エタニティ 永遠の花たちへの作品情報・感想・評価

エタニティ 永遠の花たちへ2016年製作の映画)

Eternité/Eternity

上映日:2017年09月30日

製作国:

上映時間:115分

3.6

あらすじ

ヴァランティーヌがジュールと結婚した理由は、19世紀末フランスの上流階級においては少し変わっていた。親が決めた婚約を自分で破棄したのだが、それでも諦めないジュールに初めて心を動かされたのだ。夫婦の愛は日に日に深まっていったが、病や戦争で子供たちを失ってしまう。そんなヴァランティーヌに再び喜びをくれたのは、無事に成長した息子のアンリと幼なじみのマチルドの結婚だった。マチルドの従姉妹のガブリエルと夫…

ヴァランティーヌがジュールと結婚した理由は、19世紀末フランスの上流階級においては少し変わっていた。親が決めた婚約を自分で破棄したのだが、それでも諦めないジュールに初めて心を動かされたのだ。夫婦の愛は日に日に深まっていったが、病や戦争で子供たちを失ってしまう。そんなヴァランティーヌに再び喜びをくれたのは、無事に成長した息子のアンリと幼なじみのマチルドの結婚だった。マチルドの従姉妹のガブリエルと夫も頻繁に訪れるようになり、大家族のような賑やかで幸せな日々が続く。だが、運命は忘れた頃に意外な形で動き始める──。

「エタニティ 永遠の花たちへ」に投稿された感想・評価

ちぃ

ちぃの感想・評価

3.5
結婚して、子供が生まれて、そのうち子供が結婚して…っていうストーリーを淡々と追うだけの映画。
“目の保養”で割り切っちゃうと、感想が「オドレィ・トトゥの年齢不詳っぷりがヤバイ。」の一言で終わってしまいそう…。
でもそれじゃちょっともったいない気がするので、自分なりにいろいろ考えてみた。

なぜ今、この作品なのか?

19世紀末〜20世紀初頭(日本だと〜昭和10年代くらい?)は、子供も若者も簡単に死んでしまっていた時代。
どの女性も、結婚してたくさん子供を産むことが人生の目標だったんだろう。
もちろん女性の自立や平等な権利の獲得を目指す活動家はいたはずだけど、この映画には登場しない。

そもそも登場する女性達は軽んじられてもいないし、裕福で、愛に恵まれている。
喪失の悲しみに見舞われる回数は多いけど、総じてハッピーなので憐れんだり批判したりする気にもならない。

…結局全然分からないよ(笑)

縁遠いフランス上流社会の美しい世界に生きた優雅な人々のお伽話に見惚れる分には最高だと思う。お肌には良さそう。

18-46
実験4号

実験4号の感想・評価

3.3
映像と音楽が本当に美しい。

それにしても不思議な映画だった。
人の一生の上澄みの綺麗なところだけを描いたような作品なのに、薄っぺらいわけでもない。

ずいぶん昔に大ベストセラーとなった鈴木光司のホラー小説『リング』『らせん』の完結編『ループ』に近い世界観というか、まあ、世界観は似ているけれど表現の仕方が全く違うのだけど、俯瞰して見れば人の営みなんて永遠に続く仕組みの一部でしかない、と言う。

とにかく何もかも美しいので観る価値あり。登場人物もこれでもか、というくらい美形ばかり。

不労所得階級のなんと羨ましいことよ。
カメラワークとか雰囲気とか似てるせいで、実はテレンス・デイヴィス作品と勘違いして見てしまったのだけど、久々にトラン・アン・ユンの美しい映画を見た気がする。

ということで映像的には満足のいくものではあったのだけど、全体の空気感が長閑すぎて眠気を催してしまったのも事実。

でもトラン・アン・ユン作品でここまで小津やダグラス・サークっぽい撮り方がされていた作品も珍しいから、そういう意味で彼の作品では好きな方。
沢山産まれて沢山死ぬ
同じようなくだり何回やるんだと思う
映像が本当に綺麗
小説を映像化したみたいな映画
ブルジョワ生活〜
子を産み育てた後にひとりで死ぬ女の人生の方が興味あるけど
とにかく子供をもつ喜びに溢れている映画なのでこれを女性全員に観せたら少子化対策になるのではとか思った
PalmaRosa

PalmaRosaの感想・評価

3.5
音楽と映像がうっとりするくらい綺麗。
けどストーリーは単調でちょっと物足りなさも感じた。
specify009

specify009の感想・評価

2.3
綺麗な絵画のようなシーンが続くが、かなり退屈なストーリー展開。
途中で挫折しそうになりました。
オドレイトトゥが途中から仏製大竹しのぶに見えてきてからは覚えてない
mamiko

mamikoの感想・評価

3.0
一昔前の時代だから理解はできるけど、女性としての幸せは男性から愛されて、たくさんの子どもたちに囲まれること以上!って感じだったのがいまいち共感できなかった。出てくる人みんな聖人かと思うぐらい慈愛の精神に満ち溢れていたところにも違和感。
一族の年表を2時間にまとめた感じで観てて若干退屈だったけれど、とっても綺麗な映像と女優陣でギリギリ耐えた。
moeka

moekaの感想・評価

3.1
生と死が繰り返されることで人間は永久的に存在し続ける といったテーマ

美しい3世代の命が誕生し、消えていく姿をゆったりとスクリーンにうつしてる感じ
ゆったりしすぎてるが故おっさんのいびきがどこからか聴こえてきたりこなかったり

時代が時代だったから仕方ないけれど女は産んだもん勝ち、命をかけて妊娠すべき なガチガチの思想には戸惑いました
そんないっぱい子どもいるからいいやん…って何回も思いました

見所は、少女から墓場まで1人で演じたオドレィ・トトゥです
おフランスの裕福な一族のファミリーヒストリーが2時間続く。
女の幸せとは男に愛され結婚し身籠り子育てすること!それが愛!みたいな超絶プリミティブなメッセージに混乱した。紀元前かな?いやもちろん今の我々があるのはご先祖さまのおかげですし、そういう形の愛がとても尊いのはわかりますけど3世帯分はお腹一杯だよ…
「二度と妊娠できない悲しみにうちひしがれた」的なセリフはさすがにちょっと笑った

何が違和感って、子供を産まない女には一切光が当たらないところ。神に仕えるって家を出る娘に、神の愛より男の愛!とかいうあの母親はまあキャラクターとして理解できなくないけど、その娘がサクッと死ぬ感じとか、神に仕える身として性を捨てたのに、着替えのシーンで体のラインを見せたり髪の毛をほどいたり、女であることをこちらに意識させるようなカットがあって意地悪だなあと思ったし女として母としての愛しか認めない感じがなあ。神への愛でもいいやん。

衣装や光や自然や、なにより彫刻のように美しいひとたちの姿はいちいち様になるし絵画のようだった


2018-32
>|