ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド 最終版の作品情報・感想・評価

「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド 最終版」に投稿された感想・評価

監督 : ジョージ・A・ロメロ、脚本 : ジョン・A・ルッソによるホラー映画史上の最大発明と言っていい作品。

53年前の作品であるため、白黒映像、カメラアングル、演出、BGM、が1960年代…
冒頭、カメラ固定の遠目から一台の車(1968年型、ポンティアック・ルマン、たぶん白色)が田舎道を走る。少しずつカメラの方に近づいてくる。
今ならカットが入り車内映像、運転手目線映像、車輪が回転映像、などなどアイキャッチがあるがそれは無い。皆無。
ドラキュラ、フランケンシュタイン、狼男、半魚人でよく聞く「レトロな恐怖を煽る音楽」。おどろおどろしい…
場所が変わるもカメラ固定の遠目から一台の車が田舎道を走る構図は同じ。
スタッフロール、少しずつカメラの方に近づいてくる車。
メイン道路から右折し奥に入って行く。
墓地案内の看板が目に入る。
目的地の墓地に到着するバーバラ(妹)とジョニー(兄)。
車内の会話にカメラが切り替わる。
ドア硝子をレギュレーターハンドルを手動で回して上げるバーバラ。
車内から出る間際に嫌な予感を匂わすラジオのニュースが流れる。
父の墓参り最中文句ばかりのジョニー。
遠くで雷の音が雲行きが怪しくなる。
ジョニーがバーバラを怖がらせからかう。
ここで遠くにチラリと怪しい男が映り込む。
怪しい男は近付いて来てバーバラの前を遮り襲いかかる。
ジョニーがバーバラを助けに割って入る。
ジョニーは怪しい男に押し倒され墓石に頭を激しく打ち死亡。
逃げるバーバラ。
転んでハイヒールを失う。
車に逃げ込むも…カメラがキーシリンダーにアップ…鍵が無い…慌ててドアロックに手を伸ばす。
右のドアをロック、左のドアをロックした瞬間、怪しい男が間近に…ドア硝子を石で割る怪しい男…
初期のゾンビは道具を使うし早歩きでイカれた人間の印象が高い。
バーバラはステアリング左横のサイドブレーキを手前に引いて解除。
坂を徐々に下って行き怪しい男を引き剥がす。
途中木に激突する車。
車を捨てて逃げるバーバラ。
怪しい男が後ろを追ってくる。
ポッンと一軒家を発見。
玄関は鍵が掛かっている。
裏口から家内に逃げ込むバーバラ。

約10分、実に良い。

出来ればゾンビと言うカテゴリーが無い1968年に見たかった…生まれてないけどね…

怪しい男が電話線切ったり、一軒家に新たに黒人青年のベンが逃げ込んで来たり、地下室には若いカップルのトムとジュディ、クーパー夫妻と大怪我を負った娘が潜んでいたり、周囲をゾンビの群れに取り囲まれていたり、ヒステリックで立ち尽くすだけの弱バーバラだったり、ドアや窓を塞ぎゾンビの侵入を防ぐベン、救助が来るまで地下室に籠ることにこだわるハリー・クーパー、ベンとハリーの対立だったり、テレビで知った最寄りの避難所への脱出でガス欠のトラックに給油中漏れたガソリンに引火してトラック爆発炎上トムとジュディ焼死したり、大量のゾンビが一軒家になだれ込んだり、クーパー夫妻の大怪我を負った娘カレン・クーパーがゾンビになったり、クーパー夫婦がゾンビの娘に殺されたり、ゾンビになったジョニーにバーバラがゾンビの大群の中に引きずり込まれたり、最後まで生き延びたベンが最後に✕✕になったり、沢山集まった警察と自警団のゾンビ大量殺害だったりと、感情のある人間が一番狂気的というエンドロール…

トラブルや災難、ゾンビに対してのマニュアル、後人に擦り上げられた名場面に次ぐ名場面は尽きない…そのため見てて飽きない。

だが1960年代、53年前の作品であるため今のゾンビになれている人にはイマイチだと…

当たり前!

あえてそれが良い!

わたしは一向にかまわんッッ!

余談ですが、

「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」

「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド 最終盤」

大まかな違いは、
約0分〜6分、工場らしき場所から棺桶を運び出す葬儀屋の男二人。警備員と雑談後トラックに棺桶を乗せ走り出す。墓地に辿り着きヒックス牧師の御祈りの後に埋める準備を始める葬儀屋。生き返る怪しい男ゾンビ。葬儀屋はトラックに慌てて飛び乗り逃げる。
約45分〜47分、街中のシーンで木に突っ込んだ車、左手を失った看護婦ゾンビが車の運転手を貪り食らう。それを奪う大量のゾンビ。
約57〜58分、街中のシーンに登場したゾンビが一軒家に押し寄せる。
約99分〜101分、テレビ局リポーターの女性とカメラマンとヒックス牧師。沢山集まった警察と自警団のゾンビ大量殺害の実況中継。ヒックス牧師の前に冒頭の怪しい男ゾンビが接近しヒックス牧師をかじる。スコップで攻撃する自警団。最後は怪しい男ゾンビを銃で射殺。
約105分〜110分、白い車が建物の前に止まる車内からテレビ局リポーターの女性が降りてくる。犬を膝の上に起きインタビューを受けるヒックス牧師。

画質が違う追加映像にテイストが明らかに違うBGMが追加。

世界観の拡張とゾンビの発生源、狂気的な人間の描写映像を追加したかったのだろう、ジョージ・A・ロメロ監督が正規版に何故描かなかったのかは、敢えて作品を見ているこちら側に委ねたのだと解釈している。

最終版は描くことにより正規版の世界観を壊してしまった…
実に皮肉な話である。

因みに「最終版」にはジョージ・A・ロメロ監督は関与してません。

①鑑賞年齢20代(社会人)
②心に余裕鑑賞なし
③思い出補正あり
④記憶明確
nezumikunn

nezumikunnの感想・評価

3.7
結構面白かった。ゾンビってより普通にゾンビが人って印象スーパーマーケットの方のゾンビの方が迫力があるかも、ゾンビどうのってより家に籠城して主人公達の内ゲバが印象的かも、ほとんどの人が使い物にならない上癖のある人が多い、正直序盤は退屈で眠くなったが、クライマックスに大量のゾンビがそんな広くもない家に大量になだれ込んで来るのは迫力がある、一番不気味だったのはスキンヘッドの神父かも、、
AQUA

AQUAの感想・評価

3.6
故ジョージ・A・ロメロ監督の「アミューズメント・パーク」映画化を記念して最終版を鑑賞、冒頭とエンディングを追加しているが設定破壊でしかなかった。

ロメロ監督の今作に出てくるゾンビは宇宙の小惑星の爆発による放射線を浴びた死体が生き返ったように人を襲うというゾンビの形を作った作品だけれども、唯一の弱点である頭の破壊以外にも次作の「ゾンビ」とは違う点が多々あると思う、
まず追加されたエピソードは最初にバーバラに襲いかかるゾンビの過去の経歴が実は少女を襲って捕まった死刑囚だったという事。

この死刑囚だった点はいいとしても首吊りではなく電気椅子の処刑という事に違和感を抱いた、というのもそもそも脳を破壊されたら機能停止のはず、ゾンビとして蘇る以前に電気により脳が破壊されているんじゃないの?っていう点(劇中でも脳はカラカラの話も推測だけれどもしている)、あとほかのゾンビ映画と違う点として理性がある、動物としての本能といえばそれまでだけど火を怖がるシーンがある(また火を避けて歩くシーンも)、
3つ目には武器の使用があげられる、石を使ったりして窓を割るは譲っても少女が尖ったスコップで母親を殺すのはゾンビの固定観念があるだけに違和感を覚えた。

昔観た時には肉親を襲う恐怖とどうなるのか展開が気になったのと銃で一掃されるゾンビの姿をみて実は人間の方が怖いんだというメッセージ性、カニバリズムと色々評価する点が高い作品だとは思ってたけど、
3つの違和感により今作は原点だけれども3部作としては成立は難しいかなって思いました。

ただ当時この設定を築いたという功績は素晴らしいし多くの監督へ影響を与えているとやっぱり思いますね。

映画.com参照
甦った死者たちが生者を襲撃。襲われた者もやがてゾンビと化していく! ジョージ・A・ロメロ監督の代表作であり、恐怖の代名詞となったゾンビ(リビングデッド)・シリーズ第1弾のリニューアル・バージョン。脚本を担当したジョン・A ・ルッソの演出による新たな導入部と神父の姿を描いたエピローグが追加・再編集された。

ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド 最終版
Night of the Living Dead: 30th Anniversary Edition
1999/アメリカ
◎ クラシック!!他に言葉が見つからない笑 夜中に見て圧倒された。
30周年記念で作られた“最終版”。
最初と最後に追加シーンがあるけど、ない方が良かったような。
オリジナル版と最終版のどっちを見るか迷ってる方には、オリジナル版の方をオススメします。
ゾンビ見始めた一回生の頃とりあえずロメロを観ねばなと思い借りた 。「最終版」なんてついてるからこれでいいかと思い借りたが、ラスト急に神父が出てきて自慢話始めるのはなんやねんこれと感じた 鑑賞後に調べるとファンの間では有名な蛇足な最終版らしい
 ゾンビ映画の歴史的名作…なのだが、ロメロ監督がかかわっておらずつまらない追加撮影が行われている。まあそれでも内容はめちゃくちゃ怖い。地下室での惨劇など圧倒される。
mia

miaの感想・評価

3.7

🗣️ 借りたものが30周年ver.だと知らなかった、、モノクロは観たこと無かったなぁ、。

✔️ ロメロのゾンビってちゃんと人肉(臓器)食べるイメージがある。

✔️ 弱点が今世に伝わってきてる事がよく分かる作品。

✔️ 知能があって物を使用して突入してくるのは、最近のゾンビものでも影響している。

🗣️ 最後の終わり方はやるせないなぁ、、、。
劇場未公開作品なのにクオリティ高い
ゾンビ映画です。
ロメロの自主制作映画です。
バタリアン鑑賞の流れでゾンビ映画の元祖
のこちらの作品を。
30周年記念バージョンを鑑賞。

導入部分でいきなり何のフリもなく棺桶から死体が動きだし襲い始めるのにめちゃくちゃ引っかかりハァ?となる。(コレは改悪の付け足しと後で色々なレビューをみて解る。うわー!コレなきゃゾンビ蔓延の理由までドキドキしながら説明待てたのに残念😩ラスト神父の演説も完全に蛇足やん🥶)
オリジナル初見で見てれば全然評価違ってたなあ😩予備知識無しが裏めった。

20/2021
>|

あなたにおすすめの記事