暗くなるまで待っての作品情報・感想・評価

「暗くなるまで待って」に投稿された感想・評価

オードリーさんの演技力が高く評価された作品ときいていたけとわ確かに!盲目の婦人を迫真の演技で演じられてました!

終始ハラハラドキドキでした!!

目が見えなくても、感覚が冴えていたり、頭の回転が早く、とんだ危機にも勇敢に立ち向かうところがすごいなと感じました!

あのメガネの女の子もよい仕事してる!

あとあの一番の悪役の奴は悪い奴だがファッションはイカしてました!笑
izumi

izumiの感想・評価

4.2
元々舞台劇だったんだね。鑑賞のあと知り納得。ハラハラさせられ、なかなか面白かった。テレンスヤン監督というのもなんか納得。オードリーの演技期待どおりよかったです。ファッションも素敵。品があって本当にステキな女優さん。
アランアーキン出てたんだ、とこれまた鑑賞後知りびっくり。気づかなかった!
パッツ

パッツの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

オードリー・ヘプバーンって「ローマの休日」のような可愛らしい役柄の作品が印象的ですけど、私はこの作品や「シャレード」のような、サスペンスのヘプバーンが好きです。
主人公が盲目であることで中盤まで不利な状況に感じられていたことが、それを逆手に取り有利に転じていく展開、あっぱれです!

このレビューはネタバレを含みます

○目の見えない主人公とそれを分かって色々仕掛ける悪役との攻防は面白い。

○マイクが敵であることは観客は知っているが、スージーと同じタイミングで敵であると分かる展開であればと思わせる。あと、人形の行方はもう少し機転の利いた感じだと良かった。
ムー

ムーの感想・評価

3.7
ほぼ一つの部屋だけで繰り広げられる舞台型サスペンス
限られたシチュエーションの中での伏線の張り方が上手い
冒頭から、ずっと次の流れを期待させ続ける展開の仕方も面白い
細かいところがよくできてて面白いぶん、ストーリー自体に多少ツッコミたくなる点があるのが少し残念

オードリー・ヘップバーン、初めて見ましたが、けっこう大げさな演技なんですね笑
ところどころ挟まれる説明口調や、メロドラマのような話し方が若干気になったけど、盲目の役が恐ろしく上手い
怯え方などももちろんのこと、焦点のぼかし方がすごく自然で、没入感に一役買っている

にしても、髪型のせいか、アラン・アーキンがoasisのリアム・ギャラガーにしか見えない笑
さささ

さささの感想・評価

3.2
ドントブリーズを見てたので、てっきり盲人スーパー強いねヘップバーンが観れると思いきや
これをみて、盲人スーパーチャンプがもっと見てえ!と思って作られたのがどんとブリーズだったんやな
ヘップバーン ド美人 ド演技うまい
malco

malcoの感想・評価

3.5
ハラハラ楽しめた!

スージー頭よすぎ!

グローリア良い味出しとる。

男飛んでくる所えらいびっくりしてもうた(笑)

鑑賞後、ジャケットみたら左の男おもろい(笑)
舞台劇か。エフレム・ジンバリスト・jr。その名を久しぶりに見た。調べたらテレビドラマで「FBI」に出ている。小さい頃見ていたと思う。冒頭で出演者の名前が大仰に読み上げられていくのだが、この名前は特に印象的でよく真似していたはずだ。
ヒッチコックが作ったら?などと考えてしまう。筋の上から考えると仕方ないことなのだが、最後までほとんど同じ部屋の中で展開されるので構成上のダイナミックさや重層性が足りない。よって、サスペンス度も弱い。音楽は、不協和音でなくて調律のズレ、安っぽいし気に障った。
やまう

やまうの感想・評価

4.2
盲目への気遣いをいちいち言葉にするのが気に障るけどAアーキン決死の飛び込みがもうK点越えだし本当に暗くなるから最高。

頑張り屋のオードリー可愛すぎる上に配役が良い。
お客様に 教えてもらって レンタルに行ったら まさかの在庫があった!
凄くよく出来た サスペンスで ストーリーも よく錬られてる〜!
2回観て 細かい部分の 面白さが 更によくわかり。

誰もが感じるだろうけど
オードリー ヘップバーンが美しい…(•ө•)♡
>|