裏窓の作品情報・感想・評価

「裏窓」に投稿された感想・評価

marina

marinaの感想・評価

4.0
覗き見の覗き見、"ヒッチコック的3D"。

ヒッチコックの作品を古典的ハリウッドの授業では代表のように取り上げられて、その度に観なきゃ観なきゃと焦りながらこれまで観たことがあるのは『サイコ』くらいでありまして…この作品も授業で鑑賞しましたがカメラワークとか本当に面白いし、なんといってもたまらなくゾクゾクさせられます。

立体映画がテーマで鑑賞しましたがネタバレはしたくないので省略。主人公が映画観客で窓の外から見える隣人らは映画のキャスト。主人公の覗き見を私たちは覗き見しながらサスペンス映画を予想する主人公を私たちがさらに予想するという感覚の面白さ!最後にはびっくり、なるほど3D。

しかし、わたしが強調しておきたいのは息を飲むほど美しいグレースケリーです。照明のせいか、彼女の美しさのせいか、なんだかキラキラ光ってオーラありまくりだし、いちいち振る舞い方話し方が高貴で上品でうっとり!はぁ。主人公は結婚が億劫らしいですが、覗き見とかして事件に巻き込まれたり変な目にあう前に結婚して!笑

ヒッチコックを観ずに映画好きとは言えないし、絶対損はないからまずは『鳥』や『めまい』観なきゃ。
sunus

sunusの感想・評価

3.3
最終的になんだったんだか笑

結末は想像にお任せってこと?

モヤモヤする...
mamii

mamiiの感想・評価

4.5
これぞ素晴らしいサスペンス!!

終盤になるに連れて面白さが増していき、手に汗握るラスト。流石としか言いようがない!

直接的な描写は僅かで、派手なシーンがある訳ではない。しかし少しづつ解けてくる謎と終盤の緊張感!何気ない会話や行動に伏線が張られていて面白い。

グレイス・ケリーがとんでもなく美人で、それだけでも見る価値アリ!彼女のファッションも要注目。

サスペンスを楽しみたい時に見るべき名作。これはオススメしたい。
KAZU

KAZUの感想・評価

-
怪我をして家から動けない主人公が暇つぶしに自分の部屋の窓から他人の家々の窓をのぞいていたらとある近所の人の怪しげな光景を目にする。

グレイスケリー美人


ほぼ全てのシーンを主人公の部屋で完結させているのにもかかわらず巧妙なストーリーを引き出せるのはさすがヒッチコック。
みーこ

みーこの感想・評価

4.4
シチュエーションも、登場人物も、カメラワークも、
ああ、本当に美しい映画を撮るなぁヒッチコックは。

ポータブルのぞき穴貸して、いつか言ってみたい。
アルフレッド・ヒッチコック監督作品。
足を骨折し、車椅子生活を送るカメラマンのジェフが、アパートの自室の窓からカメラの望遠レンズを使って他のアパートの住人の様子を人間観察していて、ある日、殺人事件と思われる現場を目撃してしまうという映画。
ストーリーも面白いのですが、この映画の面白さは、なんといってもほぼ全編、ジェフの部屋から撮った映像のみというところ。60年以上前の映画でこういうことをやってしまうのがヒッチコック監督の凄さだなあと思います。
あと、ヒロインのグレース・ケリーが美しすぎるのでそちらもオススメです!
mika

mikaの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

グレースケリーの美しさ♡ ストーリーも面白かった!
みお

みおの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ヒッチコックすごい。語彙力失う。

主人公は足を怪我して動けない男性。
めちゃくちゃ暇だから、自宅の窓から見える風景をずっと見てるしかないっていう…

彼の部屋の中でしか話が進まないストーリーなのに、ぜんぜん地味じゃない。面白い。すごい。

グレース・ケリーの人外的な美しさもすごい。
衣装デザインも美しいし、ケリーバックを持ってるシーンが無かったっけ?


かなり古い映画だけど、今見ても共感できる部分が多いのも凄いところ。


「窓から観察してるのは主人公である」という前提と思いきや、最後の最後に「本当に観察されてるのは誰か?」という問いかけにゾッとして…
ヒッチコックらしいなーと思う不思議な不気味さ…何故だか頭の片隅から離れない映画。
裏窓からの観察対象でしかなかった男が暗闇の中からヌッと現れるの怖すぎるな。
あとこの映画のグレース・ケリーが人智では及ばぬ美麗さを持ちながら独占欲が異様に強いっていう、まさに束縛されたい男の理想像みたいで、ラストだとスチュアートの面倒をみながら勝気な微笑みを見せるとことかグレース・ケリーのキャラクターの中で一番好き。
recchi

recchiの感想・評価

4.0
ほぼ全編が窓から見た映像なのですが、さまざまな住人の生活が細かく描写されていてそこのドラマも楽しめるし、グレースケリーは美しいしで最後まで引き込まれました。
エンドクレジットでは『月の輝く夜に』でも流れていた「that's amore」が流れ、良い感じで物語を締めています。この曲大好き。二人のその後が気になる終わり方です。
>|