パリ20区、僕たちのクラスの作品情報・感想・評価・動画配信

パリ20区、僕たちのクラス2008年製作の映画)

ENTRE LES MURS

上映日:2010年06月12日

製作国:

上映時間:128分

ジャンル:

3.4

あらすじ

『パリ20区、僕たちのクラス』に投稿された感想・評価

高校の頃に鑑賞。
何故、これを選んだのかあまり覚えていない。先生大変そうだなということしか覚えてないな...

大学の授業の課題で鑑賞。

始終、眠い。

ドキュメンタリーに近いフィクション的な感じで、やんちゃな生徒達と仕事熱心な教師のリアルな授業風景を描いてるんやけど、何かサラッと終わったし結局どうなったん…

>>続きを読む

ドキュメンタリーみたいに見えるけど、あれ演技?!すごいや。
移民が多いパリの中学校4年3組24人と担任国語教師フランソワの1年間。

よくも悪くも生徒はガンガン意思表示してくるから、先生はよっぽど知…

>>続きを読む

『大人は判ってくれない』の60年後だと思うと、クレオールの多様さや学校空間の変化に驚くばかり。そして、教育従事者は偉大すぎる。

種々雑多な生育環境で育ち、尊大な自尊心を抱えた子どもたちを相手に一人…

>>続きを読む
生々しい
たぶん実際にある教育システムとか教育環境なんだろうな、と。
ドキュメンタリーみたいだった
Yuta

Yutaの感想・評価

2.7

先生も生徒もみんな大変だな、ましてや移民が多い国だし。という程度でそんなに面白くも出来がよくもないしラストも微妙なのだが、パルムドール受賞作品と言われると「何でこれが?」と仰天してしまう。サルコジ政…

>>続きを読む
nao

naoの感想・評価

-
やっと見れた
2024/04/28 11

監督の訃報は悲しい
shoyan

shoyanの感想・評価

4.0

多様性社会の”国語”教育ってこういうことなのかもなー。結局、自らを考えを表現し、また相手の考えを理解するために言葉をうまく使えるようにするということ。そして、教師の役割は、それをあくまでも手助けして…

>>続きを読む
記録用

記録用の感想・評価

3.2
自分用備忘録

日本人だからこの世界は全く未体験。
全く知らない世界だけどなんかリアルを感じるのは映画の作り手が細部にこだわっているからなのか。そんな面白くないけど面白くて好きな映画って感じ。
gorira800

gorira800の感想・評価

3.7

問題児だらけのクラス
移民の問題点は言われるけど精神的に未発達な子供、しかもここまで多様となると日本とはさらに異なる難しい問題はありそう
教師がなかなか高圧的に見えたが外国ではこうしないと抑えきれな…

>>続きを読む

あなたにおすすめの記事