エタニティ 永遠の花たちへの作品情報・感想・評価

エタニティ 永遠の花たちへ2016年製作の映画)

Eternité/Eternity

上映日:2017年09月30日

製作国:

上映時間:115分

3.6

あらすじ

ヴァランティーヌがジュールと結婚した理由は、19世紀末フランスの上流階級においては少し変わっていた。親が決めた婚約を自分で破棄したのだが、それでも諦めないジュールに初めて心を動かされたのだ。夫婦の愛は日に日に深まっていったが、病や戦争で子供たちを失ってしまう。そんなヴァランティーヌに再び喜びをくれたのは、無事に成長した息子のアンリと幼なじみのマチルドの結婚だった。マチルドの従姉妹のガブリエルと夫…

ヴァランティーヌがジュールと結婚した理由は、19世紀末フランスの上流階級においては少し変わっていた。親が決めた婚約を自分で破棄したのだが、それでも諦めないジュールに初めて心を動かされたのだ。夫婦の愛は日に日に深まっていったが、病や戦争で子供たちを失ってしまう。そんなヴァランティーヌに再び喜びをくれたのは、無事に成長した息子のアンリと幼なじみのマチルドの結婚だった。マチルドの従姉妹のガブリエルと夫も頻繁に訪れるようになり、大家族のような賑やかで幸せな日々が続く。だが、運命は忘れた頃に意外な形で動き始める──。

「エタニティ 永遠の花たちへ」に投稿された感想・評価

19世紀末のフランス。
婚約を破棄したにもかかわらず、あきらめないジュールに心を動かされたヴァランティーヌはやがてジュールと結婚。
年月とともに夫婦としての絆も深まっていく。
戦争や病で子どもたちを失うという悲しみを乗り越え、無事に成長した息子のアンリが幼なじみのマチルドと結婚したことに喜ぶヴァランティーヌ。
息子夫婦に加え、マチルドの従姉妹のガブリエラらもヴァランティーヌのもとを訪れるようになり、大家族のような賑やかで幸せな日々が続くのだが、、


愛と死は共存していることが良い方向にも悪い方向にも繋がっている。
死があるから生になることもあれば、生があってこそ死が訪れる。
全編通して愛が溢れていました。

セリフが少なく、盛り上げてくれるのはクラシック音楽と俳優たちの表情や演技を見て自分の気持ちを高められるかって感じ。
基本セリフではなくナレーションが説明してくれる感じ。
俳優たちはもちろん、風景や衣装どこを見ても美しく、美術館に飾ってある絵画のような作品でした。

ただ俳優たちの役が多すぎて、どの役の名前が誰でこの人は誰と結婚していてどういう繋がりかを覚えていくのが大変でした。話が進んでいくにつれて増えていくから大変。子供多すぎて子供の名前覚えられない問題。
てか中盤からオドレイトトゥ出てこないからね。
あや

あやの感想・評価

3.7
「青いパパイヤの香り」でデビューしたベトナム出身のトラン・アン・ユン監督作品

評価する基準で好みが分かれそうですが、一言でいうと、まるで美術館にいるような映画。時代に振り回されがらも繁栄を続ける一族の、悦びと哀しみを描いた絵画のような一本です。
AT

ATの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

緑と花に囲まれた美しい家。
もちろん家の中も素敵。
そして女性の動きが上品で美しいと思った。ゆっくりで丁寧な…

でもそんなブルジョワ階級の人たちにも平等に死や別れがやってくる…
そんな世代の移り変わりから、最後に第五世代として舞台がパリになり、それは最後のワンシーンだったけどとても素敵なシーンだった!
こうして命は受け継がれていく、って。
かめ

かめの感想・評価

4.0
綺麗な映画だった。賛否両論分かれそうだけど、自分的には好みの映画だった。映画全体に愛が溢れてて、ほんわかしたわ。
昔は今のような医療も発達してなくて、平均寿命もはるかに若かったし、今の時代でよかったーと思うこともたくさんあるけど、なんか今の人たちより今を大切に愛おしく生きてますーーーって感じが強くて昔は昔の生き方ですごくいいなって思いました。でもいろんな人が死にすぎて、次は誰が死ぬんだと途中からハラハラして見てた笑
それにしても産んでも次から次へと産んでて、ほんと昔のおかあちゃん尊敬ですわ!!!
scarface

scarfaceの感想・評価

3.4
トラン・アン・ユン復活の兆し。話も映像も音楽も雰囲気もどれも良かった。

このレビューはネタバレを含みます

※ レビューというよりただの自分メモ

最初は母親目線、次は息子の結婚相手のマチルド夫妻目線で続いていく。
鮮明なまでに美しい。
高貴な家庭に生まれた娘なので衣装も家具の揃え方もキレイ。
娘が陽を浴びて卵を持ち、道をかける姿でさえ絵になる美しさよ。
透明で滑らかな肌をずっと観ていたい。

たくさんの子供を産んで愛してきたのに、子供たちの方から家を去るもの(突然修道院に入ると言いだした)、結婚して
出ていくもの、徴兵されて意志ではなく去るもの、どんどん母の前から居なくなってしまう悲しみはつらい。

約2時間の中で10人以上は亡くなってるんじゃなかろうか

1:23:50分位で流れてる音楽聞いたことあるんだけど、ドビュッシーだったけ?サティではないと思うんだけど…


ブルジョワ夫妻の娘は5人…そのうち二人は幼くして他界
やがてエレーヌとアンリエット、ヴァランティーヌは結婚した。その3人から18人の孫が生まれ第2世代は43人になる。3世代は154人。4世代は231人…


「双子の最期の顔を母は知らない」

“人生とは死者を見送るものなのだ”

“愛は学ぶもの。与えられるものじゃない”

“君の最期を見届けるよ。君もそうしてほしい。妻になってくれ”

「男性の愛は神の愛より確かだ」

”眠れぬ夜を過ごし、枕は汗で濡れた”
shuco

shucoの感想・評価

-
映像美が素晴らしい
基本、綺麗な女性が大好きなので前半はそれだけで満足だったけど、内容がひたすら妊娠出産の繰り返しなので途中から食傷気味になった。
ほかに娯楽がない時代はどこの国も出生率が上がっていたんだろうけど、戦争や伝染病やらで淘汰されることが決まっている時代でもあったのかな…とも思った。
kana

kanaの感想・評価

3.8
とにかくきれい。
生と死の繰り返しの中に、確かに人を愛した日々がある。それってすごいことなんだなと思った。
bug

bugの感想・評価

-
流転する人生の中で、愛が産まれ育まれる過程が丁寧に、美しく描かれている。
愛によって命は恵るのだなと深く心に刻まれた。
ただ、自分には少し美しすぎた。愛は美しいものだけれど、美しさが愛なのではない。涙や憤りなど、込み上げる感情や、恥ずかしいほどの生活感を抜きにして愛は語れない、と自分は思う。
でもだからこその、「永遠の花たちへ」というタイトルなのだなと。
語らぬ美しさ、逞しさ。新しい命への愛を潜めて、枯れるまで寡黙に咲き誇る。それが花たちのもつ魅力。
Saki

Sakiの感想・評価

4.0
常に絵画を見てるみたいにとっても綺麗!

台詞が少なく、映画を盛り上げるのは見てる自分の感情とクラッシック音楽。
20年後に見たらまた視点が変わりそう!
>|