スノーピアサーの作品情報・感想・評価

スノーピアサー2013年製作の映画)

설국열차/SNOWPIERCER

上映日:2014年02月07日

製作国:

上映時間:125分

3.2

あらすじ

2014年7月、地球の温暖化を防ぐため化学薬品が撒かれた結果、地球は新たな氷河期に突入した。それから17年が経った2031年。地球上を走る列車「スノーピアサー」が、生き残った人類にとって唯一の生存場所だった。最後の人類を乗せたこの「ノアの箱舟」は、先頭車両に乗る上流階級によって支配され、後方車両の乗客は奴隷のような扱いを受けていた―

「スノーピアサー」に投稿された感想・評価

世界が凍るから列車作ったよ、車両で格差あるよ、最後尾の人達酷い仕打ちうけてるよ、やだよ、前行くよ。って話。

なんかわからんけどまあまあ面白かった。
RAN

RANの感想・評価

-
も〜大惨事!ってシーンが沢山。

特別面白い作品じゃないけどクリスがめちゃくちゃかっこいいからもういいやってなる。
Bonboa

Bonboaの感想・評価

3.3
いろんな要素がてんこ盛りでイマイチ核心が掴めない映画。時計仕掛けのオレンジのような世界観があるがどこかチープな感じ…。スローな緊迫感は最終的にバランス通りでかたがつくということかな。プロテインバー最悪!
クリスエヴァンス好きだからね、見るよね。最後は、ん???クリスは???ってなったけど、面白かった。
chacha

chachaの感想・評価

3.1
ストーリーの面白さ◯、アクションシーンの迫力◎、ドキドキ感◯
残虐的なシーンも多いから苦手な人には酷かも。こんな世の中にならないことを心底祈りたくなるほど、残酷且つ悲しい未来だった。結果、温暖化って良くないねって話。
chiebi

chiebiの感想・評価

3.5
ストーリーがファンタジーぽくもありリアリティもありの
私には楽しめた良作
設定とキャストのみ良かった

なんだか消化不良な映画
なんだか惜しい映画
ディストピア物で雰囲気は好き、でもタラタラテンポが悪いかなー(´ー`)
砂

砂の感想・評価

2.5
ポンジュノ監督のSF作。地球が寒冷化した世界で、残された人類は世界を一巡するレールを走る超大規模編成の列車に居住している。
列車の車両順がそのまま社会階層となっており、主人公は最後尾=最下層の人間であり、虐げられた環境からの蜂起を行う…という映画である。

SFとしての精緻さがどうとかいう次元ではない粗がすごい映画だが、舞台設定自体はまぁまぁ面白い。
ギミックはいちいちステレオタイプなSFであるし、笑ってしまうようなシーンが多々あるのだがこれは意図してるのかは判断ができない。
ハッピーニューイヤー!ハッピーニューイヤー!
いや、でもスシは笑うわな。

鑑賞中、なにかこの手の作品では体感したことのない違和感を覚えていた。まず登場人物がいちいちイカれてるのだがこれは閉鎖空間に住んでいるのだからどうかしちまったんだろうな、と考えていたがそういうことではない。

終盤気づいたが、それは主人公はじめ最下層側の行動理念である。
明確な理念がないにも関わらずなぜか主人公は一部の人間にリーダーとして慕われているのである。この主人公、関心があるのは基本的に18年前に最下層に乗り、これまで生かされていたことへの恨みばかり。

世界が変化する前に手にした乗車時のチケットで車両が決定=既得権および生まれによる社会階層の固定化に対する反逆、というのは今の時代リアルなのだが、それが直喩で描かれていること、SF描写は細かにされていたことで逆にプロットの些末さが目立って残念だった。
列車が社会の暗喩なのは一目瞭然なのだから、わざわざ先頭車両で語るべき事柄ではなかったように思える。

物語の結末通り、そもそもこれは革命でなくただの破壊なのである。完全にほとんどの乗客はとばっちりである。
一縷の希望や可能性を見せているようだったが、そこがまたツッコミどころというか、いろいろ詰め込みすぎて雑になっているという印象。
シチュエーションは面白かったので、なんだか消化不良であった。
mahomemon

mahomemonの感想・評価

3.1
予想以上のディストピアな話だった
キャプテン・アメリカとまでは思えないんだけどどこか可愛さが残るエヴァンス
プロテインバーの原料のくだりはトラウマ

推しのオクタビア出てるの知らなかったので楽しめた☺️
オチはやはりお前かエドハリス
>|