愛してるって言っておくねのネタバレレビュー・内容・結末

「愛してるって言っておくね」に投稿されたネタバレ・内容・結末

記念すべき300本目のレビュー。

最初は大人の冷めた恋愛関係の映画にした感じかと思ったけど全然違った。
こんなのズルイやんッ…!

親からすると子供は一生の宝と言うけれど、そんな子供が他殺されて魂の抜け殻みたいになるよな…
子供のセリフも最期を悟ったようなセリフで親からすると辛い…

最後の娘の影が親同士を繋ぎ合わせたシーンで、「鋼の錬金術師」の原作1話、エドワードがロゼに言ったセリフを思い出した。
人は悲しいことや辛い事があっても前を向かなきゃいけない。
どんなに辛くても、歩き続けなきゃいけない。

12分という短さから、大切なものを沢山学びました。
なんだかんだ子供って夫婦にとっても繋ぎ止めるものでもあるんだろうな
アメリカ国旗と銃
たくさんの感情に包まれた12分間だった。
タイトル回収がまさか凄惨な事件をきっかけに出てくると思っていなくて胸が締め付けられた。

犯罪を許せないのは言わずもがな。
失った悲しみ、後悔、どうして、傷付きたくない、失うのが怖い、行かないで、愛してる、が全部押し寄せてきて辛かった。
どうか幸せで。
今日はなんの映画を観ようかと悩んでいたらふと目についた。12分だしとなんの気無しに鑑賞を始めたのであらすじも読まなかった。喧嘩が長引いている夫婦が会話のきっかけを探しているのかと思っていたら、洗濯物の中に紛れていた小さなTシャツから夫婦の抱えてる問題が見えてきて涙がとまらなかった。
なにかしらの事件に家族が巻き込まれるなんて、まして子供が自分よりも先に亡くなるなんてあまり考えもしないけど海外ではきっと少なくない例なんだろうと思った。日本でも最近は電車での事件が相次いでるのであまり他人事の様には感じられなかった。12分にたくさん詰まっていた。
悲しくてやるせない気持ちで、胸がきゅっと締まるような12分間。
構成もイラストも見やすくすんなり入ってくるので世界に浸れます。
たった12分で、淡々としたアニメだけど、涙無しでは観れない。
たった12分なのに号泣した。

ことばのないアニメ。
唯一出てくるのがタイトルの「愛してると言っておくね」
すばらしい世界観。つくりこみかたに感動した。
とても短い作品だったけれど、よかった

人が一人いなくなると言うことが、どれだけのことなのかという事を考えさせられた

あの影は、昔を振り返る二人の気持ちだったんじゃないかなと私は思っていて、お互いに相手に責められてる気持ちになったり、行かないで、愛しているよだったり、あの時行かせなければ、という後悔だったりが強く伝わってきて苦しかった。
命を奪う事、または命の尊さ、そして愛の強さが印象的でした。
"If Anything Happens I Love You"

学校で起こった銃乱射事件の被害者家族の話。
夫婦喧嘩中に出てきた倉庫の青いペンキは子供が生まれる前なのかと思っていたけど2人の子がいた証だったのだと気づいた

銃乱射の事件で何も悪いことをしてない子供達まで殺されるのはひどい、
>|

あなたにおすすめの記事