ブレッドウィナー/生きのびるためにの作品情報・感想・評価・動画配信

「ブレッドウィナー/生きのびるために」に投稿された感想・評価

Netflixにて。
遥か遠い国のことのようで、他人事じゃない話。国は違えど、同じ地球上にこんな暮らしを強いられてる人がいると考えると、何事も粗末にして生きたらダメだなと感じる。
り

りの感想・評価

-
タリバン政権、、女性に生まれただけで後悔しそうだけど、もうそういうものとして女性が扱われるところでずっと生きてきたならそれが普通になってしまうのかしら。おかしいと思いながら生きているならとても可哀想。『トゥルーノース』同様アニメーションだから見やすかったけれど、、、
073

073の感想・評価

3.5
海のうたの制作会社さんでしたか!絵本調に語る映像が可愛かったから納得。
ここまで女性が不自由なものなの?誇張してる?フィクションだからだよね?って思って調べたけど実際のタリバン政権下で女性、子供の経験していた事実をベースにしていたとは、絶句。
苦Lucky

苦Luckyの感想・評価

5.0
Raise your words, not your voice.
It is rain that makes flowers grow, not thunder.
どうしてこういう事がいつまでも改善されずに何も変わらないんだろう…?
人権がもっと大切にされてほしいと願う。
パヴァーナの瞳が美しい。
GUMI

GUMIの感想・評価

4.3
タリバンが背景にある作品を見るたび、これはアッラーが本当に望んで人々を導きたかった世界なのかしら?と同じことを思う 宗教には詳しくないけど、次世代を産んで育てるのが主に母親であるのなら、その母親である女性たちが文盲無知のまま尊厳とは何かも知らず、どう明るい未来を築いていけるというのだろうね
アニメーションはとても素朴だけど美しくてよかった
あい

あいの感想・評価

5.0
観て良かった。自分の中にある常識が全く通用しない作品だった。見終わってから調べてみたら、原作もしっかり現地の女性や子供たちから取材して作られているそうで…

女性の行動がとにかく制限されていて、男性なしでの外出が許されない社会なのに、「娘に本を読み聞かせた」という罪で父親が連行されて投獄されてしまう。残ったのは母と姉妹二人、そして幼い弟。外に出られても女だけなら物を売れないと言って食料さえ売ってもらえない。そんななか、次女のパヴァーナが髪を切り、男装して家族を支えようとするところから話が進んでいく。

女じゃない自分になって、女の姿をしていた頃には感じられなかった自由を感じて喜ぶ姿が印象的だった。買い物に行っても嫌がられないの。
パヴァーナのお父さんを陥れた子について、なんてムカつく男の子なんだろうと思って、男に生まれただけだろ、なんて苛々しながら見てたけど、結局その子も戦争が始まったら連れていかれるただの駒として描かれてなんとも言えない気持ちになってしまった。頭の硬い嫌なタリバン兵もいればもちろん優しいタリバン兵もいて、でも世界ってきっとそうなんだろうなあ、と思った。
mhama723

mhama723の感想・評価

4.6
すごく心に沁みて、最後ジワーっと泣けた。ちょっと内容が重いけど観るべき映画だと思います。
タリバンが政権を奪還したと聞く。その後どうなったのか。女性が外に出ることも許されない社会。この時代でも苦しんでいる女の子がたくさんいる。当たり前と思わないで行動できる人にならないと。
suna

sunaの感想・評価

4.0
女だけの外出を禁止する規範、女性支配として妙手すぎると改めて思った もはや家畜管理に近い
メモ:兄の死を物語ること、セラピー
>|

あなたにおすすめの記事