東京上空三十秒の作品情報・感想・評価・動画配信

「東京上空三十秒」に投稿された感想・評価

orangeloop

orangeloopの感想・評価

4.0
1942年 超極秘作戦
日本にとっては死神 B25ミッチェル爆撃機
1941年12月の真珠湾攻撃後
アメリカにとっても決死の任務
超低空飛行で滑空する爆撃機の編隊はすごい!
ほんとに地上すれすれです
ベイブリッジの下を通るときなんかは…‼‼

巨大空母の中で迷っているのに知ったかしたり
夜霧の中 飛行甲板に集まって話す兵士の空気がいい
「前夜」という静かさがある

空母ホーネットから発艦するB25
一機また一機と飛び立っていく
どうしてなのかこのたぐいのシーンは
死ぬほど好きで毎度なんか感動します…
海のしぶき・エンジン音に内臓がぐーっってなる
しかもこんな発艦シーンが長いのは
観たことなかった!

ドゥーリトル中佐を先頭に空爆部隊は
海上を滑るように超低空飛行で東京上空に近づき
日本本土は集中爆撃を浴びせられた

憎んでもない相手に向かって焼夷弾を落とす
疑問に思いながらも進んでいる
それが戦争
でも爆撃機はカッコイイなぁ…
lemmon

lemmonの感想・評価

3.4
題材がどうしても複雑な気持ちにはなるけど、とっても良い作品だった😔。

1944年公開の戦争映画。
米国も苦しかったであろうが、市民や兵士を鼓舞する、励ますための心温まる映画になっている。
時代背景を取り入れる速さは本作に限らずほんと感服する。

前半の若い兵士たちが集う場面は、軽やかに演出されている。本作で敵国日本は描かれていないが、無理矢理徴兵されていく感の強い日本に対して、志しが自ずから生まれてきているようで、なんかこの明るさ(無理に前向きなのかもしれないが)からしても、日本は勝てなかったのであろうと思わせられる。
事実はどうか?はわからないが。。。

後半は中国人との心温まるエピソードと、戦争が生む悲劇に、主人公と恋人のドラマと、長尺だがまったく飽きずに観れた。

ヴァンジョンソン、初めて魅力的に思ったなあ!
前年に大事故で頭部の手術をしているので、その痛々しい傷跡も曝け出していて、本作の主人公とも重なりジンワリきてしまった。

ヒロインの造られた感は怖かったなあ。
アンドロイドか!と突っ込みたくなった。
人間味ゼロ😰。目が笑ってない😅🙄。


スコア難しいなあ。
物語の構成もよかった。
若手有望俳優たちの競演も心躍る。
ミッチャム、顔と体のバランスがおかしい🤣。
スペンサートレイシーの協力出演もプラス。

本作の意図はしっかり感じられた。
lippylion

lippylionの感想・評価

3.2
ドゥーリトル空襲を題材にした映画
時代的に戦争プロパガンダでありながらも、兵士個人の敵国に対する想いを語るシーンには作者の品を感じた
日本なら強制的に徴兵されるところ
アメリカは実行直前まで志願兵を募る
違いを目の当たりにした
mh

mhの感想・評価

5.0
「なぜそんなに美しい?」
「こんなステキな男を射止めるためよ」

トランボが書いたプロパガンダ映画。
謎のミッションに借り出される新婚の軍人さん。覚悟して臨むとそれが日本に対する初めての空襲で、その前後譚。
爆撃機(B25)の内部、爆撃機を空母へ搭載する作業(前輪に牽引するための器具取り付け含む)、空母から離陸する爆撃機、500ポンド爆弾と収束焼夷弾の投下。などなど、見たことないシーンが目白押しで、ものすごい眼福。
「ドーリットル空襲」でググるとわかるんだけど、7番機の行動をかなり正確にトレースしてるみたい。機長がそのまま実名で主人公。
アメリカ陸軍とアメリカ海軍の微笑ましい共同作業だったり、蓄音機は乗せたんだけどレコードを乗せ忘れちまったからこれ頼むわとか日本じゃ絶対やってないことやってたり、日本人は好きでもないが嫌いでもないと正直な胸の内を語らせることに時間省いたり、機内から一斗缶で燃料補給とか細部もいい。ほか、東京にある防空気球の位置を、アメリカの潜水艦が監視しているという描写があった。
「帰るたびに匂いが良くなる」
というセリフにぐっときた。
「郷里の匂いがわかるようになり、それがいいものだと思うようになった」という意味。このあたりさすトラ。
平和の象徴みたいな舌足らずのヒロインが中毒性高くて良かった。少し足りないけど、まじでいい娘みたいなキャラ造形。
椅子から落ちる再会シーンは見事だった。
邦画でも「陸軍」みたいなプロパガンダ映画の傑作があるけど、これもすごい。傑作とされてる「ミニヴァー夫人」よりもこっちのほうが好み。
1944年当時の作品。つまり、
バリバリのアレですね。☆

1942年ドーリットル空襲。
アメリカ陸軍の爆撃機を、海軍の
空母に載せ、東京を空襲後、
そのまま中国本土へ渡って帰還、
という作戦。

空母を発進して日本本土に
着いたB-25を、海岸線で
フジヤマがお出迎え。

東京に見えない東京市街を、
超低空飛行で爆撃開始。
特撮はチカラが入ってるけど、
描写としては実にアッサリ。

この空襲で犠牲となった
罪無き東京市民の事には
もちろん一切触れておらず。

アメリカと中国がガッチリ
手を組み、称え合います。

不時着で負傷したアメリカ兵を
懸命に看病した中国医師。
「このお礼は必ず…!」
「もう頂いております。日本を
爆撃してくれました!」

中国の子供達が集まり、
アメリカ国家を合唱。
涙を滲ませながら聴き入る
アメリカ兵。

…その他諸々、我々をう~むと
唸らせてくれる描写が盛り沢山。☆

この頃はもう戦勝ムードだった
ためか、全体として殺伐とした
緊張感は薄めで、アメリカ兵の
人間ドラマがメイン。
余裕が感じられます。

同題材の『パール・ハーバー』も
観てみる必要がありそうだね。
犬

犬の感想・評価

3.4
中国

太平洋戦争中、日本初空襲を試みたB25爆撃隊の行動を描いた戦争アクション

楽しそうですね

離陸のシーン
アクションがなかなか良かった

青年たち
結構リアルでした

行くまでが長い
訓練などの様子が細かに描かれていた

戦意高揚もあり
タイトルの意味はなんとなく

日本も少し登場

俳優陣が豪華でした
temmacho

temmachoの感想・評価

3.0
…なぜ君はそんなに美しい?
…素敵な貴方を射止めるためよ!
だってさww


戦時中に作られた戦争映画。
アメリカ余裕だな!
時代が時代なので中国人がやたら良く描かれてる。もちろん爆撃で民間人が死んだりは映ってない。綺麗に工場だけ吹き飛ぶ。日本の街並みがなかなか笑える

でも 別に日本人が憎いわけじゃない みたいなシーンあるのは良かった。戦時中に凄いなと思った。
そら勝たれへんわ