GOの作品情報・感想・評価・動画配信

「GO」に投稿された感想・評価

muguet

muguetの感想・評価

-

在日韓国人
シェイクスピア全集
民族学校の同級生
「国なんて持ってない」
土曜日のデート
純血とか、混血とか
警官と語り合う深夜
名前はなんだっていい

このレビューはネタバレを含みます

面白かったですね

恋愛映画と言いつつ、社会的な面多めでガッツリ考えさせられました。現在19で生まれた年の映画なのですが当時の日本の現状や在日の方への偏見や差別が通っていた時代であったことを映画通して知れました。
人種や名前なんていらない、俺が国境を越えてやるって杉原かっこよすぎでした。
やはり現代よりもこの年代の邦画は名作が多いと思います。さすが行定監督、
sar

sarの感想・評価

4.0
観たいと思ってから20年近くも経ってしまっていたなんて。。
ようやく観れて、この時代は間違いなく窪塚洋介の時代だったんだなと思った。すごく勢いを感じるし、この時代のムードを作っていたのはやっぱりこの人だ!と思った。引き込まれて目が離せない。リアルタイムで観れていたら、もっと印象に残る映画になったと思う。
作品自体にもエネルギーを感じる。
nagipei

nagipeiの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

シェイクスピア:名前って何?バラと呼ばれる花に別の名前をつけても美しい香りはそのまま

途中のパンイチでの告白シーンは胸抉られますよ、、
まじでキツイっすよ、、

正直脚本、セリフ?がいちいち狙ってる感あったのと、恋愛に関する話だと豪語しておられた肝心の恋愛のやり取りの部分に関してはもう小っ恥ずかし過ぎたおかげで終始乗り切れないとこあった
クドカン脚本だとあえてのそれが、ダサかっこいいと思えるといいんだけどちょっと行き過ぎてたのかなあ
クドカン駆け出しの頃なのかな
わーこういう振り回し系女子クドカン好きそう〜みたいなのいちいちよぎるみたいな、、
でもアイデンティティを巡り日本の根底に何世代にも渡り根深く蔓延る差別、なのに表面上は未だタブーと化してる問題に切り込みながら爽やかに痛快にまとめてくスタイルは、俳優陣の演技雰囲気にもマッチしててすごいよかった

一番私が共感したのは、お前らの世代でケリつけとけよ!って親父に言うくだり…
ほんとそれ、私もぶっちゃけ、今の主にネット上での在日差別に心から辟易かつ無力さかつ理不尽さかつやり切れなさ怒り悲しみを感じてる一人なので、知らんわ生まれてないし、ほとんどの戦争体験者は恨みを次世代に引き継ぐことを望んでないんだろ、差別を同調で圧力してくるんじゃねえよ、と何度も叫びそうになるので…たまにネットの片隅で叫んでるけど…

ラストは、あえて胸糞報われない系でも私は好きそう
そのパターンも見てみたかった気がする

実際問題、簡単ではないよね、親に血が汚いとまで洗脳?されて育ってたら…と思うし…それは本当に悲しいことだけど教育ってそういうもんだと思うし
でも終始カラッとした親子愛の描かれ方といい、途中どん底からの警官との拍子抜けのやり取りといい、何より青春映画としてやっぱこのシンプルに希望あるラストでこの映画は最適なんだろうなと、

そして窪塚君と同い年の私ですが当時、なぜかこれは観ようと思わなかったなあ

まだ、この頃の邦画はかろうじて今の殆どの話題作のように幼稚ではないし何より熱があるし、俳優も華があったなと再確認した

でもやっぱり個人的に似た方向性の映画だとパッチギのが好きだな

とか言いつつなんか意外と言いたいことまとまらないくらいありすぎた、良い映画観ました
しもほ

しもほの感想・評価

4.5
重い背景を軽すぎないコメディタッチで描かれていて良い!お父さんとの砂場のシーンが好き。窪塚さんの色気がすごい 邦画の中でトップクラスに好きかもしれない
Lena

Lenaの感想・評価

3.7
良い夫婦だなぁ。そして、どんなに父親に殴られても、ちゃんと父親の愛情を受け止めて、グレない息子、という今だと考えられないような親子関係。
国籍とアイデンティティなど、日本では意識しないとあまり考えることもなく生活していけてしまうような問題を考えさせられる、貴重な作品だと思う。
窪塚洋介、流石に格好良すぎる。
全体的に痛快で良かったけど柴咲コウだけ余計、ラストシーン女いらんやろ
窪塚洋介最高
iman

imanの感想・評価

3.9
扱っているテーマは重いけれど重すぎず、全体を通して疾走感が凄い。主人公がカッコ良いのかダサいのか…私はダサいに1票。
「これは、僕の恋愛に関する物語だ」
み

みの感想・評価

3.5
2020/05/31
窪塚洋介かっけ〜〜〜。
良くも悪くも青臭いな。恋愛とかポップなものは抜いたもっとドロドロしたストーリーのほうが私は好き。
ジョンイルとの話をもっと見たかったな〜。
しかし在日がテーマの作品に新井浩文と山本太郎を出すなんて攻めてますね、意図的?
窪塚洋介も、黒いものが見え隠れする俳優ばっかやん!(嫌いじゃない)
久々に鑑賞
何百回観ても廃らんしこの時代に自分も青春送りたかったです。
>|