GOの作品情報・感想・評価

「GO」に投稿された感想・評価

Kodai

Kodaiの感想・評価

3.9
名前ってなに?
バラと呼んでいる花を
別の名前にしてみても美しい香りはそのまま
冷奴

冷奴の感想・評価

-
差別について色々考えさせる。
この時期の窪塚洋介って本当に文句のつけようがないカッコいいをそのまま絵に描いたような演技するよなぁって思った。
在日韓国人である杉原の人生から差別の中で生きることが分かった。
窪塚洋介の演じる杉原は人間らしくて映画に入り込んでしまう。
終わり方はいまいちだったが、また見てみたい。
kanako1031

kanako1031の感想・評価

4.0
在日問題って、大学の授業とかニュースでもよく取り上げられるけど、正直第三者的に見てたっていうか自分には縁遠い話だと思ってた。けどさくらいみたく、実際にいざ自分が関わるとなることを考えると怖くて拒絶することもあるよねえと思う。クドカンで人種問題って大丈夫?って勝手に心配してたけど笑、人種問題っていうより、そこから更に広げて、杉原含め登場人物全員が自分探しにもがいてる映画だと思う。
あとは、出てる俳優さん全員がみんなはまり役で最高、たのしい。
Ridenori

Ridenoriの感想・評価

4.5
広い世界を観るのだ。

テレビでへらへらなクドカンが実はすごい人なんだ!
って気付かされた映画。

テーマは在日韓国人なんだけど、
そのテーマの深さ以上に出演者、音楽、ストーリー
どれをとってもかっこいい。
特にセリフは鳥肌もんのがたくさんあるから
これはやはりマストムービー!

考えさせられる上に面白い。
Yuji

Yujiの感想・評価

3.8
映画のスピード感 0.4
感動 おもしろさ 0.8
意外性 ストーリー性 0.8
映像や音楽の美しさ 0.8
初めてみた衝撃とその後心に残るかどうか 1.0

窪塚洋介が演じる、悩みながら生きる人間の姿がかっこよすぎる。
モモモ

モモモの感想・評価

3.7
電車での幻視の演出、凄く好きです。
「血が汚れてる〜」云々は今観ると「お前ネトウヨやんけ!!」としか思えないが当時の視聴者はそういった思考、思想に何て名前を付けていたのだろうか。
RyoyaOgura

RyoyaOguraの感想・評価

4.0
しゃぶしゃぶさせろよ
山崎努しぶすぎ
夕日のシーンずしんと来た
クボヅカが最高で最強な時代でしたよね。今観ても最強。

広い世界をみるのだ
Romeo

Romeoの感想・評価

4.5
怒り。
欲望。
失望。
希望。

若者の 熱。
そして
在日と差別。

"日本人"とは?

私は、私は、
此処に無力である事を宣言する。

人間として俳優として窪塚洋介を愛して止まない。

"パンチラ見ーて、元気出ーして♡"
(すみません。この作品とは関係ない、別のドラマの窪塚さんのセリフなのですが、
好きなんです。何年経っても。このシーンの表情表現言い方。)
>|