相棒 Season 4のドラマ情報・感想・評価・動画配信

「相棒 Season 4」に投稿された感想・評価

Junpei

Junpeiの感想・評価

5.0
0
亀山君が相棒復活という事で観てないエピソードを一気観。亀山君の安定感もさる事ながら、やはり脚本が凄い。新シーズンはこの脚本力を示せるだろうか。
れじーな

れじーなの感想・評価

3.0
0
まだ日本の景気が良かった頃。他の国よりも豊かで、出稼ぎに外国人が来てて、大きな顔をしていた頃。
hayatomamu

hayatomamuの感想・評価

3.0
0
2022年2作目
特命係の亀山って言うのはもう飽きてきました。右京さんも、もはやムカつくレベルで細かすぎることを気になりすぎて、僕の悪い癖では済まないというか、もう犯人を応援している自分がいます。中村倫也とか高橋一生とか、最近の売れっ子が実は出ていたんだという驚きはよかった。
やまだ

やまだの感想・評価

3.8
0
改めてシーズン毎に見直してみるとよく分かる
シーズン4、犯人の個性がまじで強すぎる
印象に残る回がかなり多くて凄い

元旦スペシャルがあまりにも良い
ラストが良かった…
0

0の感想・評価

3.0
0


#4・5 (前後編)
勝手にやってろアホが
っていう事件
つい

ついの感想・評価

4.5
2
はー面白い、すっかり「相棒」に夢中です。右京、亀山のプライベートはあまり動きのないシーズンかと思ったら、最後の最後におめでとう!


それにしても相変わらず1話限りのゲスト俳優が豪華。
今は一線級の俳優さんたち「高橋一生さん」「中村倫也さん」「桐谷健太さん」の若い時が観れるのがよかったなー。

それに日本の名バイプレイヤーが軒並み出演されるのでそれだけでも見応えあります。
生瀬勝久さんのように犯人で死亡しても再登場というケースはありますけど、なかなかのレアケースでしたし、今も続く長寿ドラマなんで、この方々の多くがゆくゆく登場しないかと思うとそれだけが残念でならない。


冒頭からヤバイ。
1話「閣下の城」から津川雅彦さん長門裕之さんの共演がシビレますねー。この時期は兄弟共演が増えてたみたいですが、実際に二人の共演が観れてよかった。

4話「密やかな連続殺人」、高橋一生さん若い!!連続殺人の話しで登場するとドキドキしますねー。それに小日向文世さんに奥貫薫さんも出演でかなり豪華。
今まで犯罪の裏に隠された人間ドラマが熱かった「相棒」に、はじめて本格的な猟奇殺人な話しだったんで、なかなかゾクゾクする展開で見応えありました。

6話「殺人ヒーター」は無責任の連鎖を描いた大きい組織での隠蔽に迫ってて面白かったなー。この会社の面々凄い役者さんばかりでしたけど、後々再登場する重要な会社なのかな...。

7話「波紋」、中村倫也さんですか!これまた若い。右京レーダーが冴え渡り過ぎて怖い。中村倫也さん、再登場して欲しいなー。

8話「監禁」、亀山が佐藤江梨子さんと酒井敏也さんに監禁される話も良かったなー。旧日本帝国軍の秘密結社「刃桜の会」の隠し資産を巡るお話で、しっかりフリも効いててコミカルさもあってかなり面白かった。

12話「緑の殺意」の「未必の故意」をテーマにした話も面白かったなー。この事件どうすんねんって観ながらずっと思ってた。それに出演されてる七瀬なつみさん大好きなんですよねー。

13話「最後の着信」、桐谷健太さん!?出演したと思ったらすぐ死んじゃうし、...なんと勿体ない起用の仕方w。そして切ない話なんだよなー。

14話「アゲハ蝶」、希少な蝶の標本を巡る話なんでストーリー展開も面白いんですけど、板谷由夏さん河西健司さん飯田基祐さんが出演されてまして、何気に豪華メンツってのもありますが、なかなかに俳優さんの演技が凄かったなー

16話「天才の系譜」、右京の姪で原沙知絵さん演じる杉下花が登場。右京が右京と会話してるみたいで面白い構図でしたねー

19話「ついてない女」、鈴木杏樹さん出演回なんですが、たまたま右京さんと出会ってしまった犯人の不幸を描いた物語。右京レーダーがビンビンすぎて、話の展開が面白過ぎるんですよねー。

最終話「桜田門内の変」、戸田恵子さん、田中美里さん、小倉久寛さん、高橋和也さん、藤木孝さんをはじめ警視庁キャストがほぼ全員登場する豪華な回ですが、警視庁舎で2件の殺人事件が起こるんですけど、それぞれが繋がってそうで繋がってない面白い話だった。


このシーズン4は旬な女優さんの起用が目立ってた気がします。各話観ながら「この女優さん懐かしい!」と思う回がとても多かった。

「相棒」とは直接関係ないのですが、15年くらい前に一線級だった女優さんが、今ではテレビであまり見ないってのが、芸能界って本当に競争が激しいんだなって思ってしまいました。
男優さんは今でも他の作品で観る方も多いですが、女優さんは本当にテレビに出続けるって難しいんですね。
Gak

Gakの感想・評価

4.1
0
古沢良太回のみ

二話
心理学者の不倫のやつ
やっぱうますぎ



…薫ちゃんと美和子はどうなるのか

  婚姻届は出すのか出さないのか…

どうでもいいです



【犯人とは限らない、注目したい俳優】
1話 長門裕之(北條晴臣、元外務省条約局長、閣下、season1の12話に登場) 田中実(弁護士)
2話 石橋蓮司(教授) 前沢保美(管理人のちず役、演技が上手い)
3話 遠野凪子(芹沢の大学時代のゼミ仲間の婚約者)
4話・5話 山下容莉枝(妻) 小日向文世(夫、ウィンパティオール) 高橋一生(精神科医の助手) 山崎一(season 1の4・5話に登場) 奥貫薫(内田美咲、精神科医)
6話 嶋田久作 笹野高史(工場長) 峰岸徹(社長)
7話 中村友也(中村倫也) 山内勉(大屋で大家)
8話 佐藤江梨子(ホステス)
9話 特になし
10話 特になし
11話 葉月里緒奈(城崎、青葉銀行の銀行員)、斉藤洋介(城崎の上司)、竜雷太(哲弥の父親)、甲本雅裕(金持ちのボンボン)
12話 小林隆(レストランのシェフ)
13話 桐谷健太、渋川清彦(ヤクの仲買人)
14話 板谷由夏
15話 特になし
16話 原沙知絵(杉下花、右京とは縁戚で縁戚にもほどがある、ハーバード大卒) 不破万作(金田、町内会会長)
17話 羽場裕一(大臣の秘書) 松重豊(週刊誌の編集長)
18話 伊藤かずえ(節約に命)
19話 鈴木杏樹(後の花の里の2代目)
20話 でんでん(守衛役)
最終話 小倉久寛(轟木、捜査一課、結構能天気) 田中美里(韮崎、観察係)
戸田恵子(亀山薫の姉)
__________________

水谷豊♠︎杉下右京(警部)
寺脇康文♠︎亀山薫(特命係の亀山〜!、巡査部長、パソコンやり始めたよ)

鈴木砂羽♦️奥寺美和子(帝都新聞の記者)
高樹沙耶(益戸育江)♦️宮部たまき(小料理「花の里」女将)

鈴木杏樹♦️月本幸子(season4の18話で初登場)
戸田恵子♦️磯村茜(亀山薫の姉、season4の最終話)

川原和久♠︎伊丹憲一(捜査一課、巡査部長)
大谷信輔♠︎三浦信輔(捜査一課、伊丹と捜査している)
山中たかシ(山中崇史)♠︎芹沢慶二(捜査一課)
山西惇♠︎角田六郎(課長、暇か?よく右京と亀山に声をかけてくる)
片桐竜次♠︎内村警視長
小野了♠︎中園警視正(内村警視長の隣にいる)

六角精児♠︎米沢守(鑑識課)

神保悟志♠︎大河内春樹(警視庁警務部監察官)
岸部一徳♠︎小野寺公顕(警察庁官房室長)


津川雅彦♠︎瀬戸内米蔵(衆議院議員前法務大臣、season2の最終話、season3の1・2・最終話、season4の1話に登場)

__________________

📍1話 閣下の別荘での話 スコットランド王ロバート・ブルースの話が右京さんから出る
映画「ブレイブハート」ではウィリアム・ウォレス(メル・ギブソン)と共に戦った貴族
📍4話 米沢は高所恐怖症と判明
📍7話 右京さんによると一万円札の原価は20円
📍8話 倍返ししてやると言った亀山が倍返し出来なかった件 ミサエ(佐藤江梨子)がミザリー並みにヤバイ
刃桜の会はミステリー小説で遊び半分で書いたのが中学生 その人物がまさかの!
📍11話 亀山「よっタタミ」伊丹「伊丹!」
📍14話 実は亀山は虫に詳しく子供の頃虫博士と呼ばれていた 途中から登場した米沢は自分で虫博士と呼ばれていたと話す 亀山はすかさず無言で米沢に手を結ぶ
   オークションにて杉下右京「1億」
📍16話 杉下花から花の里が由来
紅茶の注ぎ方は右京と全く同じ
📍最終話 亀山薫の姉(戸田恵子)が登場


1回目
Thomas

Thomasの感想・評価

4.6
0
良質なエピソードが豊富で全シリーズ通じても好きなシリーズの一つ。上げればキリがないが、特に好きなのは、閣下再登場のep.1「閣下の城」、若かりし高橋一生が印象的なep.5「悪魔の囁き」、サトエリの可愛さに目が眩むep.8「監禁」、葉月里緒奈が登場するシリーズ初の元旦スペシャルep.11「汚れある悪戯」、月本幸子初登場のep.19「ついてない女」、亀山がついに結婚するシーズン最終話ep.21「桜田門内の変」など。
無影

無影の感想・評価

3.6
0
今シーズンは亀山と美和子の結婚についてのお話が縦軸にあり、その行方を追うだけでも楽しめました。初回、元日、最終回と、輿水さん担当のSPはだいぶ弱かった感が否めませんが、櫻井さんと古沢さんの回はどれも光っていました。お気に入りは、右京が幸子さんと出会うE19「ついてない女」です。お馴染みのメンバーが絡み合うリアルタイム進行のサスペンスと、どん底に落ちた1人の女性を真っ当な方法で救おうとする右京さん。ラストシーンは圧巻でした。
>|

あなたにおすすめの記事