鮮の町並みや生活、そして脱北シーンや収容所などがとてもリアルに描かれています。

家族の絆や、家族や友達を思う気持ち。まるで戦後のような衣食住を巡る北朝鮮の劣悪な環境など、エンドロールが流れても胸の痛みは収まることありません。

凄く意外に思うのが、北朝鮮という国と脱北者を丁寧に描いているのですが、その登場人物たちが「国家への不満」を口にしたり「自由」を求めるような描写が、この作品に限ってはほとんどみられない。

描かれているのは、『ただ、今を生き抜こうとする一途で懸命な姿。』

だからこそ、「強烈な印象」と「影」が心にへばりつく…。

ある程度、覚悟は決めていたけれど…
まさに泣きっ面に蜂…気も滅入る。
それでも、観ておいて良かったと思います。

現実を知ったとて、何も出来ることはないのだけれど…この作品の制作、公開はとても意義深いものだと改めて思う。
metamegane

metameganeの感想・評価

3.9
脱北、親子もの
雨の使われ方はベタながら、辛いシーンの連続をうまく回避し、ロケ地やセットの作り込みがガチ。脱北者への韓国国内の偏見や、脱北支援がワイロでしか成り立たない現状も描いている。
CONAN2

CONAN2の感想・評価

4.5
覚悟して見たのに ヘビーでした、平和ボケの日本人、特に若い人に見てほしい作品、良作!
>|