パリ20区、僕たちのクラスの作品情報・感想・評価

「パリ20区、僕たちのクラス」に投稿された感想・評価

emi

emiの感想・評価

4.0
まるでドキュメンタリーのようなリアリティ、緊迫感のある作品。様々な人種や背景の生徒たちと、彼らをまとめるのに苦労する教師の物語だ。日本の先生も大変だが、フランスも大変そう。観る価値のある作品。
asu

asuの感想・評価

4.0
眉なし女めっちゃウケる スレイマンの堕ちかたが残念、かわいそうだったな 結局教師も人間だし 生徒子役じゃないのヤバすぎ 最後の「全部」わからなかった っていう生徒が一番やばいってか手に負えんな 日本と違ってみんな授業内でめっちゃしゃべる
isjm

isjmの感想・評価

4.4
生徒一人一人が演技とは思えないくらい生き生きしまくっている。日本じゃ多人種に触れることもほぼ無いから雑多なクラスは新鮮だった。
JBOY

JBOYの感想・評価

3.7
生徒たちのエネルギーやら直面する問題たちに追われてるうちに あっという間に終わってしまった。劇中音楽が流れてない事などまったく気がつかないくらいに。
苦しいくらいのリアルがあった。
何も学んでない。。。

コーヒーマシンの話が馬鹿馬鹿しすぎた。子供の問題を語らず、しょうもない大人の問題を議論する。
教育現場って、パリみたいに色んな人種がいたらそれだけ大変だな。
生徒が同じ考えになることは決してない。だから絶対にまとまらない。けど、まとめないといけない先生で矛盾してる。

警官になりたいという生徒の曲がった正義感が発端で、先生も人間だから口を滑らせる。そこから教師と生徒の溝は一気に広がる。

教師も辞めるつもりほどの覚悟が無いから周りの教師に流されてしまう。教師は生徒の親ではないから難しい。

教師の方がよっぽど汚い言葉を使ってる時があったし。上っ面だけの教えは何も人間的な教えにならない。無駄な時間を過ごすだけ。大きな事件があったのに、引きずることなく時間が解決する怖さ。いやー、教師ってなんなん、学校ってなんなん。
み

みの感想・評価

3.5
みててイライラするときもあるけどこれがリアルなフランスの授業風景だと思う。
てと

てとの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

まるでドキュメンタリーを見てるようでした。生徒の演技がすごいリアル。

生徒の言動、行動にイライラするとこが沢山あって、教師は大変だなあと思う時間は、確かに長かったです。

しかし、長々と時間とメンタルを消費した挙句、
まさかのラスト、と思いました。

1人の生徒が退学になり、夏休み前に「学んだ事」を発表させる所から、もうシュール。誰も担任の国語について挙げないんですよね。あげく「スペイン語」とか言っちゃうし。

しかもみんなすごい笑顔なんですよね。夏休みが楽しみなのもあるんでしょうけど、「あなた以外の先生の授業はとても良かったわ!」みたいに見えてくるというか。もしくは、「教師を欺くのに仲間の退学はいい勉強になったわ!」なのか。

「何も学んでない」という生徒の言葉も「あなたからは」なのか、「私自身が」なのか、「両方」なのか深読みしてしまいました。

そして先生はそういう生徒に全然嫌味感じてないし。仲良くサッカーしちゃうし。
そこで終わっちゃうしで、まさに「見る人に委ねる」っていう映画でした。
なつも

なつもの感想・評価

3.5
ドキュメンタリーテイストの映画
パリの学校

クラスの落ち着きがなさすぎて、先生が強く言い返してしまうのも仕方ないって思ってしまった
先生って大変。教育って大変。しかもいろんな人種が集まっているから、なんで例文に白人の名前ばかり使うのかとかまで言ってくる
スレイマン、自己紹介を自分たちで作って発表しようってなったとき、褒められててすごく笑顔が恥ずかしそうで輝いてて、、だからあんな結果になってしまったことが残念😢
カリン

カリンの感想・評価

2.6
人種のるつぼ、パリのリアルな日常が、実際の生徒たちによってありのままに描かれている。移民の置かれている状況や現代フランスの課題が理解出来る。
しずか

しずかの感想・評価

3.5
学校教育現場の問題ばかり見てる人からすると、何を今さら映画化するのよ、て思うくらいにありふれた学校教育現場。でもそれを映画と感じさせないほどに自然に、映画化してるのがすごいところなのかな、と。
>|