薬指の標本の作品情報・感想・評価

「薬指の標本」に投稿された感想・評価

gishimarks

gishimarksの感想・評価

3.5
髪型も鞄も靴も…とてつもなく可愛くておしゃれ!

標本を作っている所長に恋をした主人公。何よりも標本を優先させる彼に愛しもらうため、自分の薬指を捧げる。

靴磨きのおじさんの忠告にたあして「自由になりたくないの。」と言って、どんどんとのめり込んでいく。

狂気的でちょっとだけ悪い後味が残る。
senna

sennaの感想・評価

4.1
赤い靴をはかされて
しぬまで踊りつづけさせられるっていう
ちいさいときに聞いた
こわいはなしをおもいだした。
耽美的でミステリアスな雰囲気が良い。
どこのシーンもとにかく美しい。
個人的にこういう映画が観たかったんだよというものに久々に出会えた。
始終陰鬱な雰囲気で良かった。
内容もふわっとしてる。
きっとかなり好きな部類なんだけれど、なにかがとにかく合わなくて☆3弱。
原作が日本のものなので、邦画で作ってほしかったかも。
映像は美しいです。
タニー

タニーの感想・評価

2.0
評価は高いけど、自分の好みじゃなかった。
ふんわ〜りした感じが多くて、途中寝てしまった。
主人公の女の子が可愛い印象しか残ってない・・・。
時間を感じず終わった。けど、可もなく不可もなく。
麻雀牌ぐらいはよ拾わんかい!
tomomoyo

tomomoyoの感想・評価

3.3
本編を鑑賞後、気になって、小説も読みました。どちらもお気に入りです。
まつこ

まつこの感想・評価

5.0
少女が謎の年上の白衣を着たおじさんと二人きりで働き、謎の仕事をし、謎の耽美的な関係になる、このシチュエーションが完璧すぎた。
誰でも、一度でいいから「よく考えたらツッコミどころ満載だし意味不明だけど、全ての常識を取っ払ってでも流れに身を任せたい世界」に陥ってみたい、と考えてるだろうと思う(私はそう)
けど、この映画はこの少女に感情移入する事でそれが可能である。
しかもその世界を支配しているのはフランス語を喋る少しお腹の出た小太りのダンディおじさんなのだ。癖の人、必見!
不二子

不二子の感想・評価

3.6
エロティシズムな世界観に惹き込まれる。


映像の綺麗な映画特集で出ていたため鑑賞。

今まで観た映画の中で1番官能的だった。

雰囲気としては岩井俊二監督の作品に似ている気がする。

原作は小川洋子さんということであるが、フランスで映画化されて良かった。独特の世界観が見事にフランス映画にマッチ。

主人公の女の子が可愛く色気がすごい。

あの博士もフランス人の色気が出てる。

靴によって自分を標本にされたい、と願うイリスは観ていて自分もその世界に引き込まれそうになる。

好き嫌い分かれるのだろうがわたしはすごく好きな雰囲気だった。

今度原作を読んでみようと思う。
syoppai

syoppaiの感想・評価

3.0
まず原作を読む必要がありそうな映画でした。
小川洋子の作品は透明感が凄くあるのだけれど、それがうまく映像化されていてすごいと思いました。

おでこが広いフランス人のおじさんってどうも顔が苦手だ。
>|