スノーピアサーの作品情報・感想・評価

スノーピアサー2013年製作の映画)

설국열차/SNOWPIERCER

上映日:2014年02月07日

製作国:

上映時間:125分

3.3

あらすじ

2014年7月、地球の温暖化を防ぐため化学薬品が撒かれた結果、地球は新たな氷河期に突入した。それから17年が経った2031年。地球上を走る列車「スノーピアサー」が、生き残った人類にとって唯一の生存場所だった。最後の人類を乗せたこの「ノアの箱舟」は、先頭車両に乗る上流階級によって支配され、後方車両の乗客は奴隷のような扱いを受けていた―

「スノーピアサー」に投稿された感想・評価

いろいろな疑問が積み重なって素直に楽しめなかった。笑
飽きなかったので良しです。
ten47

ten47の感想・評価

3.7
まあ確かにSF要素のツッコミどころが多かったけど、連結されているからこそ起こる次の部屋への期待や後ろからの脅威などの衝撃が楽しかった
rintaro

rintaroの感想・評価

1.0
スノーピアサー
クリスエヴァンス主演と聞いて見たが酷すぎる。設定はすごく良かった。しかし中身空っぽ。この映画はすごくボケブラリーが豊富で、ツッコミどころ満載。
meg

megの感想・評価

2.0
ちょいちょい見所はあるが、全体的にはあまり楽しめなかった。原因は幾ら何でも強引過ぎる設定にあると思う。そのせいで前半はだれてしまい、眠気を催してしまった。氷河期を引き起こす程のCW-7が凄まじくて可笑しいレベルだし、完全に自給自足可能な列車が氷河期以前に作られていることに納得できないし、そもそも走り続ける理由って……?そういった思いが積み重なり、なんとな~く集中出来ずじまい。ドラマ部分は面白かったので、SFは科学的な設定が肝要だなと再認識した。
nick

nickの感想・評価

-
2018/08/11
Amazonプライム

線路の保守は誰が?
きょ

きょの感想・評価

4.3
記録(自Twitterからの引用:2017/12/9)

クリス・エヴァンス目当てで観ていたが、思っていたよりも面白い内容だった。その分、結末がぱっとしないのが、個人的にとても残念。本当にラストだけが惜しかった。しかし、もう一度観れるような、そんな作品だった。

このレビューはネタバレを含みます

拷問?刑罰?シーンとか子供が部品になってるシーンは痺れたけど、設定が甘い所あって残念だった。いやなんでそうなるんかーいって
全編寒いシチュエーションだけど、アチアチな映画。
誰が線路敷いたんだとか、なんで走らなきゃいけないんだとかそんな寒いツッコミはこの際なしで!
チコ

チコの感想・評価

4.0
連日の暑さでこの映画思い出した。
近い将来こんなコトにならないといいなぁ
Hase205

Hase205の感想・評価

2.8
氷漬けの世界で唯一人類が生きている場所が、常に走り続ける列車の中という、独特の世界観の作品。

車両の順番が階級となっていて、最後尾車両(最下層市民)の主人公が理不尽な支配から解放すべく、先頭車両を目指すというのが物語の主軸。
車両ごとに特徴があって面白かった。
リアリティーよりもインパクトを重視してると思う。

ラストの展開は、ちょっと微妙かな?
>|