囚われの美女の作品情報・感想・評価・動画配信

『囚われの美女』に投稿された感想・評価

どうみても リンチ、という場面、ストーリーが散りばめられてた。みておいて良かった。

色使いも良い。細かいとこ 忘れちゃったので、もっかいみたい。
ロブ=グリエのベスト。夢の中の夢と絵の中の絵、流れる映像の前で停止したバイクにまたがればバイクが激走する。映画ってこれでいいのかよ!とかなり勇気をもらった。死体が出てくる夢って見たことねーな。
hrd

hrdの感想・評価

3.1

 こうスッと理解出来ないような作品はとても好きなのと同時に、こういう世界観を構築できることに嫉妬する。一度アラン・ロブ=グリエの頭の中を覗いてみたい。

 今作品で初めて知ったけど、ルネ・マグリット…

>>続きを読む
かなり独特の世界観だった
ストーリーとかより観なさいって感じの映像だったけど、あんま得意じゃなかった

フランスで第2次大戦後に巻き起こった文学界のムーブメント「ヌーヴォー・ロマン」の旗手といわれる作家アラン・ロブ=グリエが監督・脚本を手がけ、シュルレアリスム画家ルネ・マグリットの多数の絵画をモチーフ…

>>続きを読む
かな

かなの感想・評価

2.0
え?え?え?って感じだったけどそういうテーマだったっぽい。フランスってやっぱ詩的よね
yuukite

yuukiteの感想・評価

3.4

配信で。ロブグリエの80年代作品。序盤森を走る車の主観映像などはデビュー作「不滅の女」を少し思い起こさせる。ビデオアート的な難解な探偵ものだが、、マグリットの絵をモチーフに使用した迷宮サスペンスな展…

>>続きを読む
JG

JGの感想・評価

3.4

あらんさん3️⃣作め👀はベルギー出身のシュルレアリスム(→良く分かってない🤫)の画家👨‍🎨ルネ・マグリットのオマージュ作品だそう🎞️

「エデン、その後」「快楽の漸進的横滑り」のわけわからん感が少な…

>>続きを読む

繰り返される不条理劇。冒頭のクラブのシーンから妖しい洋館に怪我を負った女を車で運び込むまでの流れまでは時間列は正常のように思えるが、この後、混沌の中に巻き込まれていく。
タイトルはルネ・マグリットの…

>>続きを読む
ノノ

ノノの感想・評価

3.7

主人公ヴァルテルがクラブで見かけた美女を探し追い求める話。唐突に挿入される不思議なショット、現実と夢、幻想が入り交じった奇妙な映像世界に魅入る。マグリットの絵画を参考にしているらしい。『人間の条件』…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事