プレステージの作品情報・感想・評価

「プレステージ」に投稿された感想・評価

suneo

suneoの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

衝撃を受ける

ヒュージャックマンとクリスチャンベイル

役者に力があると映画に没入できるなあ

ファロンの正体はすぐわかったけど、

あれで死刑になるのは無理があるし、
本気出せば助けてあげられそうな気もするけど、それをしなかったのはなんでだろう


アブダカタブラ
ま

まの感想・評価

-
(前に一度見てた、これ)
若者は何かに取り憑かれる。結局見ててしんどかったなあ、、空虚というか、ヒュージャックマンの悲劇の連鎖がしんどかった。
時系列と登場人物のややこしさととにかく集中しないと難しかった、、

メメントもう一回みたいなあ
wr

wrの感想・評価

4.0
伏線が素晴らしい映画!
2回目の鑑賞では
セリフひとつ
何気ないシーンのひとつも
伏線となっていることに気づいて
感動が増します(*^^*)
ノーラン監督はほんとに見せ方がうまい!!

目には目を歯には歯を
な、お話なので
結末もすっきり楽しいものではないけれども‥
一度目は衝撃の結末を
二度目は、伏線を楽しめる作品◎

それにしても‥
サラの言ってたことは、当たってたのね‥
「ウソの日がツラすぎる‥」
青二才

青二才の感想・評価

4.5
ライバル同士のマジシャン二人が互いの鼻を明かしてやろうと、相手のタネを明かしては、次はもっとすごいマジックを披露してやろうとしていくうちに、事態はとんでもないことに...

クリストファー・ノーラン監督、得意の時系列トリックが散りばめられたストーリー

時系列は散り散りに展開されるが、徐々に序盤の謎が溶けていく様は、最高だった。
張り巡らせた伏線を気持ちよく回収していき、ラストに向かって答え合わせをしていく感覚が良かったなー

それに比べて、アンジャーのマジックの説明が付かず、若干力技だったのが残念だったな
どちらにせよ現実性はないけど、アンジャーの替え玉の呑んべえを上手く利用する流れだと予想してたけど...
shuco

shucoの感想・評価

3.3
キャスティングが豪華〜✨って思ってたらまさかのDボウイまで!
クリスチャンベイルって観る作品のたびに印象が変わる人だなぁ…
ヒュージャックマンはほんとに舞台人だなぁと思わずにいられない。

確認、展開、偉業
jumo

jumoの感想・評価

3.8
ヒュージャックマンにそっくりな影武者が現れたところと、あんなトンデモ装置を手にしてマジックにしか使わない狂った発想がフィクションすぎてどんなオチもありな気がしてしまった
観終わった後に答え合わせできる映画というコンテンツとしては好き
kaito

kaitoの感想・評価

4.7
ー若者は何かに取り憑かれるー
クリストファーノーラン監督作品「プレステージ」を観ました。ここ最近面白い洋画に出会えていなかったので韓国映画にシフト気味だったのですが、プレステージに出会えて心から良かったと思います。ただこの映画も「手紙は憶えてる」と同様、予告編を見ないで映画を観ることをおすすめします。


ネタバレしてないけどこれから観る人はこれ以上見なくて良いかも



マジックを使った映画といえば有名なのは「グランドイリュージョン」。1はまあまあ好きな方でしたが、2は好きじゃないと言った感じです。ただ同じマジックの映画だからといって同じ枠で考えてはいけない気がします。グランドイリュージョンはマジックを楽しむ、プレステージはマジックに踊らされる映画だと思います。2人の奇術師がお互いを復讐し合う話…。もうこれ以上は言えません。笑 純粋にマジックも観てて楽しかったです。意外と単純なものでも見せ方が上手ければ魔法になるんだなと思わされました。映画全体を視覚的に見ても、すごく楽しめます。演技の点でいえばクリスチャンベイルが最高によかったです。最初は彼の恋人サラと同様で彼に好印象を持てます。すごく優しく気さくで面白い人。しかし次第にマジックに踊らされ人が変わっていく彼に恐怖を覚えるまでになりました。彼の演技力ゆえ、映画に引き込まれました。ヒュージャックマンはこの映画中でこそグレイテストショーマンだった気がします。まさにX-MEN vs バットマンだった。彼らだけならまだいい、マイケルケインも出演してるから激アツなんです!!クリストファーノーラン映画で一番好きな映画になりました。


グランドイリュージョンが好きで、クリストファーノーラン特有の時間感覚に慣れていて、シリアスなトーンな映画が大丈夫な人ならこの映画好きになれると思います。
はなち

はなちの感想・評価

3.8
時系列が入り乱れてわかりづらかったり、トリックも大体わかるけど面白い
クリストファーノーランって感じの映画。
時系列が入り乱れて最後に全てがつながる

何かに取り憑かれた人間は恐ろしい。
観客は騙されていたいのだ。全くオチがわからなかったので凄く楽しめた。よりノーラン監督がすきになった。メメントやインセプションもそうだが過去と現在を行き来する独特な時系列は監督ならではのやり方だと思った。
>|