あの人に逢えるまでの作品情報・感想・評価・動画配信

「あの人に逢えるまで」に投稿された感想・評価

短いけれど、その中にものすごく詰まってる。涙無しには見れない物語。

*過去鑑賞記録
かのん

かのんの感想・評価

3.3
ヨニ(ムンチェウォン)は毎日「あの人」の帰りを待ち続けている。くる日もくる日もサラ(ユホジョン)というアメリカ在住の女性と電話し、その日の出来事をメモに綴る。ある日、役所の人がヨニの元を訪れ、「明日、あの人に逢いに平壌に行きましょう」と告げる。あの人の好物を詰めたお弁当を手にバスに乗り込むヨニ。彼女はあの人に逢うことができるのだろうか。

ーーーーーーーーーー

28分の短編映画ながら、南北分断で離れ離れになってしまった夫の帰りを待ち続ける女性の姿を描いた作品。

「今回は土曜日には戻れるよ」という言葉を残し、帰ってくることがない「あの人」。ヨニはその言葉を信じて待つしかない。

ある日現れた役所の人に「あの人は生きています。明日会いに行きましょう」と言われて、自分の手料理しか食べないあの人のためにバスに乗るヨニ。結末もあまりにも切ない。当時の時代と韓国という国だからこそ起きた辛く悲しい物語。でも、物語じゃなくて現実だった人も沢山いたんだろうな。短編というのもあり、予告編を観ずに本作を観るのがおすすめ。
ロ

ロの感想・評価

3.5
南北分断で離れ離れになった2人。
本当に起きたことだから余計に切ない、、、
タビ

タビの感想・評価

4.0
たった28分。でも色々と考えさせられた。
認知症なのかな思ったけどそんなんではなくもっと辛い😭
韓国やから出来る設定。
政治に振り回される人々、辛すぎるよ😭
咲

咲の感想・評価

-
ヨニさん視点でミヌさんをずっとずっと思ってるけど逢えないなんで…?ってなる。すごい短いのにこのストーリー構成もグッとくる
(授業)
リピートもの。
「シュリ」や「ブラザーフッド」などのカン・ジェギュ監督の作品。
28分のショートムービーで南北戦争によって離ればなれになってしまった夫婦の話を妻・ヨニの目線から見た話。

冒頭からいきなりラストが始まります。
バスの中に年老いた人々が乗っています。
その中のひとり老女が写し出され、あぁ、この人がムン・チェウォンなんだぁ~と思いながら…。

ヨニは、毎日“あの人”の為に心を込めて料理を作り、その帰りを待ち続けています。
ある日、彼女は“あの人”がなかなか戻らない理由が分からないまま、家を訪れた役所の人の勧めで“あの人”に会いに行くことになります。
ヨニは手作りの弁当を手に、大勢の老人たちと一緒にバスに揺られ……。

ネタはすぐにバレてしまいますが、分かっても何も変わらないというか、戦争で離ればなれになった夫婦の切ない愛が本当にに辛く悲しく描かれています。
台詞では無く、ムン・チェウォンの演技から。

コ・スのファンからは大ブーイングだったとか。
確かに(笑)
カメオ出演より短かったです。
こもり

こもりの感想・評価

3.3
記憶がふわっふわしてるヨニさんの願いを乗せバスは目的地へ向かいます...な家族物語🚌🚌🚌 短編映画
一人暮らしをする平凡な女性に焦点を当てた こじんまりとしたお話の様に始まることでニュースで取り上げられる日常とは縁遠い事柄が身近なことのように感じられた。10年後20年後じゃなく今見れて良かった
映像綺麗 ボラ🐟 冷麺とかご飯美味しそう ニュース番組「当時1000万人→現在7万人→3年後3万人(推定)」 『国際市場で逢いましょう』とセットで観たい映画 しっとり音楽🎹
Suiu

Suiuの感想・評価

-
長い年月を感じる仕掛けにため息。

ただ、ただ、待つことしかできない歳月と心の重さは、いかほどのものだろう。いまだに続く分断の理不尽さ。

ムン・チェウォンが美しい。
iman

imanの感想・評価

3.8
はじめは不自然だと感じていたが「あなた」が誰か分かった途端に全ての辻褄が合った。音楽が合っているしご飯が美味しそう。
Shirota

Shirotaの感想・評価

3.8
ヨニは、毎日欠かすことなく“あの人”のために心を込めて料理を作り、帰りを待ち続けていた。ある日、彼女は待ち人がなかなか戻らない理由がわからないまま、家を訪れた役所の人の勧めで“あの人”に会いに行くことになるが…というストーリー。


美男美女カップル✨
ヨニが可愛い💕

冷麺🍜食べたくなったし、韓国料理好きなので、食卓がとっても美味しそうで食い入るように見てしまった🤤

家族が南北に離散してしまった苦しみ悲しみを描いている。
こんなに時が経ってしまっても尚…

凄く短い作品だけど、胸がギュウッと締め付けられた…😣
>|

あなたにおすすめの記事