エタニティ 永遠の花たちへの作品情報・感想・評価

エタニティ 永遠の花たちへ2016年製作の映画)

Eternité/Eternity

上映日:2017年09月30日

製作国:

上映時間:115分

3.6

あらすじ

ヴァランティーヌがジュールと結婚した理由は、19世紀末フランスの上流階級においては少し変わっていた。親が決めた婚約を自分で破棄したのだが、それでも諦めないジュールに初めて心を動かされたのだ。夫婦の愛は日に日に深まっていったが、病や戦争で子供たちを失ってしまう。そんなヴァランティーヌに再び喜びをくれたのは、無事に成長した息子のアンリと幼なじみのマチルドの結婚だった。マチルドの従姉妹のガブリエルと夫…

ヴァランティーヌがジュールと結婚した理由は、19世紀末フランスの上流階級においては少し変わっていた。親が決めた婚約を自分で破棄したのだが、それでも諦めないジュールに初めて心を動かされたのだ。夫婦の愛は日に日に深まっていったが、病や戦争で子供たちを失ってしまう。そんなヴァランティーヌに再び喜びをくれたのは、無事に成長した息子のアンリと幼なじみのマチルドの結婚だった。マチルドの従姉妹のガブリエルと夫も頻繁に訪れるようになり、大家族のような賑やかで幸せな日々が続く。だが、運命は忘れた頃に意外な形で動き始める──。

「エタニティ 永遠の花たちへ」に投稿された感想・評価

🎬🎬🎬
-
「エタニティ 永遠の花たちへ」(2016)
-
-

Giftedもやってたけど、
ずっと観たかったこちらがやっと三島に来たので。
-
-
「生きていくことは、死んでいくものを見送ること。」
-
-
とにかくこれは映画館で観るべき美しさ!!!
-
-
木漏れ日あふれるお庭の散策路、
太陽が輝く入り江、
あたたかい日差しが射し込む豪奢なお部屋…♡
-
-
ルノワールの絵のような美しい子供たちと女の子たち。
-
-
淡い色のレースや花柄のドレス♡
-
-
そしてとにかくどのシーンも色とりどりの花に囲まれていて、
どこを切り取っても美しい絵画みたい。
-
-

ピアノの旋律も美しく響き渡ります。
-
-
ストーリーらしいものも、台詞もほとんどなし。
-
-
だからそれぞれの瞳が印象的。
-
-
ただひとが産まれて死ぬ。
すっごくいっぱい産まれて死ぬ。w
-
- -
愛する人に、愛してると伝えて、キスをする。

シンプルだけどたいせつなこと。


でも、たくさんの孫に囲まれて苦労も幸せもたくさんたくさん経験した主人公が、
-
暗い部屋で1人で死を待つラストは、
老いの孤独がリアルに描かれててさみしい。
-
-
ちょうど先日、
夫と、祖母を見舞ったあと、 「おばあちゃんは孫もいて、こうやって会いに来てくれて、人に囲まれているけど、
俺たちは子どもいないから、
あんな最期ではないって思っとかなきゃいけない」
って言ってたのを思い出す、
-
-
うっとり眼福のあとに一抹の不安を感じさせる映画でしたw
-
-
あーでも、赤子がみんな天使みたいに可愛くて可愛くて、
-
今すぐ赤子をだっこして、髪の匂いをかぎたくなったよ…!!!♡
-
-
どっかに赤子落ちてないかな。。。
-
-
#エタニティ#エタニティ永遠の花たちへ #フランス映画#オドレイトトゥ #あやこキネマ
#ひとつ屋根の下の女たちシリーズ
さや吉

さや吉の感想・評価

3.5
湿気を帯びた美しい映像。

とんでもなくシンプルに紡がれる、愛の記憶。
sumire

sumireの感想・評価

4.0
とても素敵なシアターカフェにて鑑賞。その雰囲気込みの点数かも。
すべてが美しかった。モネとかルノワールの絵画の中に入り込んだような感覚。
死にゆく人、おくる人、生まれてくる命、慈しみ育てる人、命の無限のつながりを、柔かな光と音楽で包み込んだ壮大な映画でした。

深呼吸。
ルノワールの絵画に命を吹き込んだような、 美しい映像。
どれだけ審美眼が高いのかと感嘆してしまう光と色彩の混じり方に、洗練された完璧な構図に、そして人々の柔らかな肌の質感に、思わず溜め息が出る。
オドレィ・トトゥはまるで白いバラのよう。彼女達が花と緑に包まれた庭で子供達に、愛する人達に何度も送るキス、その清らかな温もり。
永遠の庭で、彼女達は何世代にも渡り、キスを交わす。
別れのキスも親愛のキスも
永続の中で受け継がれていく。
短命の一族が、生きた証を残すべく、そっと互いの柔らかな頬に交わすキス。
短命だが彼女たちは懸命である。
誕生と喪失に流す涙、交わすキスが受け継がれ、現代へと繋がるラスト、
夕暮れの庭で子供達がオバケの仮装をして庭を駆け回る場面、
夏の日にオドレィと家族たちが水のかけあいではしゃぐ場面。
永続の中での一瞬の美しい記憶の連続に涙が溢れた。
どんな運命をたどろうと生きる美しさを肯定しきっているからだ。
そして一瞬に過ぎない美しさだから
人は絵筆をとり、あるいはカメラを向け、何もなければ頬にキスを交わして生きていくのだよと
トラン・アン・ユン監督に教えられたかのよう。
私たちがいま現在生きるまでに紡がれてきた幾多の、一瞬の物語。
さ

さの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

生まれて間も無く子供を失った時、夫は少ししか一緒にいれなかった。とすぐ割り切るんだけど母は産まれるまでの10ヶ月ずっと一緒に生きてきたわけでそこに隙間が生まれてしまう描写がすきでした。
ゆくぬ

ゆくぬの感想・評価

3.5
全般的に映像が綺麗であり、衣装なども良かった。
しかし、人によっては退屈な印象を受けると思う
MegmiTanak

MegmiTanakの感想・評価

4.0
ある家系の”愛の記憶”の物語。あの時何について話していたなどどうでもいい。あの時あの場所であの人といて、微笑み合い、触れ合い、愛し合い、時には肩を寄せ慰め合い、愛を全身で感じた記憶たち。愛するパートナーと愛する家族、愛する友人…これさえいれば人生はこんなにも美しい。こんなシンプルなことに改めて気付かせてくれた。生涯を共にしたい愛する人と一緒に観てほしい。

実家の物置に長いこと眠っていた埃の被る日記をそのまま映像にしたような、断片的な記憶のイメージとナレーションだけでこんなに素晴らしい映画になるんだなと感服した。
abats

abatsの感想・評価

-
「将来あなたも結婚や出産を経験する。それでも親子の絆は永遠」
蒼

蒼の感想・評価

4.0
映像が綺麗で美術館に来たような気分になりました

3人の女性の強さと儚さと淋しさをみれました
どんな人にもやってくる死に対していろんな捉え方があって自分でも数日考えてしまうほど

人生の中でもやはり母になるということは女性にしかできないことで
ならではの苦悩や葛藤も
10ヶ月の間、その重さも体温も常に感じながら過ごした後にようやく会うことができる
それをまた愛を育めばいいと言ってしまえるのはエゴだ、という言葉が印象に残っていて
確かになぁと

女性に是非観て欲しい映画
Hanami

Hanamiの感想・評価

3.8
トラン・アン・ユンの作品は美しい。特に今作は 美しさに特化した作品だ。
最初のカットから最後まで、どこをとっても美しいだなんて 本当にこの監督は素晴らしい。
もう、美しすぎて 美しすぎて 壊れて欲しくないと思ってしまうくらいに。
美青年の上半身と 美少女の髪を触り合う姿、はしゃぎ合う姿、美少女の振り返る姿、鏡に映る輝く女性たち、何もかも美しかった。監督の趣味丸出しで良かったです。
メラニーロランの女優姿が久しぶりに見れて嬉しかったです、やっぱり彼女 演技がとても上手 。
>|