図書館戦争の作品情報・感想・評価・動画配信

図書館戦争2013年製作の映画)

上映日:2013年04月27日

製作国:

上映時間:128分

ジャンル:

3.6

「図書館戦争」に投稿された感想・評価

トシ

トシの感想・評価

-
内容は面白かったけど、少しやり過ぎな感じがしました。
本を守るためにあそこまでするかって感じでしたね、図書館の中で銃火器を使用する違和感もありました。
撮影に防衛省や自衛隊も協力してたから戦闘シーンは一番の見所かな?
リアルで迫力満点でした、ミリタリー好きなので興奮しました。

続編もあるので引き続き鑑賞したいと思います。
公序良俗を守る「メディア良化法」で武力弾圧も辞さない良化隊に対して「図書館の自由法」を根拠に武装蜂起した図書隊が激しく対立する日本。愛読書を守られた経験から顔も知らぬ隊員を「王子様」と憧れて図書隊入りした女性新人隊員の笠原郁が、鬼教官である堂上篤のしごきに耐えながら任務を全うする様を描いたアクション映画です。

ポリティカル・コレクトネスの浸透が「表現の自由」と対立する有害図書問題が一般化した2000年代に人気女性作家の有川浩が執筆したベストセラーを『GANTZ』の佐藤信介の監督で実写化した作品で、榮倉奈々と岡田准一らの人気キャストで描くディストピアとラブコメとアクションのミクスチャーが受けて17億円の興行収入を記録しました。

作品構成要素の内作り手に熱量があるのはアクションのみで、闇雲な「本好き」一辺倒で思想のないディストピアは浅はか、岡田准一をもってしても嫌悪感を拭えないセクハラすれすれの王子様ラブコメは前時代的と全体としての真剣度は疑わしいもので、作中で登場人物が言う「大衆の無関心」という高慢な主張に説得力を感じない一作です。
301

301の感想・評価

3.1
これ小説は好きだったんだけど岡田准一の頭ポンポンの仕方がクセ強すぎてはにゃ?ってなった記憶
前髪ありショートの榮倉奈々かわいいよね
初めて子供だけで映画館いったやつ、なつかしい、こばやしといったはず
あつし

あつしの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

自分には苦手な要素がありすぎて合わなかった。

マジで無駄な殺し合い。
感動もかっこよくも何もない。
rin

rinの感想・評価

4.0
公開当時、元々の書籍の人気との相乗効果で大ヒットしていて、周りの友達がみんな「良かった〜」って言っていた記憶があったので、観てみました。

演技には定評のある方々が集まっていらっしゃるので、とても楽しめましたし、シンプルにこういう法律があったら恐ろしいなあと思いました。まあ、日本において武力行使に転じれば、もう終わりだなとは思いますが。

岡田くんかっこいいなあ…

続編も観るの楽しみ〜!
キャスティング、強!!!!
小説もアニメも映画も、全部違う感じによいです 
藤

藤の感想・評価

3.9
原作から映画も。
いい意味で小説読み直すときに映画のキャストの顔を思い出す
t

tの感想・評価

5.0
ひさしぶりに鑑賞
岡田くんの沼にハマっていた頃が懐かしい。思い出の作品
今冷静にみると堂上の台詞がかっこよすぎてちょっと不自然…😂

ひたすらかっこいい岡田准一を見たい人には超おすすめ
十日町図書館がでているということで…視聴。

設定や後半のアクションはかっこいい!岡田さんさすがだと思う。

ただ、ラブストーリーにしなくてもいいなぁ。
>|

あなたにおすすめの記事