図書館戦争の作品情報・感想・評価・動画配信

図書館戦争2013年製作の映画)

上映日:2013年04月27日

製作国:

上映時間:128分

3.5

「図書館戦争」に投稿された感想・評価

語彙が「えーん堂上教官かっこいいよお;;;;すき;;;」だけになっちゃう

このレビューはネタバレを含みます

有川浩さんの原作、野木亜希子さんの脚本なので面白くない訳ないと思いAmazon Primeで鑑賞。ただ、正直原作を読んでおくべきでした。言論統制、表現の自由を守るために戦うっていうのはコンセプトとして判りやすい。有川浩さんの自衛隊愛も感じられる。図書館を日本と言い換えるといかにも自衛隊ですよね。武器の使用制限、専守防衛とか。でも、原作を読んでいないせいか、何で図書館だけが聖域のようになったのか、その辺が今一つしっくりきませんでした。あと、図書館を日本に見立てるなら、良化委員会って何なのか?何かあっても警察は見て見ぬふりをする。国連ってそういうもの。常任理事国のメンツを見ればすぐわかる。国民は無関心。コロナ禍の今見ると、違う見方もできるような気がする。やっぱり原作が読みたくなりました。
原作未読。
最初に世界観の説明があるのだけれど、うまく入ってこず、図書館で銃撃戦あるのになんで普通に利用者集まるんだ?って疑問だとかが出てきてしまった。
あと、橋本じゅんさんって随分前から野木脚本作品に参加してたんだな。
kumi

kumiの感想・評価

3.6
かっこいい…岡田准一さんのアクションは素敵ですね…榮倉奈々ちゃんとのやりとりも面白くて久々に日本のアクション系の映画で面白いと思いました。
ブウ

ブウの感想・評価

-
「カモミール(カミツレ)」の花言葉は「逆境に耐える」「苦難の中の力」
こちゃ

こちゃの感想・評価

4.0
生まれ変わったら絶対岡田准一の身体の一部になる 全部でもいい。それぐらいかっこよかった
Tss

Tssの感想・評価

4.8
本作→原作(全編)→映画続編と見ています。

大好きな作品なので、偏見が入りますが、エンタメ好きには是非見て欲しい作品です。舞台は図書館ですが、エンタメ全般にかかる作品です。

続編もですが、善悪両面に分かりやすく分かれているわけではありません。ヒューマンドラマ的な側面もあるかと

岡田さん、榮倉さんをはじめとする、キャスト陣が豪華です。

格好良くて、爽快感のある作品です。
岡田准一 のアクションは、この頃からキレッキレだったのね。素晴らしいの一言。この世界観は、好みが分かれるなー。
とにかく岡田くんがかっこよかった。
これ見てから、しばらく本気の方で岡田くんに恋してた。
Sinamon

Sinamonの感想・評価

3.6
戦闘要素と恋愛要素が絶妙でハラハラ出来る映画です。

戦闘シーンは、さすが防衛省・陸上自衛隊の全面協力だけあって凄く迫力があり、ビックリしました。
この映画は戦争映画なのではと思ってしまったぐらい緊張感のある銃撃戦が繰り広げられていて迫力満点の映画です。

キャストも岡田准一さん、榮倉奈々さん、田中圭さん、栗山千明さん、福士蒼汰さん等でとても豪華です。
>|