ラスベガスをやっつけろの作品情報・感想・評価

「ラスベガスをやっつけろ」に投稿された感想・評価

NANOHA

NANOHAの感想・評価

4.3
悪趣味でハイセンスな映像表現がこれぞテリーギリアム!って感じで最高
主演2人の怪演という言葉があまりにも相応しい演技も最高
60年代の終わり、そして70年代、ベトナム戦争、そこで生まれたカルチャーとその終わりについての考察もありつつ基本モンティ・パイソンも彷彿とさせるおバカストーリーだった
時番人

時番人の感想・評価

3.4
ジョニーデップが無茶苦茶です。観てると今実生活でグダグダのジョニーがオーバーラップされたりして。

中身はない気がします。ただただこれでもかとラスベガス?!(隠喩でハリウッドも含まれてる気がした)やっつけてます。

ゲバラ顔のベニチオデルトロ、いい味だしてました。
ア

アの感想・評価

4.0
ずっと観たかったので観れて満足
最高に可愛かった 内容は覚えてない
ラスベガス・71を読みたい
AKIRA

AKIRAの感想・評価

5.0
監督とキャストだけで大満足な作品てたまにある。

コレです。

内容はジョニデとベニチオ・デル・トロがずーーーっと、ラリってるだけっていう。。🍺🎶🍺🎶🍺

そして、ゲーハー。

めっちゃ贔屓目で観てるから面白かったです(´Д`)/ワー
ヤク中ふたりの珍道中
「裁く人間が悪行の数々を信じられなかったら無罪になる」という趣旨のモノローグでさすがに笑った
脳みそ溶かしたいときに見る映像

このレビューはネタバレを含みます

・ジョニーデップとベニチオデルトロがラスベガスへ行ってひたすらドラッグ漬けの非道な愚行を繰り広げるアシッドトリップロードムービー
・ほんとに終始ラリってて幻覚を見てるときも人の顔がぐにゃ~ってなったり、バーの客が皆恐竜になったりとその映像効果はテリーギリアム印全開
・ただ見てると気持ち悪くなること必須
・後半ちょっした「ハングオーバー!」状態になるけど、あれよりもっと酷いことがあるなんて
・寄り目で千鳥足のハゲのデップとゲロまみれの腹ボテのデルトロがここまでやってくれたのは素直にすげえ
・あんだけヒドい事しておきながら最後に、あんな気ままに生きてどっか羨ましくなる着地を決めるのはコメディ出身の監督ならではのバランス感覚だなあ
ジョニデもキャメロンも大好きだけど、ごちゃごちゃ。

ブッとび系で理解不能。

最後まで観るのが苦痛だった気がする。

見返したいとも思わない。
テリー・ギリアムはモンティ・パイソンから追っかけているのだが

ここまでバカバカしい事をここまでコダわって撮るのには脱帽

こんな映画を撮るのも才能だと思う
やす

やすの感想・評価

1.5
ただただクスリでラリってる人達の映画。映像はオモシロイけど中身は無い映画に思えた。テリーギリアム、ジョニーデップ好きでないと鑑賞時間が無駄に感じるかも。
Zak13

Zak13の感想・評価

5.0
ハゲのジョニーデップ!笑それだけで最高。そして最高峰はシンナーってのがリアル。トレインスポッティング超え。
>|