カムイ外伝の作品情報・感想・評価・動画配信

「カムイ外伝」に投稿された感想・評価

2022年10月プライム見放題で視聴する。
カムイ外伝はコミックで読んだことがあるが、実写版があったのは正直驚いた。
忍者映画の為、非常に前半はCGアクションが丸見えで残念な作りであると思った。
ストーリー展開も悪くはないが、松山ケンイチの主人公カムイは演技評価できるものであった。
抜け忍の掟などによって、周りが悲惨な運命をたどる中で最終的にはカムイはただ一人抜け忍として追われる身である事は続いていく・・・・。
小雪も出演していたが、この後に松山ケンイチが猛アタックして結婚した事は有名なエピソードであった。
武藤

武藤の感想・評価

3.5
脚本宮藤官九郎
主演松山ケンイチ
ということで期待したが・・・
アクションはいい
芦名星が脳天逆落としで殺されたり
ああいうのを前半で消費してしまい
悪役のボス 伊藤英明が出て来た頃には・・・・
桃龍

桃龍の感想・評価

3.0
2011-10-25記。
芦名星だったのか!脳天サカオトシ返しみたいな技で死んだのは。
あの顔じゃ女優としても死んだかもしれない体あたり演技に、スコア0.5プラス。
それにしても脚本のクドカンは何してたのかな?
松山ケンイチの演技じたいは良かったから支持しておく。
気迫あってカッコ良かったし、撮影時に足にけっこうデカめの怪我しながら挑んだというのも悟らせてない(後から知った)

飯綱落としはがっかり。
メイ

メイの感想・評価

2.0
私にはあまり内容が理解出来ず難しかったです。
あと主人公が「忍者」なので軽い身のこなしやアクションがこの映画において重要な役割の1つだと思うのですが、ダメダメ過ぎて感情移入出来ずむしろ笑ってしまいました。
CGを使っている部分も分かりやすかったのが残念。
でもこの年代的に難しいのかな?と思いました。
尺が長い!CGがチャちぃ!カムイ伝は、その残虐性から血飛沫だらけかと思いきや大人しめ。ラスト少し腕が吹っ飛びますが。なんか松山ケンイチな気がしないなぁ。闘病中の崔洋一監督には申し訳ないが生身のアクションが無いので全く血が湧かないなぁ。そして監督向きの題材じゃない。そしてクドカンは映画になると全く冴えない。
パラタ

パラタの感想・評価

1.3
つまんなかった。
マツケンの舞台挨拶を見てテンションが上がってからの映画だったのでよりつまらなかった。
原作は忍者ものぐらいしか知識がなかったが、これは崔洋一監督が手掛けるべきものではないし、物語自体が出来ていない。

特に酷いのはアクション部分。
ワイヤーアクションはいいとして、そこになんとCGを掛け合わせるという、無茶というかとんでもない荒業を使ってきた。

結果は案の定見る影もない無残な動き。
人間の動きはなくなった奇妙なジャンプの目白押しとなった。
これがコメディならまだいいが、シリアスもの。
ひたすら真面目にやるのだから間抜けとしか思えない。

他にもいちいち入るナレーションが煩わしい。
各人の心情をそんなに伝えてもらわなくても結構だ。そもそもそんな悩む話じゃないし(笑)

稀に見る珍妙な作品が出来上がったが、カルトの域にも入れない存在になってしまった。
クロ

クロの感想・評価

2.5
原作未読。部落差別をしっかりと描いておりドラマ部分はなかなか気合いが入っているがいかんせんアクションがダメすぎる…なんだこれは…
興味深くは観れたけどね
時代劇の殺陣は大丈夫だけど、リアルな殺戮シーンは苦手。でも最後まで見たのは、松山ケンイチと大後寿々花が共演していたドラマ「セクシーボイスアンドロボ」が好きで、この二人の絡みに興味があったから。

カムイは、ああいうキャラが好みなのもあり魅力を感じた。松山ケンイチらしくカムイになりきっていた。しかし当時の小雪は4人の母親の空気がほとんど感じられず。

原作にどれだけ忠実なのか知りませんが
かなり昔の少年マンガなんですね。
あのラスト
カムイの生きる意味は・・・・。

2011/3/16 カムイの意味
>|

あなたにおすすめの記事