大日本帝国の作品情報・感想・評価・動画配信

「大日本帝国」に投稿された感想・評価

デニロ

デニロの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

1982年公開の題名が凄まじいお盆映画。脚本笠原和夫。特技監督中野昭慶 。監督舛田利雄。

公開時のお盆に観た。お盆休みなどない会社だったが、仕入先、得意先は製造業で休業していたから仕事なんてあるはずもなくという理由で同僚と毎年映画を観ていた。そんな中の一本。エンドロールで五木ひろしの歌う主題歌「契り」が流れるや否や席を立った覚えがある。映画が面白くなかったのと五木ひろしの歌が好きでないからだと思う。

39年振り、そんなに昔なのか、に観たのだが映画そのものは何やら細切れのエピソードの羅列で情感も感じないのだが、笠原和夫の言う昭和天皇の戦争責任は全面展開している。主題歌「契り」の作詞者阿久悠と笠原和夫の思いが同じものかどうかは知らぬが、/あなたは誰と契りますか 永遠の心を結びますか/という「契り」の冒頭の歌詞と、篠田三郎の戦犯としての処刑の際の最後の叫びは折り重なってわたしに伝わった。

篠田三郎は、権力に引きずり込まれるよりは、と言いながら志願して海軍航空隊に入隊する。そして、「僕は死ぬときに絶対に天皇陛下万歳とは言わない。君の名を呼ぶ」と恋人夏目雅子に告げて戦地に赴いたはずだ。フィリピンで神風特別攻撃隊として出撃、米軍の進撃でジャングルを彷徨う。その過程で知り合った西郷輝彦という人物がとてつもない教条主義者で、天皇を守るためなら何でもする。海上を漂う敵兵に機銃掃射、協力者のフィリピン人を騙し討ち、何も知らぬフィリピン娘をも銃殺もはや鬼畜の如き人物。捕虜収容所で彼は篠田三郎に訴える。/大元帥陛下が我々を見殺しにされるはずがない。我々は天皇陛下の御盾になれと命じられて戦ってきた。そう命じられた天皇陛下はたとえお一人になられても、必ずわたしらを助けにきて下さる筈だ、云々。/

篠田三郎は自ら赴いた戦場で何一つできない自身の無力を知る。もはや何のために戦場に赴いたのかもわからなくなってしまう。あまりにも多くの無秩序、無念の死を見た。軍事裁判で有罪となり処刑される彼が最後に叫んだのは/天皇陛下、お先に参ります。天皇陛下万歳/。

丹波哲郎の東條英機が丹波哲郎で鬱陶しい。三浦友和と夏目雅子がなんとも美しい。

東映創立70周年“エンターテインメント・アーカイブ”特集上映・2021夏より
1852

1852の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

自分を守ることしかできなかったよなぁ
人を守れる時代になってよかったなぁ本当に
ada

adaの感想・評価

5.0
戦争の中に生きた人々の様々な複雑な感情が、各々の登場人物に反映されている。今私たちが享受している平和や幸福は、先人たちが命がけでこの国を守ってくれた上に成り立っている。それを決して忘れてはならない、そう思わせてくれる映画だった。夏目雅子と高橋恵子美しや。
Jimmy

Jimmyの感想・評価

2.5
日本初公開時(1982年9月9日)、高田馬場東映で鑑賞。

東映の超大作。
夏目雅子出演だったので、封切りの映画館に観に行った。
しかし、夏目雅子は出演者多数の中の一人であった。

主演の丹波哲郎というのは70年代日本映画大作っぽい。
しかし、上映時間3時間は長過ぎ。

関根恵子のシーンで流れた五木ひろしの大演歌のアンマッチ感が、良い印象ではなくて逆に印象的であった。
丹波哲郎が東條英機をやるのはいささか無理を感じるけど、最終盤の演出を見せるためには丹波哲郎級の存在感が必要だったのかなぁ…。
二百三高地と同様、舛田利雄×笠原和夫のコンビなので首脳陣の悩み苦しみより下級兵士の悲壮にほぼ全ふりされてるので、東宝の8.15シリーズと同じ感覚で見ると戸惑うかもしれない。
二百三高地と同様、あおい輝彦が本作でも主役級の扱いなのだが、ただでさえ顔の形と名前が西郷輝彦に似てて紛らわしいのに、本作では共演までしていて余計にややこしい。
対米開戦に消極的だった近衛内閣の退陣に伴い東條内閣が誕生。周囲の反対を押し切って対米開戦に踏み切るも、圧倒的な戦力の差により敗戦を迎える迄を描く。今は亡き丹波哲郎や夏目雅子らの熱演が光る。日本軍がアジアの解放を掲げて進出するも、軍の保身で現地人を殺害。邦人保護すら行わない日本軍の非道さと残忍さがよく描かれている。軍の蛮行に直面し、上官の命令に抵抗できずに揺れ動く心ある兵士の心情がむなしい。指導者の政治的思惑と判断ミスが国家破綻へと結びつく怖さ。コロナ下でリーダーの判断ミスで感染者が急増。入院も出来ずに在宅で放置される感染者は、かつての日本軍に切り捨てられた人々と重なって見える。76回目の終戦記念日を迎え改めてリーダーの適格性を考えたい。
オールスター超大作戦争巨篇。東映らしい要素満載だが、決して戦争美化作品ではない。戦争責任や戦争犯罪について脚本家の並々ならない怨念が滲む。終盤の天皇陛下万歳!のセリフに込められたものとは?その真意を読む3時間。見応えあり。
jiyo

jiyoの感想・評価

3.4
地図とかも使いながら説明してくれていて、過程が凄くわかりやすかった。3時間と長編だが中弛みもなかった。
途中、天皇を戦場に行くのか?のセリフにかなりひやっとした。調べてみるとかなり意図があって、プラス最後の磔のシーンも、天皇お先に逝きますにも意図があり、監督、脚本家凄って思った。戦争に対してかなりなぜ?なんのために?こんなこと。など否定的なセリフというか、疑問を抱くセリフ。突撃に対して意を唱えるシーンも多くあり、結構社会的な映画だと感じた。

それぞれがいつでも死ぬ覚悟ができている目力、必死さ。昔の人のジタバタしない、無駄な動きのない芝居。良かった。
出征する人、それを見送る人、それぞれの感情が非常にリアルに描写されている
20.11

戦争ものと言えば舛田利雄監督。
なによりもテーマを問わずのスケールの大きい作品が醍醐味です。

アニメ「宇宙戦艦ヤマト」や「二百三高地」、そして人間の虚しさ、呆気なさ、無常さが見て取れます。

しかしながら今作3時間に及ぶものの舞台は南方戦線のみであり当時の映像とナレーションを駆使しながら何とか詰め込んだ印象があります。
やはり戦争をテーマにすると局所的な場所、テーマ、人物にしないとどうやっても収まりきらないと思います。
それ程までに戦争というものは…。

丹波哲郎の安定感に、あおい輝彦の不器用ながら真っ直ぐなキャラクター、三浦友和の頼れる上司役。安心して見れる配役に見せ場もしっかり作りつつの佳作です。
特に中隊長こと三浦友和の殉死、素晴らしいです。
>|

あなたにおすすめの記事