スノーピアサーの作品情報・感想・評価

スノーピアサー2013年製作の映画)

설국열차/SNOWPIERCER

上映日:2014年02月07日

製作国:

上映時間:125分

3.2

あらすじ

2014年7月、地球の温暖化を防ぐため化学薬品が撒かれた結果、地球は新たな氷河期に突入した。それから17年が経った2031年。地球上を走る列車「スノーピアサー」が、生き残った人類にとって唯一の生存場所だった。最後の人類を乗せたこの「ノアの箱舟」は、先頭車両に乗る上流階級によって支配され、後方車両の乗客は奴隷のような扱いを受けていた―

「スノーピアサー」に投稿された感想・評価

現実的に見ればツッコミどころも多いけれど、予想を良い意味で裏切られた。

前半はあたかも収容所からの脱出劇のような展開から始まり、中盤色彩もポップになりひと休みかな?と思いきや途切れることなくアクションが続く。

先頭と最後尾で社会階層が区別されるという設定も良いし、左右には逃げられないというのも効果的だったと思う。
予告で面白そうだったから
借りてみた!(*`・ω・´)

列車の中の
最下層車両の人が
富裕層車両を目指してく話!

狭い列車のなかで
大人数が戦うシーンは必見。

でも…ラストはいまいち( ´・・`)
公開当時にあまり評価されてないため縁がなかったですが、ディストピアものとしては充分満足できました。ソン・ガンホは本当に素晴らしい役者だなあと。
ディストピアもの。まず設定が面白い。多少のガバはあるが、シナリオはしっかりしていて引き込まれる。アクションも列車であることを活かした戦闘が多く見応えがある。ただ、ラストの展開を除けば…。
凍結した世界。走り続ける列車と革命。


完全にクリス・エヴァンスとティルダ・スウィントンに惹かれて観ました。笑

あらすじは、地球温暖化を止めるために大気を冷やす化学物質を放ったところ、何やかんやで失敗して地球上の生物全滅するまで冷えちゃった!
生き残ってる人類は1年間走り続けて世界を一周する電車に乗ってる人たちだけ!
って感じです。

その列車の中では、社会身分が厳格に定められていて、そんな状態で17年間電車の中で生きている人々の話です。

なんか何が悪いのかわかんないんですけど、なんか好きじゃ無かったというか、あんまり面白いと思えなかったというか…
うーん…
なんなんですかね。

クリス・エヴァンス、おおむね小汚いキャプテン・アメリカでした。

ティルダ様、もっともっと魅力的なキャラ設定にしてくれたらなぁ…
面白みがなかったです。

ラストもまあ理解はできるけどスッキリはしなかったです。
【テイストは村上春樹グロい版エロ無し】スーパーつまらないアクション映画の一つだろうと思って後回しにしていたけど、思ったよりも楽しめる。全ての人が狂っていて、狂った描写のありきたり感はあれど、悪くはない。漂流教室は見たことないが、大人実写版みたいなイメージ。

主人公カーティスになりきって映画を観れるかどうかがツボ。

エドガーと目があった後そらして振り切って死んでしまうのが1番の山場で、
最後の得体の知れなさが2番目。

何を描こうとしたにしろ「楽しめる」映画だったと思う。
ネタバレすると面白くないからこの辺で。
756bee

756beeの感想・評価

3.1
もともと「ウソ〜ん」っていう設定だから、細かいツッコミは野暮ざんす。人類の希望の光は豆電球ぐらいやな…。ティルダ・スウィントンさんはビックリした。
皮タレ

皮タレの感想・評価

3.3
電車車両の並びと生態系(人間界の序列?)を近いもの考えて、生態系のバランスを維持したがる支配者側とバランスを変えたい反乱軍の対立の話
演出とたびたび登場する中ボスのキャラ設定が面白かった
最後のクマは何を意味しているのか…
おり

おりの感想・評価

3.0
64
期待していた分、意外と突っ込みどころが多い話だったけど、閉ざされた列車の中だから成り立つ説得力や設定は面白かった。
武士

武士の感想・評価

2.9
面白かったんですけど・・・
所々、カーティス情けないんですけど。
プロテインブロック食ってたんだろ💢
屈辱的だったんだろ💢
簡単に動揺してんじゃねえよ馬鹿💢
>|