忍者武芸帳の作品情報・感想・評価

「忍者武芸帳」に投稿された感想・評価

紫色部

紫色部の感想・評価

3.0
2017.10.27 U-NEXT

『ユンボギの日記』を経てのコレ。執拗に残酷で、非常に面白い。
堊

堊の感想・評価

4.0
大島渚最高傑作。日本の『ラジュテ』。
完全にエヴァ。螢火の「死しても術が残れば……」はサイボーグ009の"どこ落ち"並みの名シーン。つか戦いに敗れたけれど体の毒で……ってまんまハンターハンターのネテロじゃないか。
初)大島監督による実験的な作品。映像美とかに共感する自分にはちょっと面白味に欠けた。でもこの映像に慣れてくるとスピード感あふれるカット割を感じられるようになる。白土作品なので重厚感あるものになっています。大島監督の映画人のセンスを感じられる作品。忍者ファンは必見!!
圭KEI

圭KEIの感想・評価

3.0
要は漫画の接写に台詞を当てて劇映画にしてる作品。
どこから来るのか影丸
chisa

chisaの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

白土三平の長編貸本漫画を実験的に大島渚監督が静止画によるモンタージュという実験技法で作成

織田信長の時代
忍者の話

アニメーションの為に作られた絵ではなく漫画を強引に撮影した感が否めなかったが
元々白土三平氏の劇画タッチでかなり動きがあるので
これはこれで見れると思った

その後も白土氏はアニメーションの話を断ったらしいので静止画でいかに動きを表現できるかにかなりこだわりがあったんですね


話は、影一族のエピソード部分が面白かった(手塚治虫の「どろろ」の百鬼丸みたいな幼少の頃の身体へのダメージなどで
アナグマと共に生活し土の中で暮らせる様になったり海の中でも平気など
特異体質に変化→忍者へ抜擢されるなど
いまでいうとモーションコミックなんだろうか。
紙芝居とも言えるか。

恐らく劇場の大画面で白土三平のダイナミックな劇画がババーンと映されたらそりゃど迫力であろう。

頑張ってはいるが
マンガの勢いみたいのは少し失われてしまってるね。
ゆみ

ゆみの感想・評価

5.0
かっこいいー!!!めっちゃ面白いじゃん!原作読みたいってかこのシリーズってなんなんだろ??

途中に挟み込まれる外伝のお陰で、影丸という「人物」の仕掛けが後々にしっくりくるから、良い見せ方の順番だなーと!!アニメーションじゃなく、あくまでコマをカメラが追っていくのも微かに下書きが残ってたりして良い!
キャラクターにロマンがあって、やっぱ昔の日本人(キャラクターも、こういうの考える人間も)好きだわー!!

初めて観た大島渚映画!

今の時代だとvomicっていう声優が声を入れた漫画があるから、若い人とかはあまり驚かないだろうけど、当時にしてはとっても斬新な手法だったんだろうな。

漫画だけでこんなに長時間持てるのかなって不安になったけど、なにしろ漫画の原作が良い!さらにその情熱を大島渚監督が映すんだからさらに良い!素敵!

厳しい戦国の世に貪欲に必死に生きる者たち。戦い、恋をして、血と涙を流す者たち。白と黒の画面の中で派手に残酷に映し出されている。漫画という平面世界の中でリアリティが呼吸をしてる!日本映画として充分通用されるけど、なんで知名度が低めなのかが謎。

ちょっと難しいなーと思ったのが、途中で挟まれる登場人物たちの外伝。
外伝があることで話全体にも深みが出たけど、出すタイミングが少し不自然な気がした。

現代の日本映画にこの形式の作品は通用するのかな。
もし出たとしても、この作品を超えるには相当の努力と情熱が必要な気がする。
yen

yenの感想・評価

3.8
原作は読んだことないけどおもしろかった!螢火の重太郎への恋心が切なかった、、、影一族の能力はイマイチしっくりこなかった
原作も読みたい