あの人に逢えるまでの作品情報・感想・評価

あの人に逢えるまで2014年製作の映画)

민우씨 오는 날/Awaiting

上映日:2017年07月22日

製作国:

上映時間:28分

3.7

あらすじ

「あの人に逢えるまで」に投稿された感想・評価

ねぎお

ねぎおの感想・評価

3.9
カン・ジェギュ監督と言えば「シュリ」に「ブラザーフッド」。
南北の分断は永遠のテーマなんでしょうね。
今作は2014年。
映像は凄く洗練されています。

28分なんですよね。
どういう経緯でこの尺なのかは存じませんが、この中に見事に深く広いものが描かれていて素晴らしいと思いました。
彼女のなかで時間が止まっていることを映像マジックを使って表現し、それは飾られている写真や電話や鏡のフラッシュ映像、積み木のシーンなどに散りばめられています。

そして編集でうまくバスを見せ、映像に鉄条網を入れ・・見事なテクニック!

ラストシーンは上手に合成を取り入れたクレーンショット。
この尺でしっかり泣かせるって凄いです!



〈114〉
短いのに切なくて、30分ちょいでこんなに伝えられるのすごいなぁと思った。
ある日いきなり帰ってこおへんくなって、それでもちゃんと進んでるのに進めてなくて、こんな悲しいのに会えなくて 誰にも当たれなくて、辛
ゆめ

ゆめの感想・評価

3.7
ネトフリにて。
30分足らずの短編だけど、半分過ぎたあたりから泣けて泣けて仕方なかった。離散はもっとキナ臭い中での出来事だったと想像していたので、こんな平和な日常が突然分断されるように起こったとは…
構成や撮り方が巧みで、短い時間に情報も感情もしっかり詰まってた。素晴らしい構成力。
じえり

じえりの感想・評価

2.9
韓国には思う事沢山ある

離散家族
南北統一したら?国民性で無理か?
短いショートムービーですが、かえって無駄な所が無くて内容が濃く感じられました。

こんな良質な作品を入れてくれるNetflixに感謝です〜〜!😂💕

韓国の南北問題は、過去も現在も多岐に渡って様々な悲しみを引き起こしているんだなぁ…と胸が痛くなりました。
ショートフィルムにちょうどいいシンプルさと伏線。面白かった!
まい

まいの感想・評価

3.6

ほんの数日だと思っていた
気付けば60年が経った


「帰ったら冷麺を食べに行こう」


帰ってくると思ってた
今も尚、帰ってくると思ってる。


「私の料理以外あまり食べないの」って言葉に対しての運転手の何とも言えない顔がこれまた切ない...



30分足らずの短編作品でしたが
じんわりじんわり何かが込み上げてくる作品でした。
ai

aiの感想・評価

3.5
CM観てる感じだった。
短い中に沢山の感情が詰まってて泣けた。
まさかのショートフィルム

好きな女優さんです。
北村の韓屋に住む女性の話

すぐネタバレしてるからおかしいとおもったらショートフィルムでした。

お料理美味しそうだったわ。

悲しい歴史😭
django

djangoの感想・評価

3.3
みんな大好き韓国(笑)映画いってみよう。
短編なので観やすい。
映像も綺麗。
それなりに実力のある監督のようだ。

これ藍染映画なんだよな。
いつから錯覚していた?
これがエグい。
荒業過ぎだろ❗️としか言いようがない。
感動系映画なんだろうけど、笑っちゃうね。
堂々と仕掛けてくるから、うーん(>_<)みたいになる。
感情移入が大事。
素直にいけ。素直にいけよ。と。
騙されてやる必要があるんよね。

これはいけませんよ。
強引さは通じなければ反発になる。
>|