パール・ハーバーの作品情報・感想・評価

「パール・ハーバー」に投稿された感想・評価

何回もみたな~、泣けるシーンもあり機会があればまた見たいとおもう映画😊
maipop

maipopの感想・評価

3.6
真珠湾攻撃とってもわかりやすくて、キャストも良かったし、3時間あるけどみてよかった。
この間、ハワイのパールハーバーに行ってきた。当時の惨劇が想像つかないほど気持ちよく晴れていて、いろんな国の観光客で賑わっていた。当日もこんな爽やかなハワイの日曜日の朝だったとか。

日本に帰ってきて真珠湾攻撃のことを知ろうと思い、有名なこの映画を観た。
はっきりいって戦争映画としても恋愛映画としても中途半端で歴史の勉強にもならなかった。そのくせ、無駄に長い。
果たしてどういうつもりで監督はこの映画を作ったのだろうか。

どうでもいいけど、大統領が車椅子から立ち上がって「私に不可能などと言うな」という場面。海外ドラマLOSTのロックおじさんを思い出した。
3時間は長かったけど、女の人が綺麗で見飽きなかった(笑)魚雷と空爆が繰り返し出てくるシーンは緊迫感がすごかったし、怖かったなぁ。パールハーバーは日本がアメリカを攻撃した部分をクローズアップしているだけだけど、あの時代は全世界でこんなことが起こってたんだ、というか今でも空爆が繰り返される地域があるんだと思うとやりきれない気持ちに、、。どうして歴史は繰り返されてしまうんだろう
ライ

ライの感想・評価

3.8
3時間は長い・・・😅
真珠湾攻撃を受けるまでの、ラブストーリーをもうちょっと短くしてもよかったのでは。
日本に奇襲を受けたシーンは迫力があったが、
戦争での悲劇には心が痛む。
アメリカが日本への攻撃による日本側の混乱が描かれていない事に対しては、
違和感があります。
非武装の人たちにも影響するのは、戦争だからでは片付けられないが、悲劇はある。
真珠湾攻撃され、その悲劇は描かれていたが、
アメリカの攻撃で、日本側の悲劇が描かれていないのは納得がいかない。
とは言え、アメリカ側の映画だから仕方がないのかもしれないが・・・
もう少し、歴史に忠実な作品であれば、良かったかな。

日本兵が日本人だったり、日本人以外だったり、
口の動きがあってないぞ~😅
野原で作戦会議はあり得ない~
その作戦会議の横で子供が遊んでるし〜

ジェニファー・ガーナーが出ている事に気が付いた。
アレ?ベン・アフレックはデアデビルで共演して結婚だったよね。
その前にも共演していたんだ~😊
戦争は常に客観的に見る必要があると思う。これしか知らない、幼少のアメリカ人がいるとしたら少し恐れ多い。
KU

KUの感想・評価

4.0
迫力満載の映像描写がすごい。
当然、アメリカ視点で描かれるのだが、作中同様、そこに存在したであろう人間ドラマを考えると、やはり胸が痛い。
誰が悪いとかでなくて、とりあえず戦争は憎い。
ねぎお

ねぎおの感想・評価

3.1
見終わったタイミングでは、ここしばらく感じなかった怒りに近い感じが胸いっぱいに広がっていました。

正直な第一印象では、ブラッカイマー何が言いたいんだと。これがエンタテインメントなのかと。決定的な東京大空襲と原爆投下で、軍人でも軍事施設でもない一般市民を大量に虐殺したことを描かず、うわべを綺麗に戦時の恋愛映画を見せて楽しいかと。
確か公開時に、日本人への言い訳みたいな宣伝文句言ってたことを思い出す。

・・でも冷静に考えると、
日本が一方的に被害を受けたのならまだしも、なぜ中国に不時着した時そこに日本軍がいるの?それは太平洋戦争の前に日中戦争始めていたから。中国は日本に喧嘩売ってない。そう、日本が攻め入った。
じゃあ日本が日本の戦争映画作った時の中国人の気持ち考えたことあるのか?
すみません、ありませんでした。



毎度戦争が表現されたものを見るにつけ思います。
どんな言い訳をしても、爆弾に殺された友の名前を書いて落とそうと、戦艦を攻撃したゼロ戦がヒロイックでもそこに共感はない。・・・描かれた人の大半は人を殺すんです。戦争とは殺すことを目的に、人を蹂躙することを目的に武器を持っていくことです。自分にも相手にも家族がいて、殺されたことの怨念は遺族により増幅され、どっちが先に手を出したかは関係ない復讐合戦になる。アメリカも欧州もアフリカも中東もアジアもずーーーーーーーーっとそれ繰り返してる。

ここまで多くの映画がおぞましい光景を示し続けてきたのだから、そろそろ、もう戦争しようというバカはいなくなりますよね。

******************************

さて、頑張って映画のことを。



出ました!典型的ポジティブ&暴走アメリカ人!
ベン・アフレックが演じる人物のことです。
幼少期からぶっ飛んでます。
「トップガン」も同様、そういった子供はみんな軍に行くのでしょうか?
日本の学校や社会においてはなかなか受け入れられないタイプですよね。
アメリカ人はみんなこうだとも思わないので、みなさんどう思ってらっしゃるのか聞いてみたいところです。

さてお話は、戦闘機パイロットを夢見た男が英国空軍に派遣を望み、強引に彼女を作ります。順風満帆に進みますが、アメリカの参戦→日本の参戦=真珠湾攻撃という歴史が待ち受けます。
当時ルーズベルト以下アメリカは暗号を解読していたのに、様々な要因で真珠湾攻撃の特定、そして抗戦指示が遅れたようです。攻撃の成功を伝える暗号それは「トラトラトラ」。
そしてRemember PearlHarborを合言葉にアメリカは本気になりました。

・・・いったい誰がアメリカに勝てるなどと考えたのでしょうね。サッカーや野球ならまだしも。
もうわたしは戦争映画観たくないかなあ。毎度辛いし、同じようなこと思って同じようなこと書いて・・。
Kentaaaa

Kentaaaaの感想・評価

3.6
批判多い映画だが、好きな作品。
真珠湾攻撃で米軍基地を完膚なきまでに叩きのめすシーン何度見ても飽きない。
戦艦アリゾナを轟沈するシーンは迫力ありすぎて、爽快爽快!
もみ

もみの感想・評価

2.0
だいぶ前にテレビで、日本人なら見なくてはいけないとアメリカの方が言ってたので、見たけど
悲しくなった
>|