アンノウン・ソルジャー 英雄なき戦場の作品情報・感想・評価

「アンノウン・ソルジャー 英雄なき戦場」に投稿された感想・評価

locci

locciの感想・評価

3.1
カレリアのことを全然知らなかった。
フィンランドと戦争のイメージが全然結びつかなかったので、
こんな日本軍みたいに悲惨な戦闘をしていたんだなと勉強になった。
フィンランドの事情に無知な日本人と、カレリアを取り返せなかったフィンランド人が見たらまた感想も違うんだろうなぁ。

戦闘シーンの緊迫感はすごい。
音が怖い。
銃が近くをかする「ヒュン」という音。
ライフルの音、マシンガンの音。
あれだけの銃弾をまき散らせ合っているのに、たった1〜2発当たれば人って死ぬ。
ただ打ち合っているだけでなくて、戦車vs歩兵では、歩兵が捨て身で戦車の近くにつっこんでいって地雷を踏ませたり、塹壕線の曲がり角に手榴弾→撃つ、手榴弾と進んでいくシーンなど、戦闘の進め方がわかりやすくて、こうやって戦うんだーっと興味深く見てしまった。

戦闘以外のシーンは冗長に感じたかな。
3年間も戦争してるから、やっぱり中だるみ。
ロッカおじさんと結婚した士官?の人とぽっちゃっりした人以外の顔の見分けがつかないのに、それぞれのドラマが浅くて中途半端かも。現地の人との恋愛のシーンはいらないかな。

銃撃戦しあってるのに、休戦協定が出た瞬間銃撃が止むのが虚しい。
その直前に死んだ人とかいただろうに。なんだったんだこの戦闘は…となるよね。悲惨。
ゆー

ゆーの感想・評価

3.4
フィンランド映画。
ソ連に奪われた土地を奪還しに行くが、勝利は長くは続かず・・・
緊迫した戦場のシーンが淡々と続くので、見るのに気力がいった

手投げ弾を駆使して塹壕を奪っていくシーンと、ベテラン兵士が勇敢に先頭を切って敵を倒しに進む姿がかっこよかった!

タイトルの通り、主人公ひとりをメインに話が進むのではなく、兵卒に士官、立場も境遇も違う兵たちの戦場をただただ描いた話だった
スター

スターの感想・評価

4.0
フィンランド映画を観るのは初めてかも。冬戦争でソ連から国土の1割に当たる領土を割譲されたフィンランド。
割譲されたカレリア地方を取り戻すためナチスドイツと組んでソ連と戦います。
冬戦争で伍長に昇進したカレリア地方出身のロッカを中心に話が進みます。
スシという男性の兵士が出てきますが、スシはフィンランド語で狼の意味だそうです。
戦争の悲惨さが伝わってくる傑作でした。
セイゴ

セイゴの感想・評価

3.0
戦争映画って、泣ける作品が多いのですが、本作は泣けなかったなー(;;)
(涙もろい僕が・・・)

何というか、「死なないで!!」とならなかったな~(汗)

要は、感情移入ができなかった!!

爆薬使用量がギネス!?
う~ん💦
あまり印象に残らなかったなー(。>д<)
上から評価されたい将校

そんなん知らんがな!の兵士たち

そんな中でも規律や才能に人格…色んなモノを人は現場で絡ませていくわけやね

重たいけど
少し救われもした映画でした
Mii

Miiの感想・評価

3.7
ずしんとくる。

覚悟。
真正面から向き合ったりなんかしたら。
メンタルがもたない。
置かれてる状況に対する気持ちのそらし方…っていうか。
人を撃つんじゃない、敵を撃つんだ。
って感覚。

やりきれんよね。

こうやって観て感じる痛みなんて。
何の役にも立たないけど。
ちゃんと痛もう、って思う。
うまく言えないけど。

丸い手榴弾しか知らなかったけど、
棒状の手榴弾が有能すぎ。
第二次世界大戦中のフィンランドとソ連の戦い。

総人口400万人から50万人も投入して組織した軍隊、冬戦争で失った領土を取り戻すべく進軍するが歩兵中心で組織されているため、軍事力で勝るソ連と壮絶な戦いとなる。

大戦中のフィンランドのことは確認戦果で史上最高の射殺記録を持つスナイパー、シモ・ヘイヘのことしか知らなかった。まさかこんな状態で戦っていたとは。

ギネス記録になるだけあって戦闘シーンはなかなかのものでした。
Snowman

Snowmanの感想・評価

3.7
戦争を扱った作品なので、そりゃあ重いですわ。

ちょっと疲れました。

実際の戦争とは、どういうものなのかを味わうことができます。

フィンランドとソ連。
ドイツとソ連。
それぞれの戦い。

なぜ戦争をするのか。
敵なのか味方なのか。

生きるために・・・
家族を守るために・・・

戦争仕掛けられたら・・・
どうする?

戦わないという選択肢はあるのか?

こういう作品見たら、戦争のない世界というのが、いかに難しいかを考えさせられます。

生き残るために、今も世界のどこかで戦争が行われいる。
ぽ

ぽの感想・評価

3.8
地理的にも緩衝地帯。大国に挟まれ、それらと地続きだからこそ、フィンランドは歴史を通して苦悩ばかりだったんだろうなあ。というか、今現在も苦労ばかりなんだろうな。特にお気に入りのシーンは渡河攻撃をする場面。流石「森と湖の国」と言われるだけあってフィンランドには湖が沢山あるんだろうけど、攻めるには大変そうだな...と思った。迫力満点なので是非みてほしいです。あと、ソ連兵とフィンランド兵とのやり取り(?)には思わずクスッときてしまった。たった数秒ですが、この両者の掛け合いにもぜひ注目してみてください。
>|