男はつらいよの作品情報・感想・評価

「男はつらいよ」に投稿された感想・評価

人々は寅さんに対する親しみをこめた各々の呼び方を持っていて、それぞれの関係性は違っても、みんな調子がいいだけのやくざ者に笑わされたり泣かされたり、振り回されて、それでも最後には帰りを待つ。手のかかる子ほどかわいいイズムは保持し続けたら中年でも通用するんだな。
笠智衆のバターやばい。
最初は寅さんって自分の事しか見てないし人に手上げるしクラッシャーすぎるしひどい!って思ってたけど見終わったら「寅さん.......♡」ってなりました。下町人情やっぱり憧れるなあ

このレビューはネタバレを含みます

○福岡市総合図書館シネラにて一作目を再鑑賞。長きに渡るシリーズの一作目にてすでに完成形である。

○ドラマ版があったとは言え、かなりのキャラが登場するのに、それをストーリーの進捗と共に観客へ理解させる演出はさすが。

○要所のコメディ要素も外れがなく、また最後にはホロリとさせられる。

○特筆すべきは倍賞千恵子の登場シーン。近所の人の中に現れる際立つ美貌。本来ならロマンスのヒロインの登場のよう。その後の優しく、そして人情味ある実直なキャラ創造も素晴らしい。

○また魅力としては対極にある妖艶な表情も見せる光本幸子。その後もよく登場する寅さんには到底手が届かないお約束キャラ。

○本当に90分だったのかと鑑賞を終えて感じたのは言うまでもない。
デンロ

デンロの感想・評価

3.5
初めて鑑賞
無知な私は釣りバカそっくりやんと思ったが当たり前だった。山田洋次監督だった。
キャラクターを魅力的に見せるのがとてもうまく、どこか憎めない寅次郎を作り上げている
キャラクターを魅せるには欠点を如何にうまく見せるかというのを聞かされたのを思い出す
まさにお手本のような作品だ。
主人公登場→周りとの関係性説明→さっそく失敗逃げ出す→ヒロイン登場のこのこ帰還→また失敗から今度は結果オーライ→人情劇→浮かれた先に失恋→また旅へ
シンプルな設定で映画を1本撮ってしまうのだから凄いとしかいいようがない
倍賞千恵子さんが美しい
ひろし告白ばなし👨🏻‍⚕️
結婚式でパパのこときにする寅さん🐯
やさしさ🐯
えみ

えみの感想・評価

5.0
寅さん見てるだけで、笑いっぱなし🤣
自然と笑顔にさせてくれる。
ほろりと泣かせもしてくれる。
人情味溢れる映画。

ひろしとさくらの結婚式。
倍賞千恵子さん可愛い💕
カイル

カイルの感想・評価

3.7
1作目。
とらさん「冗談いっちゃあいけねえよ。」
おいちゃん「馬鹿だねぇ。まったく。」
このやりとりがいいねぇ。
倍賞千恵子、昔は地味で特別綺麗とも思わなかったのすが、今見るとおおーーーなんと美しい!大輪のバラのような美しさではなく可憐なマーガレットのような愛らしさ。前田吟も昭和の二枚目。
キーパンチャーとかBG(ビジネスガール)っていう言葉が時代を感じます。ちなみにBGって売春婦という隠語であったらしく東京オリンピックを前にNHKで放送禁止になったとか。
寅さんマジでムカつくし最悪の状況クラッシャーなんですけど、空気読めない人間こそが何かを変えていく様は救い。そしてこれは寅さん自身の成長譚でもある。
ああはなりたくないが憧れはある。

博の父親が志村喬! 最後の結婚式の多幸感がヤバすぎた。おめでとう……
Masataro

Masataroの感想・評価

2.4

このレビューはネタバレを含みます

日本屈指のシリーズ物の第一作品。

初めて視聴しましたが、今の感覚で見るとひたすらムカつくだけのストーリーです。

降って湧いた息子にお見合いを依頼する親。
常識知らずの寅さん
すぐ暴力を振るう。

昔はこんな物だったと言えばそれまでですが、古き良きの古さは感じる物の良きは感じませんでした。
Hideyuki

Hideyukiの感想・評価

4.1
沁みる〜
https://youtu.be/y0U2IdvmAXw
>|