権利への階段の作品情報・感想・評価・動画配信

「権利への階段」に投稿された感想・評価

sienna

siennaの感想・評価

3.6
患者の医師を尊重するのが医師の仕事なのにそれを逆に医師の判断で薬を投与するのは人権的にどうなのか。
この裁判でアメリカの多くの人が救われた事が分かる。
unkosam

unkosamの感想・評価

4.0
先入観を持つことをしないつもりが、勝手に精神科患者なだけでどんな入口か探り、案の定、すごく賢いエレナに感動、普通の人間であるつもりが普通にも劣ってると、自分自身が醜い人間だと実感する映画でした。素敵な映画です。
emi

emiの感想・評価

4.0
精神科病院で無理やり投与された薬の副作用に苦しむ患者が元看護士の弁護士を雇って病院を訴えた、エレノア・リース判決を題材にした作品。主演の二人の演技が素晴らしく、お互いへの信頼と友情を育む過程に説得力があり心を動かされる。
エレノアの無神経さにイライラして、優しさにホッと幸せになれた!!
投薬しないで!かわいそう!だけじゃ解決しないし、薬打って大人しくさせよう!だけじゃ治らないよね。
ぽち

ぽちの感想・評価

3.5
余計なシーケンスをなくしエレノアとコレットの友情にフォーカスした脚本は潔く、エンディング前なのに泣ける良いドラマになっている。

ただ法廷物の醍醐味である証拠を積み重ね激しい論争の果てに勝ち取る勝利とか一切なく、こちらを期待していると不満が残る。
実際の裁判の結果をベースにしているので盛り上げようが無かったのかもしれない。

ヘレナ演じるエレノアの描き方がとにかく素晴らしく、実際に周りにいたら鬱陶しく感じてしまうだろう性格を、ヒラリーの演技で上手く昇華していて魅力的に見える。勿論ヘレナの名演あっての感動だろう。

日本未公開のようだが、このような良作はたとえ興行成績が伸びなくとも上映してほしい。
損得抜きで上映する気骨のある配給会社は無いのだろうか。
Megmeg

Megmegの感想・評価

3.3
なかなか社会派の実話です。
元看護師の弁護士と患者
権利を主張するための裁判所までの階段が55段。
原題は55steps。
彼女たちの友情も、エレノアの世話やきな性格も素敵。
観ている人少ない😵😵😵

1980年代 サンフランシスコの精神科病棟での投薬の仕方に患者が異議を唱え 患者が投薬に関する説明をうける 同意を得るという権利を獲得するために闘ったお話。強制的に大人しくさせるためのいわゆる「管理するため」の処置。当時は当たり前だった。

患者のヘレナ・ボナム=カーターと弁護士のヒラリー・スワンク。どちらの演技も凄く良かった😌✨ヒラリー・スワンクの彼氏役の俳優さん 私は知らない人だったけど役どころも含め この人も良かった✨権利獲得のために病院側と闘うストーリーが軸だけれど ヘレナとヒラリーの間に芽生えた友情に涙😭😭😭後半は何度も涙がこぼれました。

ヒラリー・スワンクって実は顔が苦手なんです💦だからいつも見始めるまでにちょっと「よし 観るぞ!!」って奮起しないといけないんですけど(あぁ😩なんて失礼な発言💦ごめんなさい🙏)見始めるとどんどん彼女の演技に引き込まれちゃうんですよね。凄く上手い。身終わったあとはヒラリー・スワンクいいね👍❗️ってなります。そういうのも魅力のひとつなのかな〜
犬

犬の感想・評価

3.4


患者の同意なく投薬を受けた精神病患者エレノア・リースと、彼女を弁護することになった弁護士コレットの闘いの日々を描いたドラマ

実話に基づく話

副作用

社会派
重ためな雰囲気、展開でした

2人の交流がなんとも

ヘレナ・ボナム=カーターの演技が良かったです
ひろ

ひろの感想・評価

3.0
実話。
わりと最近の事件と言うか出来事。
精神病の患者にムリクリ薬を飲ませたりするのをやめさせる裁判のお話。

これは日本で劇場公開なかったのかな?
ヘレナボナムカーターとヒラリースワンクのわりに見てる人少なすぎる!
papapaisen

papapaisenの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ヘレナボナムカーターとヒラリースワンクの抜群の演技。今作はお二人の得意とする役柄。

ヒラリースワンクは本当にいつもカッコいい。強くて賢い女性の役が多いけど、すごくあってる。理想の姉御ランキング1位。ヘレナボナムカーターはこういう難しい役どころばかりやけど、入り込むのがうますぎる。普段はどんな人なんやろう。

精神医療業界の歴史をかえた勇気ある人たちの奮闘を描いた作品で、改めて全ての人達の人権が守らなければだめなんやと強く感じた。
>|