天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー エピック ON 銀幕の作品情報・感想・評価・動画配信

「天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー エピック ON 銀幕」に投稿された感想・評価

森崎

森崎の感想・評価

3.5
テレ朝チャンネルの劇場版一挙放送にて。

VSシリーズのベタな要素で構成されつつも、互いの戦隊の特徴が合わさって面白かった。

殿の闇落ちに対し仲間だからではなく「殿様だから」絶対に傷付けることはできないと攻撃を躊躇うシンケンジャー。その戸惑いや苦悩という内面的なものに挑んでいくゴセイジャーが頼もしく、敵対ではない対立としてのVSという構図がすんなりと入っていった。

殿を救い、そしてその裏に潜む敵を倒すには両者の協力が必須。その策としてモヂカラと天装術を合わせたのにはなるほどと唸った。たしかにどちらもエレメント的な能力を有している。

そして殿とアラタの一騎討ち、両戦隊が並んだときに改めて感じられる黒を基調にメンバーカラーを配したシンケンと白を基調にメンバーカラーを配したゴセイのそれぞれのスーツの黒と白のコントラスト、敵怪人に化け物と言われるくらいてんこもりなゴセイのロボなどなど、見栄えが良かったり見応えのある瞬間が多く楽しい。


といいつつ一番テンションが上がったのはゴーカイジャーの登場だったりもする。本当はそこにゴーカイが存在することは謎が出てくる気がするけどかなりメタい言動だったので、OKです!

このレビューはネタバレを含みます

ゴーカイジャー登場以降のシーンは持ち直した感があった。
しかし、前半のテンポは悪くダレてしまっていた。
今になってみればシンケンレッドの松坂桃李と、ゴセイレッドの千葉雄大の二大スターが共演という貴重な作品。

それなのにシンケンジャーはゴセイジャーと馬が合わない、その上シンケンレッドが闇に堕ちてしまうという大失態を犯してしまう。

そのシンケンレッドがまた強すぎて、戦隊に所属せずにソロ活動しても敵をせん滅出来そうな程の強さ

しかし最終的には2大戦隊の協力関係が素晴らしくて、戦隊VSシリーズの中でも結構楽しめる作品でした
スーパー戦隊VSシリーズの中でも、“二大戦隊共闘”という環境を全編通してフル活用させていた作品ではないかと思います。
二大戦隊の力を合わせなければ敵と渡り合えない、という共演するに至っての醍醐味をちゃんと機能させているのは勿論、Vシネマという特別な場でなければ実現しなかったであろう、スーパーシンケンジャー勢揃いといった見せ場が含まれているのもファン心を押さえてくれます。

かなり楽しめた作品ではあるのですが、どうしても目についてしまうのがシンケングリーン・千明とシンケンブルー・流ノ介による、ゴセイジャーへの態度の悪さ。
日下部さんが「殿がああなってしまって二人も動揺している」とフォローを入れてくれましたが、丈瑠がああなったからといってそう易々と気が動転するほど、侍は弱くないと思うんです。
TV本編1年通してたくさんの修羅場を潜り抜け、怒涛のクライマックスでは溜めに溜めて来た大どんでん返しを介し、“殿”として慕って来た丈瑠と今一度向き合う事となった侍戦隊シンケンジャー。
そんな彼らの生き様を見てきた身としては、丈瑠が外道衆の力に呑まれたという危機的状況に侍達が心を搔き乱されるのはまだしも、あまつさえゴセイジャーに八つ当たりするかのような態度を取るとはとても思えないんです。
ショックこそ受けても、「丈瑠を助ける手立てはないのか」と自分を奮い立たせて行動すると思います。
シンケンジャーというチームの絆は決して脆くないはずなんです。

更に言うなら、「我々は我々で動こう」とその場を後にした流ノ介と千明が、次に姿を現した時は座り込んで気怠そうにしてるのも頂けない。
せめてゴセイジャーが残りのシンケンジャーと邂逅しようとした場に偶然出くわした(お互い考える事は同じだった)といったニアミス案件にしても良かったと思います(いがみ合っているように見える二大戦隊が接近する切っ掛けにもなりますし)。
最終的にちゃんと千明自身からも謝罪があったので胸のつかえがとれた気分ではありますが、本作はシンケンジャーTV本編に関わっていない脚本家による作風なのもあり、“そのキャラクターの人間味”に齟齬が生じているのは否めませんでした。
私としてもシンケンジャーでは特に千明が大好き(シリーズ構成通して特に人間的成長を果たした人物だと思うので)なので、尚更本作での人当たりの強い態度が目立っている千明は見続けるのが苦痛でした…。

若干解釈違いともいえる点が目立っていますが、スーパー戦隊Vシネマの中でも上位に来る完成度だったかと。
misuzu

misuzuの感想・評価

3.5
千葉雄大くんと松坂桃李くん出演。
人気俳優の原点という意味でも観て損はない作品。
下手な大作映画よりアクションや爆破シーンは迫力があるし、お約束感のあるストーリーも安定していて大人も充分楽しめる。
sako

sakoの感想・評価

2.0
千葉くんを好きだというなら、原点の作品を観ないわけにはいかないと思って流し観。ストーリーは全然頭に入らなかったけど、千葉くんのあの優しい喋り方は戦隊モノでも生きていた。ぶれない千葉イズム。顔面がこの頃とほとんど変わってないの本当にすごい。
松坂桃李に高梨臨、そして千葉雄大という豪華すぎるキャストによる作品。
ちゃんと対立していたし、映画ならではな技や合体もちゃんとあった。
修行シーンとか見ていて嬉しくなりました。改めてこのキャラクター達が好きになった。
入門編としてはオススメ出来ないが、全てじゃなくてもある程度見ていればわかる作品だと思います。
Sekimi

Sekimiの感想・評価

3.5
息子の大好きな戦隊、シンケンジャーとゴセイジャー。
息子は、シンケンジャーの歌が好きすぎます。

黒子の存在が気になりすぎる😂
千葉雄大の笑顔、可愛い。
そして、松坂桃李の眠そうな顔、いいな。
千葉雄大と松坂桃李贅沢すぎる2人。可愛さのゴセイレッドとクールなシンケンレッド、うまくバランス取れててよかった!
さはら

さはらの感想・評価

3.5
戦隊共演系映画
自分たちと違うシリーズの
敵キャラと対峙した時の
お決まりセリフ
「どうやら〇〇とは違うらしいな!」
が好きです。

千葉雄大と松坂桃李。
先代シンケンレッドも出るのが
めちゃくちゃ素敵でした。
>|

似ている作品