プレステージの作品情報・感想・評価

「プレステージ」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

小鳥の瞬間移動のトリックや、サラの「愛してるに嘘と本当がある」という発言など、伏線が丁寧だったので途中で真相に気がついてしまった。

鳩を殺すトリックに嫌そうな顔をしていたアンジャーが、最終的にああいうトリックのマジックを行なっていたのが興味深い。
アンジャーがボーデンと同じように、自分のクローンを一体だけ用意したトリックにしなかったのは不思議に思った。
ボーデンのように半分の人生でいいという覚悟と自分自身への信頼がなかったのかな…?

終盤、ボーデンが首を吊られる寸前に言った「アブラカダブラ」と、瞬間移動トリックでアンジャーが溺れ死んだたくさんの水槽が置かれているシーンが印象に残った。
8

8の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

きれいな構成の映画で、この作品自体がマジックショーのようなつくりになっていたと思う。

ライバルマジシャン同士の行き過ぎた争い、行き過ぎた先にある、どう考えても種のわからないレベルのトリック。片方は科学的に、もう片方は根性で成立させた恐ろしい種。

とても素晴らしい映画でした。エンディングで流れるRadioheadにびっくり。
デヴィッド・ボウイがニコラ・テスラ役で出ているのが、なかなか良かった。
なんの予備知識も無しに見たが、しっかり騙されました…(笑)
出演者も今じゃありえないキャスティング!
ナゴ

ナゴの感想・評価

2.8
ノーラン映画で出演者も豪華で、遅ればせながら楽しみにして見たんですけど やや肩透かしでした。

ノーラン映画はひとつ「トンデモ設定」を入れるタイプだと把握してましたが、マジックのタネそのものが「トンデモ設定」なのは納得いきません。

嘘みたいなマジックの裏は堅実なタネだったら、男たちの復讐劇に没頭して見られたのに。個人的願望ですけど。

最初、時系列が分からず混乱します。映画の理解力が落ちたかと焦りましたが、混乱するように作られてました。少しずつ時系列が整理されてくる映画です。

このレビューはネタバレを含みます

クリストファーノーラン作品好きです。瞬間移動のタネがSFになっちゃったね。最後どんでん返しです。
見終わったあともう一度見たい作品。
ましー

ましーの感想・評価

4.2
クライマックスに近いところから始まり、そのあと時系列は行ったり着たり。その中で徐々に伏線が回収されてきて引き込まれていく。
最近バットマンとX-MENをみたばっかりだから、おおっ、ってなったのはどーでもいい話 笑
ノーランの中で一番好きな作品。

時間軸をいじくり回し、難解かつ息もつかせぬサスペンスにトンデモSF要素も混ぜこんで、愛とプライド、それに伴う犠牲と美しさを描き、最後にはどんでん返しで皆を驚嘆させる、ノーラン節が凝縮された一作。
失調が見てたから(?)見てみた
おもしろかったと思う
けど、すごいのめり込むってのはなかったし
知らんけど見終わったあとんんんん声出た
M

Mの感想・評価

3.6
時間軸が切り刻まれて再構成されている、と気づいてからもなかなか実態がつかめないままもどかしい時間が過ぎていく。どちらが本当の悪なのか考えながら物語を追うのがとても楽しい。
全体的な抑揚はそこまで大きくはないけど、じっくり楽しめる作品。
>|