エタニティ 永遠の花たちへの作品情報・感想・評価

エタニティ 永遠の花たちへ2016年製作の映画)

Eternité/Eternity

上映日:2017年09月30日

製作国:

上映時間:115分

あらすじ

ヴァランティーヌがジュールと結婚した理由は、19世紀末フランスの上流階級においては少し変わっていた。親が決めた婚約を自分で破棄したのだが、それでも諦めないジュールに初めて心を動かされたのだ。夫婦の愛は日に日に深まっていったが、病や戦争で子供たちを失ってしまう。そんなヴァランティーヌに再び喜びをくれたのは、無事に成長した息子のアンリと幼なじみのマチルドの結婚だった。マチルドの従姉妹のガブリエルと夫…

ヴァランティーヌがジュールと結婚した理由は、19世紀末フランスの上流階級においては少し変わっていた。親が決めた婚約を自分で破棄したのだが、それでも諦めないジュールに初めて心を動かされたのだ。夫婦の愛は日に日に深まっていったが、病や戦争で子供たちを失ってしまう。そんなヴァランティーヌに再び喜びをくれたのは、無事に成長した息子のアンリと幼なじみのマチルドの結婚だった。マチルドの従姉妹のガブリエルと夫も頻繁に訪れるようになり、大家族のような賑やかで幸せな日々が続く。だが、運命は忘れた頃に意外な形で動き始める──。

「エタニティ 永遠の花たちへ」に投稿された感想・評価

麻

麻の感想・評価

3.5
観たかった映画に間に合わず。
二番目に観たかった映画。

とても綺麗な映画で、余分な情報を削ぎ取り、女性・生まれることと、死ぬこと、そして愛が、とてもシンプルなテーマで描いているが。

何故か残念だけど、感情移入できなかった。綺麗事すぎる。
眼福映画。
オドレイトトゥ(若返りメイクすごい!)とベレニスベジョとジェレミーレニエに見とれる二時間。
ずん

ずんの感想・評価

3.7
受け継がれていく命

人も生き物も景色全てが美しかった

現代にも紡がれている終わり方も良かった
上野

上野の感想・評価

1.8
映像の芸術性はとても高くとにかく美しいのですが、ストーリーは少し冗長。
回想も、多く入れすぎたりタイミングがおかしかったりで、要らないと思う部分がかなり多かったです。
人生物語だというのはわかりますが、あのテンポで2時間は長すぎます。
セリフが少ないせいか、焦点を様々な人物にあてすぎたせいか、登場人物に感情移入することが出来ず、少し疲れました。

映像はとにかく美しかったです。
ペニー

ペニーの感想・評価

4.0
命の育み、愛の尊さ、人生の儚さと壮大さ。
美しい風景にのせてたんたんと進んでいく。

もう映像がとにかく美しい。
絵葉書のような、印象派の絵画のような、なんともいえない色彩。
衣装も美しい。

ストーリーがこれといってないといえばないので、淡々としてるんだけど、後半に向けて感動が押し寄せる。


すべてがとにかく美しかった✨
みち

みちの感想・評価

3.8

前から観てみたかったトラン・アン・ユン監督の映画、ようやく鑑賞と相成りました。はじめから最後まで絵画のように美しい映画でした。

人生では色んなことがありますし自分の生き方を自由に決めることができるので全てが当てはまるわけではありませんが、基本的に人は

生まれる
愛されて育つ
恋をする
結婚する
子どもを産む
愛し育てる
愛する人の死を経験する
死ぬ

を繰り返し、その人が死んでも愛は永遠に受け継がれている、というお話でした。そう考えるとなんだか壮大な感じがしてきます。
映画の最後にトラン・アン・ユン監督からの「子どもの●●と◯◯へ」という言葉が添えられていて、家族への愛情が伝わってきました。
まりん

まりんの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ストーリーに沿った物語が有る訳じゃない。
ひたすら美しく切り取られた場面場面の連続。
幸せや、不幸。
豪華な屋敷や美しい庭で生きる美しい人々の、受け継がれていく命。
それを切り取っている。
女の一生。がテーマかな。
美しく育て、妻に娶られ、沢山の子供を産み、子どもを、家族を愛し花のように笑って居る事を求められる。
嘆けば周囲が皆で支えてくれる。
ある意味、女が無知で幸せな時代。良家に産まれ、美しく育ったからこそ得られる幸せだけど。
そして幸せな事だけじゃないんだろうけど。
愛する夫が目の前で溺れていても、妻のするべきことは危険を冒して海に飛び込むことじゃなく、子どもたちを安全に家に連れ帰る事。
救けに行ったらきっとはしたないとか言われちゃうんだろうな。
その女たちの一生は更に代が進み、現代にも及ぶ。
子供を産み育てる事の大切さ、美しさの物語でも有るのかな。
彼女たちの誰かが先の時代で、立ち上がり、はみ出してくれたおかげで、今の私たち女性の一生は多岐にわたり選択肢に溢れている。
幸せを感じるのは難しくなったかもしれない。
でも、ありがとう・・だな。
兎に角誰もが美しく、絵になります。
summer

summerの感想・評価

3.6
喜び、悲しみ、その他諸々全てを飲み込み刻は過ぎる。淡々と…
emedia

emediaの感想・評価

3.8
人は生まれ愛され愛して死んでいく
愛する人が逝くのを葬るまでが人生
愛を与え愛を受けとり育む
永遠に繰り反されるバトンの受け渡し

非常に美しい映像と音楽に沿って
ナレーションが時系を語り継ぐ
このため台詞は控えめで
人々の歓び哀しみは
横顔であり背中であり手の動き

すべての子が天使のように可愛らしい
花のように可憐で美しい


劇場がかぎられているので
シネスイッチ銀座に走った
うん!解った!
DVDで観てはいけない作品だ!
つぎの『婚約者の友人』も同じように
hrsw

hrswの感想・評価

2.5
トラン・アン・ユン監督の映画って事で観たけど、映像音楽女優は美しかったが、あまり良いとは思えなかったかな。自分は血筋ストッパーなので、この壮大さはあまりよく分からなかった。
>|