幻の薔薇の作品情報・感想・評価・動画配信

「幻の薔薇」に投稿された感想・評価

オユカ

オユカの感想・評価

2.8
レアセドゥを観る映画。
夫にキレちらかすシーンが1番好き。笑
フランス映画っぽく淡々としている。貧しい家で育った女がバラ栽培の旧家の男と結婚。パリのマンションに憧れ、素敵な家具や電化製品と次々に手に入れ浪費して夫とすれ違っていく。やがて離婚して何もかも失くす。哀れな話。
s子

s子の感想・評価

3.6
レアセドゥ目当てで鑑賞した👏✨
安定にレアセドゥ美しかった😍✨
ヌードも凄く綺麗でまさに美✨て感じだった🫢✨
でも、いくら美しくても浪費癖があるのはダメだよね🙅‍♀️
身の丈にあった生活をしないといけないと思った😵‍💫
なんだかとってもエリック・ロメールでした。ロメール亡き後もフランス映画の伝統の一つとしてこういう映画が作られ続けるのはとってもいいなと思った(これ2009年公開作品だから2010年没のロメール実際はまだ生きてるんだけど細かいことは気にしない)。

特にすごく好きだというわけではないんですが、エリック・ロメール的な映画が存在し続けて新たに生み出され続ける社会には余裕があっていいなと思うんです。こういう映画は余裕がなくなったら真っ先に切られて居場所がなくなって排除されてしまう類のものだから、世の中にあってくれてあり続けてくれてありがとう、と思う。

この映画のレア・セドゥ(ノーブラ仲間)に関しては園芸楽しいぞ!とだけは言いたいですね。趣味の園芸楽しんでる身からするとあの辺の話めちゃくちゃ食いつきますし、なんなら今私が毎日頭を悩ませているいちご(バラ科)がナメクジに食べられてしまう問題について対処法をご教示いただきたいです切実に。私が食べる前に全部ナメクジがね!食べちゃってね!憎いんだよ!
miyuki

miyukiの感想・評価

-
メイクシーンが好き!わかりやすく説明すると通販にはまった女性が借金して離婚してしまうお話。
戦争後にメイク💄サロンで働くマージョリーヌはダニエルと結婚💒ある日ダニエルは田舎のひいおじいさんの家を買って住みたいと言い出す。そこには薔薇園🌹があり薔薇の研究🧪をすることに。マージョリーヌはあまり喜ばなかった…
唾リンゴ洗い!
パイプ投げ!
足元のアングル多いな。
おっぱい丸出し!!
娼婦は体の毛を剃るのよ!
バルコニーで堂々と浮気!
マジギレされて笑っちゃう夫!

超絶美人なのになぁ。
見栄とか憧れとかで暴走しちゃう女の人って結構いるよね。
身の丈を見極めるのが大事だし、結婚は慎重にしなきゃだね。
レアセドゥが良すぎて外出踊ったり足の裏とか最後まで全部いいシーンに見えるな?
好きだわぁ。

破滅的な話ではあるけど、フランスのノリで軽く流れるように観れる不思議な映画。
O

Oの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます


“本を読まないね 読書は嫌い?”
“自分の物語だけで手一杯だから”
まさ

まさの感想・評価

2.0
ヌーベルバーグっぽい
レア・セドゥのための映画
𝄑𝄑も美しいが
顔面が性器のようにエロい
2022/6/7#57ある美しい沼をこちらから眺めていた。気が付いたら足元は泥濘、いや、すっかりもう沼の中。底から水面を見上げていた。そんな感じのレア・セドゥらしい捉えどころのない映画。
カメラの構図や寄り方、場面の切り替わりの暗転など巧妙。
バラを並べて比べるシーンは妙にセクシーでエキゾチック。
愛らしい音楽とは裏腹にストーリーは、まさに沼。
Seth

Sethの感想・評価

3.5
フランスの近現代史をサラッとしか知らない自分にとっては、少し難しかった笑
ヴィシー政権、レジスタンス、戦後、消費社会への突入、、が描かれるけど

レアと夫の話と、社会の変化の話の繋がりがいまいち自分にはわからなかった、、
小説が原作と聞いて納得の難解さだし、ハリウッド映画みたいにわかりやすいナレーションとか入らないから難しい。笑


『ボヴァリー夫人』と似てるなぁって思うとこもいくつか!
堅実だけどあまりロマンチックじゃない夫と、労働者の出でお金がないのに夢見がちで、浪費に走る妻の構図はおそらく『ボヴァリー夫人』から来てるはず
だから、消費社会とレアの浪費をかけてることは明確なのかな

あとはよくわかんなかった


終始レアセドゥが美しかった!!
>|

あなたにおすすめの記事