剥き出しにっぽんの作品情報・感想・評価

剥き出しにっぽん2005年製作の映画)

製作国:

上映時間:91分

ジャンル:

3.3

「剥き出しにっぽん」に投稿された感想・評価

泥レスのシーンはオモロイ。ただ、そこに行くまでの前半が長い。
HIRO

HIROの感想・評価

3.5
あの顔からはこんな作品作ると思わないが畑でのやるかやらんかシーンは最高
前半は面白くない
なんとも言えない独特の間がいい。
石井裕也の脚本の上手さが分かる。
いろんな意味で剥き出てる。
石井監督の学生時代の作品。脚本に偉大な監督になる片鱗が見える。ダメな人間がどうもがいて生きていくのかをこの頃から描いていたのかと思うと、今とあまり変わってない事に気がつく。若さゆえのエネルギーに溢れている。
田中元

田中元の感想・評価

3.6
前半はいろいろどこかで見たようなスタイルの場面が続くが、そういう雰囲気を真似た学生映画なら普通はカッコつけて描こうとしないことでかえってぷんぷん匂いかねない童貞臭さを真正面に取り込んで、でも最初からカッコつけずに童貞臭さ丸出しな学生映画にも当然ない演出力ばっちりの、そりゃあPFFグランプリとるのも納得の作品でした。あと、途中で主人公のお母さんがヒロインにあんたエロい顔してるねみたいなことを言うのだが、ほんとにそのとおりの人をちゃんと起用してるのもいいと思います。
良い。
脚の骨が剥き出しになるくらいのケガするシーンがエグい。
CCC

CCCの感想・評価

3.1
桂都んぼ(今の桂米紫)が、ちょっといい味。
トミー

トミーの感想・評価

1.5

このレビューはネタバレを含みます

「ここを掃除したって、地球規模でみたら別の場所が汚くなるだけ」
「金持ちもホームレスも結局はこれ(吸い殻=死体)になる」
などと言った、こいつ何言ってんだとどつき回したくなるようなクソみたいな台詞ばかりで頭を抱えてたら映画が終わってました。

人生知ったような台詞ばっかりだけど、
思いの外説得力がない。
監督も若いし、キャストも若いから。


ていうか、主人公が嫌い。
主人公の言動がきもい。そして顔が腹立つ。
主人公の、特に現状を良くしようともせずウジウジウジウジしてる感じが腹立つな〜。

なんで処女じゃないことにお前が怒ってんだよ…。
事に勤しもうとする前の
「そろそろさ〜、」とか、
「働いた〜…働いたな〜…」とか、
すげー腹立つ。
いや、なんか男だからわかる分、キモイ。


ていうかこいつ、自分勝手すぎるでしょ。
頭っからケツまでこいつ自分のことしか考えてないし。平気で親父のこと殺そうとするし。

一人で勝手に舞い上がってる感じも、全然微笑ましくない。
「オンナの武器使えばいいじゃねーかよ!」とか、もうドン引きだよね…。
なんで迎えに来たからって自分のこと好きだって勘違いしてるわけこの人は…。
「なんで挨拶すんだよ!」とか、はい…?


登場キャラクターに一切の魅力がないんすよね。つまんない。
頑張って観たけど、正直、最後まで見たいと思える内容じゃない。

終始真顔だったけど、
「許してよ!!」「許すよ!!」「許してよ!!」「許すよ!!」だけ笑った。
石井裕也監督 何の変哲もない田舎を舞台に、人間のこっけいさをつづっていくヒューマンドラマ。
Sashiwo

Sashiwoの感想・評価

-
ぴあフィルムフェスティバルのオールナイトで鑑賞。

悶々としたドロドロの思春期のエネルギーが、開放的な農村地でも尚抑制され、最後にそれが爆発したという印象。
とても刺激的な作品で多分歳をとってからは見れない映画だと思う。
方向性は違うけどやり過ぎな感じは、相米慎二を思い出す。

追記
2016年の大ヒットアニメ映画『君の名は。』が排除していた全ての「汚」を一身に引き受けている映画。
>|