砂の女の作品情報・感想・評価

砂の女1964年製作の映画)

製作国:

上映時間:147分

ジャンル:

4.1

「砂の女」に投稿された感想・評価

スタイリッシュすぎるオープニング…

砂利… 汗…… 下唇………

たいまつ…

水!!ああ水!水をくれ!
あめか

あめかの感想・評価

4.0
多分すごい作品に触れてしまったんだろうな…という実感がありつつも、映画をまだそんなにたくさん見たことがないから魅力を感じきれていないのかもしれなくて自分の感性の未熟さを感じた。私には難しかった
白黒映画をそもそも初めて見て、特徴的な音楽とストーリーに引き込まれて、入り込みすぎて自分が砂の中に落ちたような感覚をずっと味わいながら見た。だから恐怖がものすごかった
見終わったあとも引きずってしまってしばらく具合悪くなってボーッとした
すぐには見返せないけどいつかまたじっくり見れたらいいなと思います
村田

村田の感想・評価

4.5
🎞砂地の集落に囚われた男が脱出を試みる
👍情況や奇観の抽象性と砂を纏う肌の肉感
安部公房原作。勅使河原宏監督の、かの有名な「砂の女」観ました。すごく好き。エンドレスリピしたいくらい。レビューはまだ一回観たくらいじゃ書けないです。砂丘に昆虫採集に来た理科の教師(岡田英次)が、砂丘のすり鉢の底に住む女(岸田今日子)から逃れられなくなる話。シュールで前衛的で、全部が好み。いくらでも深読みができそうで、それも楽しい。

パッと思い付くには、女は男が採集した蟻地獄みたいなハンミョウの幼虫なんだろうとは思うけど。それ以上の含みがありそうで、抜け出せない男と女、観察して分析する傍観者とそこにしか生きられない者。

岸田今日子の汗ばんだ砂まみれの肌のエロス。決めつけた言い方以外は選択不可の運命が、男を砂の底に慣れさせていく。

少しずつ鬱陶しかった砂が身を守る大切な砂に見えてくるから不思議。

一回目で感じたのは、社会階級を描いたと思われ。戦後に整備されてきた社会制度の外にあり、社会保障も受けられず、社会の底辺にいる人びとに、仕事はこうした方がいい、こうすべきだと、理屈を述べる学者や傍観者のインテリに対して、まずはどんな暮らしでどういう環境なのかを経験してから言いなさいと、傍観者を一度底辺で暮らさせて、どんなに這い上がろうとしても這い上がれない蟻地獄みたいな砂丘の底のような社会環境。這い上がることを諦めて、その中で適応して暮らすしかない。日々、自転車操業で、1日の半分は砂を掻くような生産性の低い仕事にエネルギーが使われる。世界は狭く、村社会。村の外に社会が広がっていることも忘れてしまう。外を知ることは己の現実を知ることでもあり、砂は外の社会から隔て、身を守ることでもある。興味をもたれても、すり鉢の底までは誰も降りてこようとしない。人びとの無関心によって身を隠すことができる。そういう社会の底辺の人びとを傍観する社会やインテリへの批判なんではなかろうか。
一回目なので、そんな風に思いました。

あ~おもしろかった!
b

bの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

抽象的な画作りと限定的な舞台設定が寓話性を高めている。
『他人の顔』然り意図的に日本的なものを出来るだけ排除し、無国籍的な画面を作っている(無類にかっこいい)。
内容は所謂ソリッドシチュエーションスリラーの様相が強く、案外エンタメ性が高いのが、海外の評価が高い理由だろうか。
月島

月島の感想・評価

4.7
こんなかっこいい邦画があるのかと感動した。原作の不穏さが映像と音で完璧に表現されていたと思う。傑作。あと粟津潔のオープニング、渋すぎ◎
抵抗・懐柔・諦念。環境に飲み込まれていく人間を丁寧に映していく。不条理に意義を見出だし、自己を納得させていく姿が、人間の複雑なリアルさを映し出す。砂の乾いた風景美。セットの味わい。計算され尽くした演出が、寸分の狂いもなくハマっていく。
安部公房の小説ファンとして、打ちのめされました。スゴすぎる。オールタイムベスト作ったら、top3に入ります。
動画サイト(youtube)でwomen in the duneと検索すると見れます。本当にスゴイです。みてください。

The Woman in the dune
Resistance, nostalgia, and resignation. The film depicts human beings who are swallowed up by their environment with delicate and beautiful images. We find meaning in absurdity, and are convinced of our own self. The film exposes the complex realism of human beings and their somewhat ridiculous foolishness. The beauty of the dry sandy landscape. The taste of the set. The calculated direction is hooked without a flaw. It's perfect.
ゆうゆ

ゆうゆの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます


そこは地獄の1丁目?
蟻地獄のような場所に軟禁された
男の運命

そこに待ち受けていたのは
素朴でどこか妖艶な女。
来る日も来る日も砂で埋もれそうに
なる家で砂かきして その場所を
安住の地として生きる

都会からやってきた男は
元の生活に帰ろうと必死に抗うのだが
頑なだった男の内面に
やがて変化が訪れる

砂を掘って 女と過ごす刺激のない
単調な日々のながれ、決して快適とは
いえない閉塞的な時間のなかに
小さな喜びとやすらぎを見出し
次第に気持ちのざわつきが凪いでゆく



モノクロ作品ならではの 陰影に浮かぶ、
彼女の気持ちを代弁しているかのような
様々な砂の表情や 砂と髪の毛がねっとりと
絡む女の一瞬の佇まい、初対面での 男を
品定めするような視線、丁寧に泡で撫でる
艶めかしい手つきや半開きの唇と胸元、
随所にみせる影のある美しさが秀逸

生々しい恐ろしさの中にピュアな
寓話性も含まれているようで
長尺でしたがとても魅了されました。
導入のスタッフロールのアート性も斬新



2022-183
 下記は本編

 https://youtu.be/MXPDlRLTSpg

監督の空間処理が凄い‼️
Shaw

Shawの感想・評価

4.7
03.1802021
07.25.2022

砂とヤったのか、と思うくらいに砂が艶かしく映し出されている異色の映像美。さすがは世界の勅使河原。

砂の数ほどの人間どもの住むこの社会の一端で生きる者に一体どれだけの価値があるのか。その価値観はどれだけ強固なものだろうか。

豊かで確かな人生を送っていけたらこの映画もホラーだなんて思わないですむよね。

何でもいいがこの設定と砂の象徴性に気づいた安部公房は偉大すぎるね。恐ろしい。
>|

あなたにおすすめの記事