30年後の同窓会の作品情報・感想・評価

30年後の同窓会2017年製作の映画)

Last Flag Flying

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:124分

3.8

あらすじ

男一人、酒浸りになりながらバーを営むサル(ブライアン・クランストン)と、破天荒だった過去を捨て今は牧師となったミューラー(ローレンス・フィッシュバーン)の元に、30年間音信不通だった旧友のドク(スティーヴ・カレル)が突然現れる。2人にドクは、1年前に妻に先立たれたこと、そして2日前に遠い地で息子が戦死したことを2人に打ち明け、亡くなった息子を故郷に連れ帰る旅への同行を依頼する。バージニア州ノーフ…

男一人、酒浸りになりながらバーを営むサル(ブライアン・クランストン)と、破天荒だった過去を捨て今は牧師となったミューラー(ローレンス・フィッシュバーン)の元に、30年間音信不通だった旧友のドク(スティーヴ・カレル)が突然現れる。2人にドクは、1年前に妻に先立たれたこと、そして2日前に遠い地で息子が戦死したことを2人に打ち明け、亡くなった息子を故郷に連れ帰る旅への同行を依頼する。バージニア州ノーフォークから出発した彼らの旅は、時にテロリストに間違われ得るなどのトラブルに見舞われながら、故郷のポーツマスへと向かうーー。30年前に起きた“ある事件”をきっかけに、大きく人生が変わってしまった3人の男たち。仲間に起きた悲しい出来事をきっかけに出た再会の旅。語り合い、笑い合って悩みを打ち明ける旅路で、3人の人生が再び輝き出す。

「30年後の同窓会」に投稿された感想・評価

予備知識無しで観たけど、この映画を平成最後の8月15日に観た事は非常に意味のある事だった。
おじさんたちのロードムービーってだけで垂涎ものなのに、ブライアン・クランストンとスティーヴ・カレル、ローレンス・フィッシュバーンって…良いトリオだったなあ!元々の構想では「さらば冬のかもめ」の続編ってことだったみたいだけど、僕はこっちで正解だと思うな
まつき

まつきの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・演技派俳優3人の見事な掛け合い。安定感バッチリ。特にスティーブ・カレルの抑えた演技はさすがだった。

・3人の設定は、昔ベトナム戦争に駆り出された仲間たち。そして3人のうちの1人、スティーブ・カレルの息子は、イラク戦争に駆り出されて死んでいる。ベトナム戦争も、イラク戦争も、どちらも彼らの母国(アメリカ)のせいで始まった「やらなくていい戦争」「何のためかよく分からない戦争」。異なる2つの世代は、自国の嘘と欺瞞で人生をめちゃくちゃにされている。過去の失敗に何も学ばない。昔も、今も、何も変わらない。

・そして、その辛い現実に追い打ちをかけるように、スティーブ・カレルの息子の死因について、またも国に嘘をつかれていたことがわかる。「偽りでなく、真実を」「国の兵士でなく、個人の尊厳を」をテーマに、過去を清算し、過去からの自由に向かうロードムービーっていう感じ。

・それだったのに、最後の最後で、アメリカ国旗、軍服を用いるようなシーンになって、びっくり。なんでだよテーマが違うじゃん!と思ったのだけど、これは解釈が甘かった。彼らが最後にアメリカに敬意を払ったのは、決して「権力に対して」ではなく、「国家に対して」。本来のアメリカは、「自由の国」であるはずなのだから。ただ、もうちょっとわかりやすい形にしてくれても・・・と思ったり。
STAR坊主

STAR坊主の感想・評価

4.2
50歳のスタンド・バイ・ミー
悲劇がもたらした親友たちとの再会。
乾いた心に優しい涙が沁み渡る感動のロードムービー。

30年間音信不通だったけど、それぞれが人生苦労して過去の事件と良い意味で向き合い、親友の息子の死を共に悲しみそして、昔なつかし話を共に笑い時間が戻ったように仲が良い姿に涙する。


自分はいつも思うんだ
SNSとかでも顔が見えない友達になれるけど、昔からの付合いはどんなに離れてても久しぶりにあったら話があの頃のくだらない話だったり。
多くの友達より少なくても一緒に笑って一緒に泣いて、困ったときにはなんでも相談しろよ!って関係が何年何十年も付き合える親友が人生でかけがえのない宝物だと思う。


これはまた後
20年後ぐらい寂しくなったら見たい作品だな。
理不尽に人生を変えられた男たちの傷心の旅は、
国家への静かな怒りを滲ませます。

それでも国への誇りを失わず、彼らが笑っていられるのは、
共に戦う仲間がいるから。

今作はこの3人をキャスティングした時点で、
ほとんど"完成"だったのではないでしょうか。

今や演技派と言って過言ではないですが、
元々コメディ俳優のスティーヴ・カレルを
ほとんど唯一"笑いのない"役に置く挑戦。
これがめちゃくちゃハマってます。

ブライアン・クランストンの荒くれ者っぷりも最高。
過去から最も変化があったという役を演じた
ローレンス・フィッシュバーンもさすがの演技力で安定感をもたらします。

この3人のアンサンブルが重要かつ、
最大の魅力でもある作品です。

戦争によってそれぞれ傷を抱えた3人は、
その傷を背負ってこれからも生きていきます。

それでも、この3人には一縷の希望を見ることもできるはずです。
それはアメリカという国へのほんの少しの期待と言ってもいいかもしれません。

”まだ闇じゃない”と歌うボブ・ディランの曲は、
まるで鎮魂歌のように胸に響きました。
Iri17

Iri17の感想・評価

4.5
リンクレイターと言えば『6歳のボクが大人になるまで』が有名だから、配給会社がそれに被っているともいないとも言えない中途半端な邦題をつけたあたりが残念だが、素晴らしい作品だ。

中年のロードムービーであり、アメリカという国家の政治的な映画であり、反戦映画である。
妻を病気で亡くし、息子を戦争で亡くした男が、ベトナム時代の戦友と息子の遺体を引き取りに行く話。

かつて自分たちがベトナムでやった事は正しい事ではなかった。しかし、全く同じ間違った戦争によって息子を失ってしまった。この国は何も学ばないのか?中年オヤジたちの疑念と怒りが胸を打つ。
この映画は「今」の話ではなく、約15年前のイラク戦争の際の話だが、やっぱりこれは「今」の話である。ベトナム戦争、イラク戦争、現代の対テロ戦争、何も変わらない。どれも国を守るためなどではない。国を守るための戦争と信じて、息子を見送ったが、やっぱりそんなのは嘘っぱちだし、息子の死は何の意味もなかった。英雄なんかじゃない。それを父親は知っているから、どうしようもない虚しさが込み上げてくる。

現実主義者の戦友と神に救いを求めた戦友の2人の対比が素晴らしい。辛い現実に向き合って苦しんでも仕方ない。死後に救いがあると信じる男も、辛くても現実から逃げてはいけないと考える男はどちらも間違いとは言えないと思う。
そしてラストは、現実に向き合いながらも、国家というものを信じていくというものだった。

僕は主人公の選択には反対だが、批判はできない。理想にすがらないで生きていくには、現実は残酷すぎるから。
Shige

Shigeの感想・評価

3.3
思ってたものとは違ったけど、アメリカならではの話の設定に引き込まれた
これ、邦題の付け方間違ってる!💢
これだとワールズエンド的なノリをイメージしてしまう。
もっと重くて切なくて、深い…。

列車の中でのめっちゃ下ネタ会話や携帯電話をそろって買いに行くあたりは楽しいけれど、、、
単なるおやじ達の再会話ではなく、
いろいろな思いを背負ったクセのある、
退役軍人の人生だった。
何が特別なのかはわからないけど、リチャードリンクレイターにしか撮れない映画だ。
Taku

Takuの感想・評価

3.8
話の大筋は重たいテーマだけど3人の渋いおっちゃん達が下ネタ混じりのジョークを言いながら進んでいくので重くなりすぎず楽しむことができた。
rerere

rerereの感想・評価

3.0
予告観た限りだとハングオーバー的な感じなのかと思ってたら全く雰囲気が違かったけどよかった

この旅で自分本位の生き方から相手の意思を尊重するという成長を遂げたジジイ達エラい
>|