男はつらいよ 柴又慕情の作品情報・感想・評価

「男はつらいよ 柴又慕情」に投稿された感想・評価

第9作

おじちゃんの交代がショック
吉永小百合はさすがの美しさ
ラストシーンの橋のある田舎の風景がとてもいい
夢落ち、からのまた寅さんの部屋はない。
自分の部屋紹介されて手数料6000円。
さくらは痔の話、おいちゃんは屁の話。
薔薇の花ではなく鼻の穴の手入れ。
吉永小百合は寅さん大好き
安定の虎さんと吉永小百合の美しさです。ただ今回は少し展開に無理がありすぎるような感じがしました。ストーリーも単調です。吹き出しそうになる小ネタはけっこうあり、気軽に観る分には十分楽しめます。
MiYA

MiYAの感想・評価

3.3
9作目。マドンナは吉永小百合。

前作はなんとも言えない後味を残す異色作でしたが、本作は黄金パターンに戻った感じ。すなわち、マドンナには婚約者がいて、最後には男のもとへ去っていく。やっぱりこれですよ。

マドンナの吉永小百合は、頑固な親父のせいで嫁に行けない娘の役。これって小津安二郎の映画みたいですよね。小津ワールドに寅さんが迷い込んだような、不思議な感覚にも襲われます。

ともあれ、話型も安定しているし、吉永小百合のおかげで画面がとても華やか。はじめての人におすすめしやすい作品かもしれません。

不動産屋から下宿人として寅さんが連れて来られるシーンがおかしかったな(マドンナが現れると思わせるトラップだよ!)。おいちゃん役が変わりどうしても違和感が拭えないけど、これは慣れるしかないか~
久々寅さんシリーズ観ました。
シリーズ9作目。
前半の流れはほぼ一緒。忘れた頃に寅さん帰ってくる。おいちゃんやサクラとのケンカ。ふてくされた寅さんがまた旅に出る。今のところ毎回同じです(笑)
今回の寅さんいつも以上にチャラい。旅先で出会った女の子3人引き連れて金沢デート。その内の一人、歌子さんに恋をする。歌子さん役を吉永小百合さんが演じていて、これがとってもお綺麗なんです。
歌子さんが寅さん家に来た時の食事中の話題が面白すぎる。
寅さんシリーズはほんとほっこりしますね。
tunatuna69

tunatuna69の感想・評価

4.0
第9作
2代目おいちゃんに違和感無し。
冒頭、寅さん登場シーンの三味線音に
飲んでたコーヒーを吹き出した....
m0jr

m0jrの感想・評価

5.0
失恋は辛いけど、なんか笑っちゃう〜
みんなで笑い転げるシーンやっぱり最高だ!
寅さんのギャグが冴えてた笑

あの旅中に出会った女子3人組とずっとゲラゲラ笑ったり転がったりいろんな岩場とか芝生とか遠くから映してるカットで変なツボ入って笑い止まんなくなった笑

あと最後の庭と星空、、、
いい感じでした。
tmtkhzm

tmtkhzmの感想・評価

4.2
「いいじゃありませんか。
みっともなくたって。、、、」
歌子さんの自己否定に
ひろしの言うセリフが良い。

なんかジーンときた。
plaski

plaskiの感想・評価

4.3
アマゾンプライムにて。第9作。
だいぶ前、テレビ放映時、父が見ていたのを横で見ていて、ふと吉永小百合に目が釘付けになった。既に国民的な大女優としてブランド化していて、名前は当然知っていたが、実際に若き吉永小百合を初めて見て、ビビっと衝撃を受けたのがこの作品。

今回改めてしっかりと見て気づいたのは、2代目おいちゃん初登場だったこと。それから登が登場したのが久しぶりだったこと(2作品ぶりか)、などなど。登はまたフーテンの登に戻っていた。旅先で登が「兄貴〜!」と大声で呼びかけてくるとこっちまで嬉しくなる。

シリーズ中のお気に入り作の一つだし、歌子さんに結婚したい相手がいると知った時の切なさも、見ている自分まで一際大きかった。それも吉永小百合効果だろう。
>|