続・男はつらいよの作品情報・感想・評価

「続・男はつらいよ」に投稿された感想・評価

寅さん母と会う
たぬきばばあ
悲しいことが多い回
romio

romioの感想・評価

4.0
1作目の続編として、それぞれのキャラがさらに動き出し、
今回は家族というものに焦点を当てた素晴らしい回となっている。

ベタ中のベタをまったく外すことなく面白おかしく見せてくれる男はつらいよ。
喜怒哀楽の楽しさよ。
まったくなんていい作品なのだろうか。
四半世紀生きてきたからこそ、感じるものもあるのだろう。
子どものころは分からなかったこと、まだ分からないことも多いのだろう。
人生の節目に見ていきたい。
もう笑って泣いて大変でした。
ミッチ

ミッチの感想・評価

4.0
初期の男はつらいよは、寅さんの感情の機微が豊かだ。後期から入った身としては、全く違った映画に思える。男は、涙の分だけ成長するのですな。
kuu

kuuの感想・評価

-
過去鑑賞記録なんだけど、ふと思い出した!これって寅さんの生みの親(ミヤコ蝶々)が出てきたはず!そのお菊さんだったかがやってる、ラブホテルが京都祇園の安井のにある!これが実際にあって、ラブホテル街だった!先日京都に帰った際に安井のホテル街の話がでて、なんと今でもやってるみたい!男と女の情念渦巻くラブホテルで愛し合う根性は無いなぁ、、、
Filmsounds

Filmsoundsの感想・評価

4.0
愛すべき寅次郎節と冴え渡る山田洋次演出はそのままに、登場人物たちがより生き生きと動き回る続編。森川信演じる竜造の小気味良い立ち回りに、磨きがかかっていたと思う。寅次郎が産みの母と再会するという重要なプロットを擁しつつも、マドンナとの恋模様は一作目より丁寧に描かれている。ライバル役の山崎努も良い演技をしていて、キャスティングの妙に酔わせてくれる。これからのシリーズの行方を占う、素晴らしい仕上がりになった第二作。
シナチQ

シナチQの感想・評価

3.5
2作目。
バイブレーションベッドで寝転がってみたい。
こんな若い山崎務初めて見たよ。
kaori

kaoriの感想・評価

3.8
お母さんの回。

はちゃめちゃだったけど、
この親あっての寅さん!
ミヤコ蝶々さんの勢い素晴らしかったなぁ〜


夏子さんとドキドキする後ろで
波打つバイブレーションベッド 。。


病院ではしゃいで人気者になっちゃう寅さんも好感もてたなぁ。

笠智衆さん演じる、御前様
ほんといい大人。
先生の通夜での、寅さんへの一言にグッときた。

おとなだ〜

あぁ、男はつらいよ って面白い!
いつも寅さんの周りに人いっぱい。
Ayumi

Ayumiの感想・評価

3.5
笑いに古さを感じなかった。はじめての寅さん。やっぱり不細工。笑
ミヤコ蝶々先生の「情に溢れる、浪速のインゴウババア」ぶりが、泣かせます。僕にとっては、このシリーズの作品中、ベスト5に入る作品。
ごじ子

ごじ子の感想・評価

4.0
前作のヒットを受けて突貫工事で作られた第2作。まだ大女優を起用する予算もステータスもない時期の佐藤オリエさんマドンナ作品。散歩先生は本名のはずないんだけどその辺りのことは掘り下げず「明治の教養人」ですべて説明されている模様。実母登場ももっと膨らませられる題材なのにあっさりしているのはまだまだシリーズ化の予定がなかったからか。いろいろ書いたが全体として一点の不満もなし。90分ちょっとという長さもいい。
>|