相棒 season 18のドラマ情報・感想・評価・動画配信

「相棒 season 18」に投稿された感想・評価

つい

ついの感想・評価

4.3
0
安定の面白さ。さすが国民的人気のミステリーサスペンス刑事ドラマ。
今シーズンは警視庁とか政府関係者の話はやや控えめだったかな。
それでもキャラの新たな一面をみせたり、新キャラも地道に地位を固めつつあるシーズンで、面白い点は沢山ありました。
それよりもなによりも、どうなるかと思って心配してた花の里に変わる小料理屋が出来たのは本当に嬉しい。

1話2話「アレスの進撃」
右京さんがドラッグでラリってしまうという衝撃のスタート。ターミネーターみたいな船越英一郎さんをみれたり、ある程度話の予想はできたものの、それでも細かい伏線回収もされる良い回。

9話10話「檻の中」
1話目はそんなでもなかったんですけど、2話目からの展開がかなり見事で、いろんな伏線が繋がっていくのが凄かったなー。意外な再登場キャラが出てくるのも良かった

10話「杉下右京の秘密」
好きな回。2つの出来事が1つの事件に結びついてく感じが好きだったなー。金塊密輸、DV被害、いろんな要素が盛り込んであるのもイイ感じ。

11話「ブラックアウト」
特番回。裏の裏、そのまた裏。二転三転する脚本がとにかく面白かった。演出で気になる点はあったけど、ゴルフ場を舞台にしてたり、崩落事故や上級国民など、いままでの相棒ではあまりなかったモチーフがあったりするのも良かった。

14話15話「最善の彼岸」
南井が再び登場。特命係が珍しく読み間違えて、死者を出してしまう回。どんな優れた人でも、老いや病気でいずれは死に至る。思えばこのシーズン通してのテーマを表した回だったのかもしれない。

16話「けむり」
いつもの陣川くんが戻ってきてくれたような回。2課で上手く仕事で来てるのかどうかが心配。でも良い話でした。

17話「いびつな真珠の女」
このシーズン一番好きな回。西田尚美さんが再登場するだけでもゾクゾクするのに、まさかのもう一人再登場。「一度見た顔を忘れない女」と「顔を覚えられない女」がまさかの共演。
冠城くんがいいように振り回されるし、間接的に右京さんと遠峯がバチバチ頭脳バトルを展開させて、謎を追っていく感じもかなり見応えありました。

20話「ディープフェイク・エクスペリメント」
今シーズン度々登場してたあの人が死亡してしまった回。ディープフェイクの登場で、動画自体の証拠能力に疑問が出てきたり、背後に潜む巨大な組織だったり、見どころは多い。
ただ右京さんの推理能力に陰りが出てきてるといううわさが出て、それ絡みで花の里に変わる新小料理屋が遂に出来たりと、事件以外のサブな話しの方が面白かった回。
Ivy

Ivyの感想・評価

5.0
0
冠城くん杉下さんの相棒としても1人の特命係としてもほんとに好きでした何回も見返します🥲🥲🥲🥲🥲反町さんかっこよすぎる
相棒ずっと続いてほしい
寝れない

寝れないの感想・評価

3.0
0
少女、右京の目、いびつな真珠の女、突破口が好き
ブラックアウトのみ未鑑賞
じゃん

じゃんの感想・評価

3.8
0
初回と2回目のスペシャルは中々楽しめた。

北香那はやはり若手女優ではトップクラスに上手い。
アバランチの工場娘も最高だった。
もっと売れて欲しい女優。

しかし最後は木村佳乃と船越英一郎が持っていった。

木村佳乃はアバランチでは流石に美貌に衰えが見られたが、この頃はまだ充分美しい。髪型にもよるかな。

アレスの説明はもっとしっかりして欲しかった。


3話の偽子連れストックホルム症候群は泣かせた。
この手のものはやはり女性脚本家が多い。
三浦誠己も良かったが、子役の大島美優が上手かった!将来有望かな。


5話の佐藤江梨子ははじめわからなかった。スタイルの良さが全く見えなかった。

6話の佐藤寛子は久しぶりに見た。
清掃の江波和江役の山本道子はおばさん役が上手い。
盲目の子役の土屋希乃は可愛かった。


正月スペシャルは、オリエント急行もの。


伊武雅人は異常にカッコよく良かった。


陣川さんのて、毎年やってるの?
うざいキャラなのであまり好きでは無い。


最終回はディープフェイク
annoopy

annoopyの感想・評価

-
0
相棒20がスタートされたので、19、18と遡って鑑賞。このまま結局全て観てしまいそう、、!
あ

あの感想・評価

-
0
高校受験直前は部活がなかったため帰宅後、少し視聴。
顔が覚えられない人がキッチンカーやるやつだけは見た。(目撃しない女)
season19開始したけどその前の最後の方を慌てて消化。

1話完結は連続視聴には向いてないね。
伊武雅刀演じるロンドン時代の同僚の話とかもうちょっと盛り上げられたと思うし、過去の話に絡めた最終話の右京の推理力減退の話もふーんてレベルで終了するしで、そろそろ相棒交代でテコ入れしなきゃいけないんではないかと。

冠城好きだけどね。
20年続くシリーズ、今回初視聴。これは毎週連続で観るには飽きてくるパターンかも。しかも2クール20話。どこかで観たような既視感。まあ長く続くシリーズというのはこういうもの、往年の時代劇しかり。
たまに観るには楽しいとは思う。時間潰しに丁度いい。
まーくん

まーくんの感想・評価

3.0
0
全話リアタイ視聴。初回、2話は北海道ロケでいつもと違い新鮮味を感じたが、このシーズンは右京が結構振り回されてトラップに引っかかって負傷したり災難が多かったように思う。前シーズンからの伏線も回収されて良かったが、やはり花の里タイムがなかったのは寂しかった。その分個性的な回が増えていたシーズンであった。
daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

4.3
0
ドラマ誕生から20年目を迎え、テレビ朝日は開局60周年――。この2つの大きな節目にふさわしく、『season18』は『相棒』ドラマシリーズ史上最大規模といっても過言ではない、圧倒的スケールで新シーズンの幕を開けます。
また『相棒』シリーズの魅力、右京と亘の絶妙なコントラスト、 そしてクセの強い強者たちが繰り広げる濃密な人間ドラマ。
それぞれの思惑と陰謀が絡み合う中、特命係はどんな事件に遭遇し、どのように謎を解いていくのか…!?
過重労働を取り締まる厚生省の職員が殺害された事件の真相に見える技能実習生の闇「声なき声」、右京が失明の危機に「右京の眼」、アポ電強盗と婚活パーティー「ご縁」、ロンドンでの相棒で最強の敵南井との最終対決「善悪の彼岸」、容貌失認のメイさんがブラックパールの女が仕掛ける死のゲームに巻き込まれる「いびつな真珠の女」など、社会派サスペンスエピソードや人気キャラが登場する名作エピソードがある一方、最終回のようにネタ回があったり、当たり外れが激しいシーズンだった。

あなたにおすすめの記事