30年後の同窓会の作品情報・感想・評価

「30年後の同窓会」に投稿された感想・評価

Maria

Mariaの感想・評価

3.3
おじさん3人のロードムービーはありそうでない。何も起こらないけど別段退屈はしない。

所々3人が冗談言い合って笑ってるけど、国と年代と性別が違うからか英語聞いても字幕見てもポカンだった。
まだワシントンなら分かる。
odkysyk

odkysykの感想・評価

-
リチャード・リンクレイターって自分発信じゃない企画だとわりとアレなことが多い気がする。これも俳優陣にかなり助けられてる感じはあるけど、ウォルター先生の「黒人にも白人にも共感できないが、グリーン(海兵隊)カルチャーだけは納得できた」ってセリフ、グッときた。
KotaAmano

KotaAmanoの感想・評価

3.5
Last Flag Flying/30年後の同窓会 - 怒涛の6作目。ベトナムの戦友が30年ぶりに集まり、イラクで戦死した主人公の息子の埋葬の為に遺体と旅するロードムービー。どの時代でも無意味な大義の為の戦争と犠牲が続く事への皮肉と、アメリカの良心みたいな部分をコメディタッチのロードムービーで描く。

色んな意味でアメリカ的。ひょっとしたら根底では理解し切れてないかもしれない。戦争についても、皮肉ではあるけど否定はしていない様な雰囲気は感じた。長い割に少しpointlessな印象。俳優3人はとても良い。それにしても邦題はもう少しどうにかならないものか。
物語の流れがよかった
話題はバラバラなのに一つと方向へと進んでいく感じ
いつだって楽しんで笑える
悲観せずにいようと思った
rainhappy

rainhappyの感想・評価

3.6
30年間連絡の取っていなかった相手と再会するってどんな感じなんだろう!息子を受け取る時に支えて欲しいと二人の旧友を訪ねるドク、昔と変わらずハメを外したりジョーク言ったり怖いものなしのサル、暗黒時代を捨てて牧師として新しい自分になったミューラー。

ドクの息子ラリーを引き取る旅をする中で3人にとって忘れてはいけない過去の出来事と重なる部分が見えてきて、3人それぞれがもう一度過去について向き合う。

ラリーの最後の現場にもいた親友のワシントンが重要人物となっていて、生きるか死ぬかはが紙一重だということ、大佐の言うことは絶対的で死ねと言われれば死ぬような関係である事が伝わってきた。ワシントンは生きる運命だったんだと思う。ラリーを羨ましく思う育ちだっただけにこれから幸せを見つけて欲しい。

サルとミューラーの制服姿が様になっていてかっこよかった。
844

844の感想・評価

3.6
カレルが昔の海兵隊の仲間に会いに行く。
完全に巻き込まれた旧友二人と息子の遺体を引き取りに行く。
そっからのロードムービ。
テロリスト勘繰りされる。
ずっと神の話してる
ここまでポリティカルなのは珍しい。
ちょっと安直だよなぁとか思いつつ、
あんまり乗り切れなかったです。
しかし、見事な3人とやはり会話は上手いな、不気味なほどのリアルさがあった。
そして、途轍もなくズルイラストと
『Not Dark Yet』あざといなぁと思いつつ嫌いになれない。
miho

mihoの感想・評価

3.5
とても良い映画なんだけどなんか
もっさりしてるなぁと思ったら
リンクレイター監督の作品でしたか。
主役の3人は素敵でしたし、
息子の友人も良かったのですが
なんだろう、演出がもっさりなのか...
きえ

きえの感想・評価

3.7
観終わった後、胸の奥がじーんとする作品。ベトナム戦争を共に経験した元海兵隊員3人の友情を常時戦争国なアメリカ国家の欺瞞を風刺しながらリンクレイターお得意の会話劇で描いたロードムービー。言ってしまえばオッサン臭い映画です(私は好きですけどね)。邦題はいかがなものかってくらい内容とはアンマッチですが…笑

この作品の肝は現在と過去の戦争の痛みに向き合う過程なのだけど戦後73年が経ち徴兵制も無い日本人には戦争の痛みが今だ進行形な事や心の傷の深さを想像する事は日常ではなかなか難しい。でも映画は目一杯の想像力で共有させてくれる。そして悲哀を笑いに変えながら辿り着くラストで感情を揺さぶられ涙腺が熱くなった。

大きな事件が起こる訳ではなく進む会話劇はリンクレイター監督の真骨頂だけどそれを可能にするのはやっぱりキャスティング。スティーブ・カレルの悲哀は別人の様だしブライアン・クランストンとローレンス・フィッシュバーンのバランスは最高だし彼等の芝居の巧さで会話劇を押し切ったところはある。好きなシーンは📱のシーン。オッサンずラブになるくらいいいシーンだった。
SZissie

SZissieの感想・評価

4.0
立ち続けに起きた悲しみに向き合ったとき、助けを求めたのはベトナムでの戦友ふたりだった。まさに喜怒哀楽のロードムービー。良かった。100%男の映画。最強決定戦でも同性愛でもなくね。こんな友人がいるなら、歳を取るのも悪くない。
>|