さよなら。いつかわかることの作品情報・感想・評価

「さよなら。いつかわかること」に投稿された感想・評価

妻の戦死を受け入れられず、母の帰りを待つ娘にもそれを打ち明けることができない父の葛藤。愛情表現の不器用さ故にいつの間にかできてしまった家族の溝が、同じ時と感情を共にすることで穏やかに埋っていく。父と娘が互いの弱さを知り、受け止め合い、3人で1つの悲しみを分かち合い乗り越えようとする姿に自然と涙が溢れた。

淡々としたストーリーながらも、心理描写が非常に自然かつ丁寧。人間味溢れるジョンキューザックや娘役2人のリアルな涙と演技に感情移入せざるを得ない。またこれに合わさる音楽が素晴らしく良いかと思えば、Oh…イーストウッド。。

ご鑑賞の際はお手元にハンカチを。
お父さん、お姉ちゃん、妹。
それぞれの立場の気持ちが
すごく伝わってきて
その気持ち分かるなぁ〜。
観る人にはよっては物足りず
退屈に感じるかも?
個人的は良作でした😊
mamii

mamiiの感想・評価

4.1
不器用な父の愛、葛藤が痛いほど伝わってくる。

愛する妻の死を受容できず、子ども達との関係もぎこちない日々。途方に暮れながらも子どもの事を1番に考える父としての背中に涙。

本当は自分も辛いのにその姿を悟られないよう1人涙する姿が切なすぎる。子ども達を楽しませようとする無邪気な表情も、愛おしそうに抱きしめる表情も良かった。主人公の心情に入り込んでしまう。

子ども達の無邪気さも父の不器用さと対照的で良かった。子ども達と過ごす中で少しづつ殻が破れてきて親子らしい関係になるのも愛おしかった。

切ないけれど愛に溢れた家族の一作。
haruko

harukoの感想・評価

4.0
いい映画だった。
演技が自然すぎて、本当の家族の記録映像観てる気分になってしまった。
時間も短めで観やすい。
いい映画。

けど、お父さんの娘に対する愛情とか、娘のお父さんに対する思いやりとかに自分でも驚くくらい感動してボロ泣きしてしまった。
また観る時は自分のコンディションを考えよう。
hiyama

hiyamaの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

温かい。

あの時の父さんもこんな気持ちだったのか、と考える。

自分ですら受け入れがたいこと苦しみを2人の愛娘たちにどう伝えるべきかの葛藤、不器用ながら、とりあえず旅に出るとか、無理につくってみせたりとか、娘の前で精一杯の父親としての虚勢を張る魂に心打たれた。
その合間にある、12歳と8?(9)歳のあの感じ。ちょっと大人かじりたてで面倒見の良い姉とただただ純朴な妹。それを見る父親が一層口をつぐみたくなる感じ!あくまで日常の延長で行われるから起伏の少ないストーリーではあるけど、3人の演技力がものすごい感動を与えてくれる。

父親の電話のシーン、本当に感動した。
海で打ち明けるシーン、下手にセリフに頼らず、3人の今までの過程を追えば自然と涙する場面に仕上がっていてすごくよかった。

ゲットアウトの後に見たから、一層よかった…人をまた信じれる。笑
shino0616

shino0616の感想・評価

4.0
時間がちょうどよく見やすい。
タイトルがいいなー
アラームが切ない。
son

sonの感想・評価

4.0
互いを思う気持ちが全面に出てた。でも、それが時にマイナスになってしまったり、ぶつかったりしてたけど、これが家族か...と再認識させられる。アラームも良かったんだけど、留守番電話の場面が本当に切ない。
あ

あの感想・評価

4.5
ぼくこの映画はね、心臓がホコリまみれになったり、泥だらけになったときに見る映画にしてるんだ~。
観賞後は優しい冷たさのシャワーで心臓を洗い流したように爽やかな心地になるんだ~
おみ

おみの感想・評価

3.2
あーーなんて切ないんだ

わかってたけど、せつないぞ。ラストシーン、音がきえて、お父さんはなんて子供に説明してるかわからず、音楽だけがきこえる。
ジョンキューザックうまいなぁ、葛藤が似合う

音楽は、クリントイーストウッド
ののた

ののたの感想・評価

3.5
こういう静かな空気感の映画好き。すごく心にくる映画でした。家族三人素敵。何より終わり方が素晴らしい。
>|