男はつらいよ 寅次郎子守唄の作品情報・感想・評価・動画配信

「男はつらいよ 寅次郎子守唄」に投稿された感想・評価

やみこ

やみこの感想・評価

5.0

佐賀県呼子でダメ男から赤ちゃんを押し付けられてしまった寅次郎、赤ちゃん背負って帰郷、またもや、とらやはてんやわんや

ちな今度は看護師の女性に一目惚れ👌

笑いと感動に溢れた素晴らしい一本でした😚✨
Maki

Makiの感想・評価

-
久しぶりに寅さん。心が枯れたときに鑑賞すると、ころっといつもすくわれてしまうのよなあ。

そんなわたしの心の療養てき役割を担う男はつらいよシリーズは、何度みたって同じようなオチとお決まりのパターンの連続で。…もうわかったよ!と思っているのになぜか毎度毎度、ほろっとこころが軽くなるような、あたたかくなるような。人情と、人間らしさと。不器用で、不完全で、無骨で、未熟者で、まわりに迷惑かけあきれられて…でもいつもどこか粋で、まわりからなんだかんだいっていつも愛されてる。

わたしは、"もう(いっぱいいっぱいで)今日は人に優しくできません!"てときには散歩に出るようにしてるんだけど、寅さんもフラれ、居場所がなくなると旅に出る。その行為はちょっとわたしのそれと似ているのかもしれない。とも思った。

同じような内容でもこう、何度みたって感じることがちょっとずつちがうのも見どころだねぇ。。。好きだね〜

長くなりましたが、、、あばよ!
(寅さんふうにね)
mkk

mkkの感想・評価

3.5
おいちゃんに慣れ親しんだところで…
まぁそれはさておき

正攻法でいくことに心動かされる
今回もまた幸せにしちまったね…

寅さんみてると最近切ないわ
2020.7.4
14:十朱幸代
今回は赤ちゃんが出て来てバタバタ
十朱幸代が可憐で可愛い
吉永響

吉永響の感想・評価

3.8
この作品から3代目のおいちゃんになった。嬉しいけどなんか切ない終わり方だった。
Shun

Shunの感想・評価

4.3
「男はつらいよ」14作目26本目


3代目おいちゃんがここからです
個人的には1代目と3代目が好きです


ストーリーはシリーズの中でも上位に入るくらい好きです
ひろしがケガするサブストーリーも、メインの話になる赤ちゃんの話も、マドンナと恋敵の三角関係もよかったです

最後の寅さんのカットってだいたい笑顔のイメージだけど、今回はなんとも言えない表情で、それもまたよかったです、、


ほんと、コロナが落ち着いたら柴又行って聖地巡礼したいです!
おいちゃんがまた変わるとは思ってなかった😲wikiで松村さん調べたけど、シリーズ中に亡くなったわけではないと知って、残りは全部この方がおいちゃんを全うされるかと思ってたのと、前のおいちゃんからとらやの亭主として馴染んできた頃やったのでショック😱
寅さんお見送りに際しての寅さん劇場が始まる頃には馴染んできたような、きてないような😅
それに加えて赤ちゃんの登場👶🏻この父親役の人の顔に喋り方、なんか見たことあるぞと思ったら月亭八方さんやん笑
看護婦の京子さんの雨の粉とか、面白くてカラカラ笑ってモテそうやけどな💕
踊り子役の人が前に別の役柄で出てきてた👀昔ってこんなやり方あったんや!?
鵜

鵜の感想・評価

3.5
録り溜め寅さん
笑いがたくさんある作品だった
旅立ちの唄、上條恒彦がこんな役をこなしていたとは驚きだけど、時代を反映していたのでしょう
倍賞千恵子さんはもちろんの事、十朱幸代さんもかなり美しい方だと再認識しました!
この時代の女優さんたちは、ほとんど整形なしでこんなに綺麗だったのかと、改めて脱帽です‼️
いつもながらの安定したフラれ役の寅さんが定番化していて、落ち着いて観られるシーズンに入ったのでしょうね
masa1

masa1の感想・評価

4.0
シリーズ14作目。
【男はつらいよ寅次郎子守唄】
マドンナは十朱幸代。綺麗(✻´ν`✻)この人こんな綺麗だったかな。
今回からおいちゃんが三代目に変更。
そして寅さんが恋愛指南をし始めた最初の回かな。
寅さん40歳らしい。そりゃ恋愛のベテランだもんな。
今回は寅さん旅先で預けられた赤ちゃんをとらやに連れて来てしばし育ててもらう事に。
そして赤ん坊を心配して九州からとらやに迎えにきたその後の育ての母曰く、別れた後心配したけどとらやで幸せに育てられたんだね!と大喜び。ここで号泣第一回目だよ。
恋愛に悩む若者は寅さんシリーズを教科書にすべきだね。文部科学省で推薦すべきだよ
まず八方さんがクソ役
寅さんも褒められたものではない
なのでそこがひっかかってあまり入り込めなかった

おばちゃんが可哀想
>|