新・男はつらいよの作品情報・感想・評価・動画配信

「新・男はつらいよ」に投稿された感想・評価


シリーズ第4作目。

ほとんど柴又だけを舞台とするなかで、地味ではあるが、ハワイ旅行騒動をはじめとする面白いエピソードが詰め込まれた秀作。
ほかの作品にくらべても、笑いから涙に移行する演出がきわめてさりげなく効果的。

ヒロインの春子を演じる栗原小巻の、不思議な魅力がなかなかのみもの。
しっかり笑える。
覚えてるシーンがたくさん。
みんなバカでみんな優しい。
2020.32
栗原小巻のキレイさといったら。
泥棒のくだりはまじで面白い。
sasho

sashoの感想・評価

4.0
4作目!ほとんど柴又での話
マドンナは寅さんのいた部屋に下宿してる幼稚園の先生

2020-67
SA

SAの感想・評価

4.0
記録、素直じゃない大人たちと家族の愛
(男はつらいよ一気鑑賞その4)
この4作目を観る前にちょっと5作目を観てしまいました。自分の見間違えだと思いますが寅さんが「くそじじい」って言ったところ誤字だと思いますがくそじいいになってたような気がしました。競馬で勝って100万円か100万両稼ぐのですがトラブルが...あとあの泥棒何がしたかったの?
珍しく競馬で大当たりの寅さん
これまたとんだ騒動に…。
ラストの虎さんが襖から顔を出すシーン
そして街に消えゆく寂しい背中と跡を追う影の使い方!
先生へ贈るはずだった人形の表情!!
個人的に栗原小巻さんかわいい
どうしたらいいの!!!
verdugo

verdugoの感想・評価

3.0
シリーズ4作目。監督が違うので寅さんのテイストが少し違う感じもするけれど、「愚かしき事の数々」が連続するのは毎度お馴染み。メンツを守るために四苦八苦した挙げ句に全てが露見し、その不憫さに同情して観ていたら、最終的に寅さんはそれを自慢気に語っていた(笑)
Gam

Gamの感想・評価

3.0
総合   ★3.1★
タイトル ★★☆☆☆
最初   ★★★★☆
話    ★★★☆☆
笑い   ★★★★☆
寅次郎  ★★★☆☆
ヒロイン ★★★☆☆
男    ★★☆☆☆
最後   ★★★★☆

「新・男はつらいよ」の「新」は監督が変わったことを意味してるのかな。でももうちょっと工夫してほしいかった。エヴァンゲリオンじゃないんだから。
最初の登場好きだった。寅さんは故郷を想うけどお金がなかったが、競馬で大金を手にしてハワイ旅行をお土産に持ち帰る。ワクワクした。
全体的にはそこから色々あってみんなのテンションが盛り下がって、寅さんも報われなさすぎてかわいそう。ヒロインが可愛い気がするけど、やっぱりイケメンが好きなんだなって特に驚きはなかった。でもラストは好き。昔ながらの鉄道が日本の原風景を走り抜きながら、辛いことを笑い飛ばす寅さんの姿がまぶしい。終。

このレビューはネタバレを含みます

全くな話、銭があれば、銭さえあれば、私は今すぐにでも土産を買い込んで故郷に帰りたいのでございます。
なんて始まる今回の寅さんは競馬で大儲け。
いや、それはもう鬼に金棒、弁慶に薙刀、寅次郎に100万円ってな感じで、あぁ寅さん今回はしっかり孝行できるのね…と、一瞬ほっこりしてしまいました。

前作もだったけど、とらや一同の内輪喧嘩は面白い。
悪銭身につかず…か、なるほど。

寅さんが春子さんに買ってきた人形、小さい頃の寅さんそっくりで笑った。全然可愛くねぇー。

ラスト、汽車の中であんなに辛かった今回の失敗談を笑い話にして周囲を笑顔にする寅さん。
…かっけぇですよ。
>|