エタニティ 永遠の花たちへの作品情報・感想・評価

エタニティ 永遠の花たちへ2016年製作の映画)

Eternité/Eternity

上映日:2017年09月30日

製作国:

上映時間:115分

3.6

あらすじ

ヴァランティーヌがジュールと結婚した理由は、19世紀末フランスの上流階級においては少し変わっていた。親が決めた婚約を自分で破棄したのだが、それでも諦めないジュールに初めて心を動かされたのだ。夫婦の愛は日に日に深まっていったが、病や戦争で子供たちを失ってしまう。そんなヴァランティーヌに再び喜びをくれたのは、無事に成長した息子のアンリと幼なじみのマチルドの結婚だった。マチルドの従姉妹のガブリエルと夫…

ヴァランティーヌがジュールと結婚した理由は、19世紀末フランスの上流階級においては少し変わっていた。親が決めた婚約を自分で破棄したのだが、それでも諦めないジュールに初めて心を動かされたのだ。夫婦の愛は日に日に深まっていったが、病や戦争で子供たちを失ってしまう。そんなヴァランティーヌに再び喜びをくれたのは、無事に成長した息子のアンリと幼なじみのマチルドの結婚だった。マチルドの従姉妹のガブリエルと夫も頻繁に訪れるようになり、大家族のような賑やかで幸せな日々が続く。だが、運命は忘れた頃に意外な形で動き始める──。

「エタニティ 永遠の花たちへ」に投稿された感想・評価

うさこ

うさこの感想・評価

3.5
愛・生・死
悲しくも綺麗な生と死。繰り返しながら今の私たちがあるんだなって。単純だけど深い内容だった。
映像も絵画のようにとても綺麗だった。
fleur

fleurの感想・評価

4.5
ため息が出るくらい、とてと綺麗な映画だ。まるで絵画をずっと観ているような。
同監督の作品、"青いパパイヤの香り"
のように静かで美しい物語。
ただ綺麗の一言です。
死を扱った作品でもあるのですが、一切の生々しさが無く、誕生も死も別れも、綺麗な音楽と映像の調べに乗って流れて行く感じでした。
一貫して表現されているのは、少女から妻になり、母になり、そして孫を持つようになった女性たちの深い深い愛情でした。
その愛情を受け取る家族の幸せそうな姿は、見ていて、生まれて来た意味を見出せるようでした。
娘であり妻であり母である私にとっては、とても深く感じる映画でした。
riesz77

riesz77の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

好きな女優の共演作、メラニーロランとオドレイトトゥが見たくて鑑賞。監督は『ノルウェイの森』のトランアンユン。全体的に静かな雰囲気。荘厳という言葉がぴったりな作品だった。

映像の音楽が見事に混ざり合っていて圧倒された。セリフはほとんどなく、回想も小刻みに挿入されている。
3世代の女性を中心に描いた話。100年近くの話を2時間に収めた作品だから、ストーリーを楽しみたい人にとっては苦痛に感じる。エンターテイメントとは真逆で、映像美やアートを味わいたい人にとっては魅力的な作品だと思う。

19世紀フランスが舞台なだけあって、衣装や小道具、セットすべてが洗練されている。庭は不自然なくらい色鮮やかで、作られたセットとして見たら冷めるけど、そういったことを忘れさせてくれる話になっている。

多産な時代に病気が蔓延し、戦争も頻繁に起きていたこともあり、たくさんの死に直面する。唯一、最初から最後まで出演しているオドレイトトゥは、10代から老年期までを演じており、メイク効果に加えて繊細な演技に魅了される。
年を重ねてまだお迎えが来ない、というナレーションに複雑な気持ちになった。死ぬことが美徳にはならないし、老けていっても誰も邪魔者扱いしていないのに、天から迎えが来てほしいという表現は寂しい。
Marin

Marinの感想・評価

4.0
ストーリーは、冒頭の幸せの頂点から
淡々と暗転していくだけなのに、
映像と音楽は最初から最後まで
違和感を覚えるほど美しい。ひたすら美しい。

結婚式も、団らんも、看取る瞬間も、葬儀も、均一の美しさで迫ってくる。

※ツッコミ出すときりがないので、ストーリーやシチュエーションは深く捉えない方がいい気がした。
ペコ

ペコの感想・評価

3.5
愛する人と出会いそして母となり大切な家族が各々の人生を生きて行く。悲しいこともたくさん乗り越えて人生は終わりを迎える。美しい映像にとにかく引き込まれる映画。
おりこ

おりこの感想・評価

3.4
映像は綺麗だった。おフランスざんす。もう少しオドレイ・トトゥが絡んでたら面白かったなあ。子供増えすぎてびびる。その分亡くなっちゃうから悲しいけどね。
mo

moの感想・評価

4.0
とにかく美しい。
穏やかで優しい愛に包まれた作品。
見終わった後温かい気持ちになれる。
そして愛する人に触れる時の愛おしい感情が伝わってくるほどに繊細。
こんな伝わり方を感じた作品は初めて。
音楽や映像、セリフ、人物、仕草、何もかもが素敵な美しさで溢れていた。
これは100年に渡る人間の生と死の営みを、特に子供を慈しむ母親の姿を中心に描いたとてもスケールの大きい作品です。
自分も必ず過去の誰かとつながっている……それまでには人の喜び、慈しみ、愛情、悲しみ……あらゆる思いをのみ込んで続いている悠久の時の流れがあるのだと改めて気づかされます。

そして映像の美しさに圧倒されました。
フランス19世紀初頭の上流階級の人々の衣装、室内装飾、広い庭の色とりどりの花や草木……どのシーンをとっても一枚の絵のようで、さらに人物の台詞も少なくゆったりとした動きで、言い換えれば絵画が動いているようだった。こんな映画は初めてで驚きました。本当に美しくただただ見入ってしまいました。音楽もまた素晴らしく、美しい映像をさらに美しく彩っていました。
tokumaru

tokumaruの感想・評価

3.8
命と愛情が積み重なっていくのをみてじわっとあったかくなった

わたしも母になりたい
>|