レミニセンスの作品情報・感想・評価

「レミニセンス」に投稿された感想・評価

tt

ttの感想・評価

4.0
良かった。好きな世界観、主人公の商売以外水没して退化した未来はブレードランナーを彷彿させる。記憶を見せるという型で主人公視点しか無く謎解き、謎多き女性に魅了される姿に感情移入出来た。相棒のワッツの支えに命拾いするも艶やかなヒロインへの想いを断ち切れないヒュー・ジャックマンの渋い演技に没入する。納得の伏線回収、屋上の追走シーンみたいに地味なアクションが逆に親近感を抱かせる。
読書の秋、久しぶりにレイモンド・チャンドラーの小説を読みたくなった。
なほ

なほの感想・評価

3.9
母はつまらなかったと言っていましたが、私は結構好きでした!!

好みがだいぶ分かれると思います。



「記憶のなかに潜入」と聞いて、過去に戻れるのかと思ったけど、追体験をするだけ


ハリーポッターでいう、【憂いの篩】です。


でも、どんどん真実が明らかになっていく、その過程は面白かったです。


少し展開は遅めかなと感じましたが。
tama

tamaの感想・評価

3.1
普通。
思ってたの違った。
設定を上手く生かしきれてなかった気がした。
自分や他人の過去の記憶を頼りに人探し。
記憶を見る装置がなくても、探し出せたんじゃないかと思ってしまった。
あと、恋愛映画だよね。騙された。
ヒュージャックマンがかっこいいから良し。
まこと

まことの感想・評価

3.4
記憶を探る切ないラブストーリー😌。丁寧・上手に世界観を魅せていて、疑問な世界にも自分いつの間にか取り込まれていた。予告は残念なミスリード。テーマも細部もよいのだが、だが、って感想🤔
面白くなかった。

鼻歌で開く金庫?
一目惚れ?そこまで?
温暖化で作るなら もっとなんかないの?

ヒュー様 足引きずってない?

最後も何だか?
何年もその水の中に?

楽しめなかった!
あーなるほどねとなる映画だった。
散りばめられた伏線が最後にかけて回収されていく。そこまで難しいものではないので、鑑賞した全員が最後にはスッキリできると思う。

また、ラストは感動的でもあるので、スッキリ&泣きにラストはなるかなと思う笑。
なので、これから見る人はこのシーンはどこに繋がるんかなぁとかこれ普通に考えたらおかしいよなぁとか疑問に思いながら見て、最後に答え合わせしたら面白く見れるかもよ笑。

ストーリーとしては、過去がテーマであった。過去に執着するのか、過去を捨て未来に進むのか。人間誰しも過去に執着している部分はある。そこで、映画を見ながら自分自身と照らし合わせ、どちらを取るべきか教えてくれるようなストーリーだったかなと思う。

また、キャストも良かった。ヒュー・ジャックマンは今作でも勿論かっこいい。でも戦いのシーンで、やられてる時に爪出せやぁと思わず思ってしまった。やっぱりウルヴァリンの印象が強すぎる笑。ヒロイン役のレベッカ・ファーガソンは普通にタイプでした笑。

「ネタバレ感想」
最初に、女が普通に怪しいなと思った笑。鍵無くしただけで、見知らぬ人に変な装置つけられて記憶を辿ります言われてなんの躊躇もしない。普通やばいこの二人ってなるはずやろ!って心の中で突っ込んでました笑。

途中ニックとメイが話をしてハッピーエンドの話をしてというところ。その内容が、最後に繋がってきたところはおお!とはなったかな笑。

基本自身が思ってた通りだったのであまり驚くことはなかった笑。でも普通に感覚的に見ても面白い映画だったので良かったです。
AtoZ

AtoZの感想・評価

3.7
とりあえずヒュージャックマン見るために観るならば満足できる映画。笑

なんかインセプション的なものを想定してたんだが違った。恋愛映画だった。笑
ていうか女に捨てられたジャックマンがメンヘラ化してうじうじ女を追い求め続ける映画だった。笑

ていうかレベッカファーガソンはグレイテストショーマンの時も相手役で出てたけどキャスティング大丈夫?奥さん嫉妬しない?

人の過去を本人に見せて追体験させる(自分も見れる)仕事をしてるジャックマンが主人公です。
相棒のワッツがかっこよ。

何故愛する彼女は俺を置いて消えたのか……?
探れば探るほど疑心は増し、それでも彼女への気持ちは膨れ上がり、たどり着いた真実とは……
的な内容ですね

まーーーー
めちゃくちゃショックな現実があって
それを忘れて幸せだった頃の記憶に浸って生きていきたいってのは
特に女性なら思ったことあるんちゃうかなぁ
女性監督だからこその脚本って感じがした

ただそれってめちゃくちゃショックなことの直後だからそう思うだけで結局時間が過ぎれば
あんなこともあったわねぇ(笑)みたいな気持ちになるから、そっちのが健全なんだろうね
上手くできてるぜ全く。

ただ主人公の選択としては前者を選ぶわけで、
でもその選択って心がドン底だからした選択であって、果たして残りの人生を全部それに費やす価値があることなんかなぁ
冷静に考えたら誰のためにもなってない感じがする笑
でもそういうサービスがあったら縋りたいと思う人は多そう。
そもそもドン底で冷静じゃないからそんな選択をするんやろし、どうしようもないか。

それはそうと水に沈んだ世界が結構好きだった。
荒廃的というか終末感のある雰囲気が。
だからこそ人々が過去に縋るってのは作中でも言ってたけどそうなるんやろうなぁと。
過去の幸せな一点だけを見て心の平安を保つってのはなかなかドラッグ的ですよね

メイン軸として謎解き要素があるので
ウジウジジャックマンには呆れつつも最後まで楽しく見られます
救いがあるラストかと言うと意見が別れそうですが。

基本主人公がうじうじな話はみててイライラするんで好きじゃないんですが
真実はなんなんだろう?と興味深く見れるし、適度にアクションシーンなんかもあったりして、悪くないんじゃない?という感想

めちゃくちゃおもろい!とかでは無いしたぶんもう見ることも無さそうだが。笑
ヒュージャックマンと一緒に
2時間ずっと女のケツ追っかけてた。
ヒュージャックマンが2時間ずっとかっこよかったのでよし。

インセプション的なの期待してたけど、
女のケツ追っかける話だった。
こと

ことの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ママと!
特に最後の5分間、二人の選択にグッと来た。途中まではお話についていくので必死やったけど、後半になるにつれて入り込めた。現実の、今の幸せを見つめなおす映画でした。
>|

あなたにおすすめの記事