ナチス・バスターズのネタバレレビュー・内容・結末

『ナチス・バスターズ』に投稿されたネタバレ・内容・結末

ロシア流ヒーローもの。
西部劇のノリでドイツ軍を倒していく。
いつもナチスは敵ですね。
赤い亡霊は受け継がれていく。
新たなヒーローが誕生。
凄腕のスナイパーだ。

伝説のスナイパーにまつわるマカロニウエスタン風味のエンタメ戦争もの。
原題「赤い亡霊」がくだんのスナイパーのことですので、これは安定の邦題詐欺。
ヒトラーに似た役者が命乞いする導入部がかっこいい。役…

>>続きを読む

【2022年おうち映画 69本目】

邦題と予告のせいでハードルが上がりまくった結果、予想とは違う作品だった。

普段は予告をないけど、この作品も派手なシーンを寄せ集めて予告を作ってる感じなので物足…

>>続きを読む
SSプリントのタンクトップ、初めて見る気がして興味深い。
初見の俳優さんばっかりだったけど、それぞれがキャラ立ちしてて、何の抵抗もなく観れた。
(ジョージ・マッケイにそっくりな人いた)

バスターズだからグループなのかと思ったら、まさかの孤高のスナイパー!?

毒入り食事の罠を仕掛けた小屋に入った後に、ナチス上官が何故か食事を要求。毒の入った料理をキッチンへ片付けて、上官の食事を用意…

>>続きを読む

コンパクトな尺で見せたいものがわかりやすい、というか取捨選択が的確なのかな、あれもこれもとドラマを欲張りすぎてないのがよかった。予算の関係もあるだろうけど。
多分一番やりたかったのは「ロシアの雪原で…

>>続きを読む

ナチスバスターズ感想

 邦題と全然違うじゃん!?またクソ邦題案件かよどうにかしてくれ。
ポスターでもっと派手にドンパチやる系かと思って見に行ってたから肩透かし食らった。
 お話的には古典的かつシン…

>>続きを読む
邦題の罠
イングロリアス・バスターズのロシア版、ではない!
でも安定の面白さ
赤い亡霊がむくっと起きて勝手にどっかいくシーンサイコー
この方向の邦画ってないよな
叩かれるからかな

ナチス・バスターズという邦題が内容とあってない。アルバトロスが好みそうな,赤い亡霊とドイツ軍に恐れられたパルチザンが派手な爆破や銃撃戦でドイツ軍の基地を破壊するなんてことにはならない。敗走するソ連兵…

>>続きを読む

雀の話だったり女装(不本意)の独軍上官が雪原を疾走したりと笑いどころは数箇所あるものの、ほとんどが笑って良いのか分からない状況下という、始終緊張感のある映画です。
敗走ソ連兵の話なので当然と言えば当…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事