ブラック・アズ・ナイトの作品情報・感想・評価・動画配信

『ブラック・アズ・ナイト』に投稿された感想・評価

X

Xの感想・評価

2.3

このレビューはネタバレを含みます


奴隷にされた黒人ボスがヴァンパイアに噛まれ、そこから約200年くらい生き続け、仲間を増やしていったが、ショーナの復讐によって滅びる。

ショーナ、噛まれたのになぜヴァンパイアにならず、ペドロはなったのだろうか、?

小説の通り、一旦死んでからヴァンパイアになるってことかな?
masaya

masayaの感想・評価

3.1
【 Amazon×ブラムハウス ⑦/8 】
Amazonとブラムハウスがタッグを組んで製作された8作品を観ていこうシリーズ!の7作品目。
『悪魔のビンゴカード』で心が折れかけたけど、最後まで頑張りますwww

『Welcome to the BLUMHOUSE』
と呼ばれるこのオムニバスホラーシリーズ、テーマは"家族と愛"。

原題は『Black as Night』

母を殺された黒人女子高生が仲間と共にヴァンパイアに復讐する。
まず復讐なんて息巻いてるけど、お母さんは噛まれてヴァンパイアにはなったけど、直接的に殺したのは主人公でしょうよ…
その辺のシナリオからしてとんちんかん。

奥手な黒人の女子高生の主人公
親友でゲイのメキシコ系男子
片想いのイケメン黒人男子
吸血鬼オタクなムッチムチのエロい白人女子
キャラは立っているが、関係性の描き方が不自然だし弱い。

ブラックアズナイトするのはいいんだけど、ホントに暗いし何も見えない。
何が起こっているのかさっぱり分からないw
チープさを暗さで誤魔化すのはヤメないかwww
ヴァンパイアは死ぬと煙になるのだが、ドタバタが終わってみんな外に飛び出してきたら、すすだらけの埃だらけのドリフのコント🤣🤣
(どうせなら髪の毛もチリチリにしろw)

ヴァンパイアものが好きなのでそれなりに楽しめたけど、童心に返って優しい気持ちで観る作品。
要は子ども向け。
①ブラックボックス 3.8
②ノクターン 3.7
③イーブルアイ 3.6
④呪われた老人の館 3.5
⑤ブラックアズナイト 3.1
⑥マードレス 3.0
⑦悪魔のビンゴカード 1.8
たすく

たすくの感想・評価

3.2
映画で何を言おうがまったくもって勝手ですがさすがになめないでいただきたいぜ
tamala

tamalaの感想・評価

3.2
アマプラ開いたら出てきたので、なんとなく見てみたんだけど、私はわりと悪くないかなって前半は退屈だったけど、後半は考えてるじゃん、って思って楽しめました。ヴァンパイアモノもなんだかんだで好きなので、甘く見ちゃいます。
黒人はメラニンが強いから、日光に強くなるっていうくだりが好き。
toolbox

toolboxの感想・評価

2.0
ヴァンパイアに母親を殺された女の子が友達と一緒にヴァンパイアに復讐する話。 

友達同士にあまり結束力もなく、ヴァンパイアもあまり強くもないので全く盛り上がらない。

このレビューはネタバレを含みます

2022年344本目
【あらすじ】
母親をヴァンパイアに殺された少女が親友の男と子と好きな男と復讐する。

【感想】
人種問題も入れた話でユニークだけど、白人だけではなく黒人も襲っちゃうの?と思った。
ARLES

ARLESの感想・評価

2.4
amazon original×ブラムハウス映画の制作欄が【Blumhouse Television】になっている事に気づく(たまたま?)、今回2個目だけど今回もまた微妙、、

【Blumhouse Television】はブラムハウスの中でも2軍か3軍なのかなと、。

■感想■
主人公が典型的なアフリカ系女子のイメージのキャラクターで【自分自分】な性格、おまけにモノローグだらけなのもそれを助長してる、。

バンパイア→白人→紫外線に弱い

じゃあ黒人は?的な会話から盛り上がって勢いで作った映画、みたいな感じ。
Amazon✕ブラムハウス。『Welcome to the BLUMHOUSE』(3/8)
久しぶりに、にんにく大活躍の、吸血鬼映画でした。後半ずっと暗い。ラスト1秒が一番面白かったです。バフィーや、グースバンプスみたいなノリ。
けい湖

けい湖の感想・評価

3.8
黒人の少女が街を牛耳るヴァンパイアと闘うティーンムービー。Filmarks評価は低いけど私はとても好きです!!

アクションやCGがとてもチープなんだけどもそれが90年代の学園ホラーっぽくて味わいがある。『バッフィ ザ・バンパイア・キラー』となんというかバイブスが近くて良くも悪くもこのくらいのレベルの映画。確かに上手くないけど憎めない、という。かわいいやつ。

「なんでもかんでも黒人文化に結びつけて」「ポリコレ〜」という感想も多いけど、ティーンホラーは彼らの恐怖が具現化されたものなのでどれだけこじつけるか、が肝なわけで。まぁそんなもんだろ、今までもこれからも、という感想なのでこういうのどんどんもっとやってほしい。
あの時代のホラーを黒人ティーンの身の回りにある「恐怖」に置き換えて作ったらこんな感じだよね。

一つの自然災害であるハリケーン・カトリーナによる被害が貧困層の人生にどれだけ長い間影響を与えているのか、というシリアスな話をヴァンパイアを絡めて寓話的でポップにしている所がとても好き。団地とそれをめぐる都市伝説的な存在、というところでは『キャンディマン』も思わせるし、『ブレイド』や『クィーン・オブ・ザ・ヴァンパイア』なんかの黒人ホラージャンルへの目配せもあるように思う。

去年の今頃、黒人ホラーがたくさん公開されてたあの時期に配信された作品と聞いてとても納得できる。黒人の歴史をモチーフにしつつとても馬鹿馬鹿しいし、何より私の大好きなバフィーに目配せしてて偉い。(とはいえ、ドラマ版のバフィーがやってる事と比べると全然レベル違いです。作り手の技術レベル、ジャンルへの愛情など全てにおいて。)

社会運動のダークサイドに触れてるのも私は自省的でいいと思う。やろうとしてる事が正しくてもやり方が汚ければそれは正しい道じゃない、という目線はどんな社会運動でもその中にいる人が自分達に厳しい視線を持っていないと行けないと思うので。
NF

NFの感想・評価

2.5
ティーンを主役にしたヴァンパイア映画。
新しい設定や描かれ方もあるが、全体的にあまり盛り上がらなかった印象。アクションもホラーも中途半端でヴァンパイアが弱い。
黒人白人ゲイのキャストや人種問題の盛り込み方もジョーダンピールを表面上だけ真似したみたいで薄い。

あなたにおすすめの記事